沖縄の「イリチー」とはどんな料理?言葉の意味は?チャンプルーとイリチーの違いも




チャンプルーと同様に沖縄を代表する調理法、イリチー

沖縄の言葉は独特です。

なので、

イリチー

と言われてもどんな料理なのか、
想像するのが難しいですよね。

メニューをみてもどんな料理かわからず、
なかなか注文できない人もいるかも?

と、いうことで!

今回は、代表的な沖縄の一つであるイリチーについて、
言葉の意味チャンプルーとの違いについてまとめました。

それではさっそくみていきましょう!



Sponsored Link




どんな料理なの?

イリチーは、出し汁と一緒に、細かくした食材を
水分がなくなるまで「炒め煮」する調理方法です。

イリチー

イリチーの出汁は一般的に「豚肉の茹で汁」を使用することが多いですが、
昆布出汁」や「鰹出汁」が使用される場合もあります。

イリチーでどの出汁が使用されるかは、
調理される食材によって異なります。

また、

本格的な出汁が用意できない場合は、
市販で売っている粉末出汁でも十分に代用できます。

代表的なイリチーとしては、

    三枚肉やシイタケなどと一緒に煮込んだ「クーブイリチー
    内臓を一緒に煮込んだ「ナカミイリチー
    お麩と一緒に煮込んだ「フ―イリチー

などがあります。

イリチーは色々な食材を組み合わせて使用するのが特徴。
なので、非常にバリエーションが豊富です。



Sponsored Link

チャンプルーとイリチーの違い

それでは次に、

チャンプルーとイリチーの違い

についてみてみましょう。

イリチーは煮汁と具材を「炒め煮」します。
それに対して、チャンプルーは出汁を加えない「炒め物」です。

もともと、チャンプルーには、沖縄の言葉で

ごちゃ混ぜにしたもの

という意味があります。

ありあわせの野菜や食材を使って、
簡単に食べられる沖縄の家庭料理の定番です。

沖縄名物である「島豆腐」や「ゴーヤ」などの食材が、
チャンプルーによく使用されます。

お肉が好きな人には、

  • スパム
  • ポークランチョンミート入り
  • も人気があります。

    イリチーの言葉の意味は?

    先ほどチャンプルーは「ごちゃ混ぜ」という意味でしたが、
    イリチーにも何か意味はあるのでしょうか。

    そこで次にイリチーの言葉の意味について
    チェックしてみましょう。

    イリチーは、

  • 炒り付け(イリチキ)
  • という言葉が転じた形だと言われています。

    イリチーの他に、「イリチャー」と呼ぶこともありますが、
    どちらも同じ「炒め物」という意味です。

    イリチーもチャンプルーも、どちらも似たような物ですが、
    「炒める」という言葉の意味があるのはイリチーの方です。

    「ごちゃまぜ」という意味がある
    チャンプルーと混同しないようにしましょう。



    Sponsored Link

    イリチーのレシピ

    それでは最後に代表的なイリチーの作り方を紹介します。

    今回はイリチーの中でも人気が高い

    パパイヤイリチー

    のレシピをご紹介します。

      材料(2人分)

    • 青パパイヤ:1/2個
    • 豚肉:100g
    • にんじん:20g
    • にら:20g
    • 油:大さじ1
    • 塩、胡椒:各少々
    • 鰹出汁:1/4カップ
    • 味醂:大さじ1.5
    • 醤油:大さじ1
    作り方

    1.

    青パパイヤ・豚肉・にんじんは、全て千切りにして、長さも整えます。

    2.

    にらも他の食材と同じ長さに切ります。

    3.

    千切りにした青パパイヤは、水に浸してアク抜きをしておきます。

    4.

    フライパンを熱し、油を加えたら、最初に豚肉を炒めます。

    5.

    豚肉全体に火が通ったら、青パパイヤとにんじんを加えます。

    6.

    全体に塩・胡椒をして、よく炒めます。

    7.

    調味料を全部加え、最後ににらを加えます。

    8.

    さっとひと煮立ちしたら、お皿に盛って完成です。

    具材は、豚肉以外に「ツナ缶」を使っても
    美味しく作ることができます。

    青パパイヤは、完全に火が通すより、
    多少歯ごたえがある硬さにするのがポイントです。

    パパイヤは小さめのサイズで十分です。
    大きさによって使用する量を調整しましょう。



    Sponsored Link

    まとめ

    今回は沖縄料理であるイリチーの紹介や、
    言葉の意味、作り方について紹介しました。

    イリチーは出汁と細かく切った食材を
    炒め煮にする調理方法なのでした!

    出汁を使わないという点が、
    チャンプルーとの大きな違いです。

    イリチーもチャンプルーも余り物の食材を使って
    美味しく食べることが出来るのが魅力です。

    特にパパイヤやゴーヤなど沖縄の地元の野菜との
    相性が良いので、色々と試してみるのも面白いですね。

    今回は以上です。
    ご参考になりましたら幸いです。
    (*゚ー゚*)ノ


    Sponsored Link


    この記事が参考になった場合は、こちらのボタンからポチッと応援くださると管理人が喜びます(^^

    おすすめ記事

    コメントを残す

    CAPTCHA


    サブコンテンツ

    このページの先頭へ