鰹のタタキの旬はいつ?おいしい鰹の見分け方やおいしく食べる方法も!




価格が安く家計の強い味方、鰹のタタキ

薬味をたっぷり乗せれば、
ボリュームのある豪華な一品になります。

null

特にを迎える時期は、
鰹のタタキも脂が乗って美味しいです。

でも、

鰹のタタキっていつ頃、市場に出回るのでしょうか。
せっかくなら一番おいしい時期を狙いたいですよね!

また、

鰹のタタキは食べ方がいろいろあります。

せっかくの旬の時期にゲットした
タタキは美味しくいただきたいもの。

そこで今回は鰹のタタキの旬の時期や、
ゲットした鰹を美味しくいただく方法についてまとめました。

それではさっそくみていきましょう!



Sponsored Link




鰹のタタキとは

鰹のタタキは、

別名「土佐造り」

とも言います。

null

鰹の表面のみだけをあぶります。
中身はレアな状態で、

  • ポン酢
  • 生姜醤油
  • ニンニク醤油
  • などで食べるのが一般的です。

    特に、生のカツオを鉄串に刺して焼く

    高知の藁焼き

    は有名です。

    表面を軽く炙ることによって、
    香ばしさが加わると言われています。

  • ミョウガ
  • 刻みネギ
  • スライス玉ねぎ
  • などの薬味がよく合います。

    カツオは血合いが多く独特な風味があるため、

    「そのままだと食べにくい~」

    という場合は薬味をたっぷり乗せて食べるのがおすすめです。

    鰹のタタキの由来

    鰹のタタキという名前の由来について所説あります。

  • カツオに薬味をまぶして叩きつける
  • カツオにタレをかけて叩いてなじませる
  • いずれにしても、なんとなくワイルドな感じがしますよね。(笑)

    鰹のタタキの旬について

    さて、それでは次に、本題の鰹のタタキの旬についてみてみましょう。

    まず、

    鰹のタタキの旬 = カツオの旬

    と考えてOKです。

    カツオは回遊魚で日本列島を年中泳ぎ回っています。
    なので、1年中手に入りやすい魚です。

    中でも、カツオが最もおいしいと言われているのは、

  • 3月~5月にかけての「上り鰹(初鰹)」
  • 9月~10月にかけての「戻り鰹」です。
  • 上り鰹は、戻り鰹に比べて、
    味がさっぱりしているのが特徴です。

    戻り鰹は、脂が乗っており、
    もっちりした風味が魅力です。

    美味しい鰹のタタキを食べるのであれば、
    上り鰹と戻り鰹の時期を狙うのがおすすめです。



    Sponsored Link

    おいしいカツオの見分け方

    では、おいしいカツオの見分け方についてチェックしてみましょう。

    おいしいカツオを見分けるには、6つのポイントがあります。

  • 1.目が澄んでいる
  • 魚は新鮮なものほど、目に透明感があります。

    時間が経過するほど、目が濁ってくるため、
    出来るだけ目がキレイなものを選びましょう。

  • 2.太っているもの
  • 太っているものほど、脂肪を蓄え美味しい傾向があります。

  • 3.身がぶよぶよしていないもの
  • 鮮度が落ちてくると、身の締まりがなくなり、ぶよぶよしてきます。

    押しても弾力がないものは、鮮度が落ちている証拠。
    なので選ばないようにしましょう。

  • 4.お腹の縞模様が鮮明
  • 鰹には鮮度が落ちてくるとお腹の縞模様がぼやけてくる。
    という特徴があるため、鮮明なものを選ぶようにしましょう。

  • 5.エラが黒っぽくないもの
  • 鮮度の良いカツオは、エラの部分が赤色です。

    黒く変色しているものは、
    鮮度が落ちているのでNGです。

  • 6.身の色が黒っぽくない
  • カツオは鉄分が多く、酸化すると
    赤黒く変色しやすいのが特徴です。

    新鮮なカツオは身の色がキレイな赤色なので、
    赤黒くなっているものは避けましょう。

    おいしい鰹の見分けかたは以上です。

    鰹はとにかく鮮度が命!

    上記のポイントをチェックして
    一番おいしい鰹をゲットしちゃいましょう!



    Sponsored Link

    アレンジでさらにおいしく!

    最後に新鮮でおいしい鰹をゲットしたら、
    鰹のタタキの美味しいアレンジをご紹介しましょう。

    鰹のタタキ丼

    シンプルなものです。

    丼にご飯をよそいゴマや海苔を敷きます。

    その上に、鰹のタタキを並べて、
    最後に万能ねぎと生姜のすりおろしを乗せたら完成です。

    醤油かポン酢をかけて食べます。

    火を使わずに簡単に出来るスピードレシピ。
    なので、お料理が苦手な人にもおすすめです。

    鰹のタタキの韓国風ユッケ

    お次はユッケ風です。

    鰹のタタキとネギを細かく刻み、

  • にんにく
  • ゴマ油
  • 醤油
  • コチュジャン
  • と一緒に和えます。

    お皿に盛ったら中央に卵黄を乗せて完成です。

    「普通の鰹のタタキが食べにくい~」

    という場合でも韓国風のユッケであれば、
    カツオ独特の風味が消えて食べやすいのでおすすめです。

    鰹のタタキのカルパッチョ

    最後は洋風のカルパッチョです。

    お皿に、

  • 鰹のタタキ
  • スライス玉ねぎ
  • 大葉
  • ミョウガ
  • などを並べます。

  • 柚子胡椒
  • オリーブオイル
  • 麺つゆ
  • お酢
  • を混ぜた合わせ調味料をかけて完成です。

    一皿で野菜がたっぷり摂取できるので、
    野菜不足の人におすすめです。

    まとめ

    今回は鰹の旬や見分け方、おいしい食べ方について紹介しました。

    鰹のタタキは、初夏と秋の2回の旬があります。

    お刺身で美味しく食べるのであれば、
    脂が乗っている秋の戻り鰹がおすすめです。

    ただし、人によって鉄分が多いカツオは、
    刺身で食べると独特な風味が苦手という場合もあります。

    その場合は、

  • 韓国風のユッケにする
  • たっぷりの薬味を乗せる
  • などアレンジしてみると食べやすくなりますよ!

    null

    今回は以上です。
    ご参考になりましたら幸いです。
    (*゚ー゚*)ノ


    Sponsored Link


    この記事が参考になった場合は、こちらのボタンからポチッと応援くださると管理人が喜びます(^^

    おすすめ記事

    コメントを残す

    CAPTCHA


    サブコンテンツ

    このページの先頭へ