オクラで生で食べられる?茹でる場合と栄養の差は?おいしい食べ方も!




さっぱり食べられておいしい、オクラ

栄養があり、低価格で安定しているオクラは、

あともう一品欲しい!

という時に役立つ食材です。

null

苦味が少なく、つるんと喉越しが良いオクラ。
だいたい茹でてそのまま食べることがおおいですよね。

ところで、このオクラって、
生のままたべることって可能なのでしょうか。

サラダにしたい場合などの、
調理方法はどうすれば?

ということで!

今回は、オクラの食べ方や、
栄養についてまとめました。

それではさっそくみていきましょう!



Sponsored Link




オクラで生で食べられるのか

オクラはうっすらと産毛が生えており、
生で食べられるのか不安に感じてしまうかもしれません。

たしかに、オクラは産毛の下処理をして、
軽く茹でてから食べる方が美味しいです。

が、生でも食べることができます

生で食べる場合は、
オクラのシャキシャキ感が楽しめます。

でも、生で食べる時に注意したいのはその鮮度

新鮮なオクラの見分け方は、

  • 産毛がしっかり密集している
  • ヘタの部分が黒く変色していない
  • というのがポイントです。

    オクラは育ちすぎると風味が落ちて、
    食感も悪くなるため、大きすぎるサイズは避けましょう。

    オクラを生で食べる場合は、
    塩をまぶして産毛をこすり落としてから、
    ヘタの部分を包丁で切り落として下処理をします。

    水でよく洗い流し薄くカットしたら、

  • かつおぶし
  • 納豆
  • など好きな食材をトッピングしましょう。



    Sponsored Link

    オクラの栄養について

    では次に、オクラに含まれる栄養についてチェックしてみましょう。

    オクラには以下の栄養素が豊富に含まれています。

    null

    ペクチン

    生活習慣病の予防や腸内環境の改善に期待ができる「ペクチン」。

    βカロテン

    癌の予防や免疫力のUPに役立つ「βカロテン」。

    カリウム

    高血圧の改善に良い「カリウム」。

    カルシウム

    丈夫な骨を作る「カルシウム」。

    茹でた場合に栄養は落ちる?

    今回は「オクラを生で食べられるのか」という話ですが、
    生の場合と茹でた場合はどちらが栄養が豊富なのでしょうか。

    熱に弱い「ビタミンC」が含まれているオクラは、
    加熱すると栄養が落ちるように感じます。

    しかし、水溶性食物繊維が多く含まれているので、
    オクラは意外に熱にも強いです。

    なので、茹でた場合でも栄養価は
    それほど変化しないのが特徴です。

    オクラは生で食べられるけど、軽く茹でたほうが
    青臭さが軽減されるので美味しいです。

    ただし、茹で過ぎてしまうと、オクラのシャキシャキ感が
    なくなってしまいます。

    なので、塩茹では1分~2分程度にしておきましょう。

    冷凍保存したり、サラダで使いたい時には、
    10秒~20秒程度でサッと茹でるのがポイントです。

    冷凍保存をする場合は粗熱を取ってから、
    ジップロックなどで密封し1カ月以内に食べきるようにしましょう。



    Sponsored Link

    オクラの美味しい食べ方

    最後に、オクラの美味しい食べ方を紹介します。。

    オクラが沢山手に入った時に、
    是非試してみてください。

    オクラのチーズ焼き
    材料

  • オクラ:4本
  • とろけるチーズ:1枚
  • 鰹節:適量
  • 醤油:適量
  • 塩:少々
  • 作り方

    1.

    塩でオクラの産毛を下処理する。

    2.

    耐熱容器に下処理したオクラを並べる。

    3.

    オクラの上に、とろけるチーズを乗せてレンジ(500W)で1分~2分加熱する。

    4.

    鰹節をトッピングしたら、醤油をお好みで適量かけて完成。

    夏野菜とオクラのごま油和え
    材料

  • きゅうり:1/2本
  • トマト:中サイズ1個
  • オクラ:4本
  • ミョウガ:1本
  • ごま油:大さじ1
  • 塩:適量
  • ごま:適量
  • 醤油:小さじ1
  • 作り方

    1.

    下処理したオクラを1分くらい茹でたら斜めに切る。

    2.

    きゅうり・トマト・ミョウガは全て千切りにする。

    3.

    ボールに調味料を入れ、食材も全て入れてよく和えたら完成。

    おくらの白和え
      材料

    • オクラ:8本
    • 絹豆腐:100g
    • 塩:小さじ1/2
    • 醤油:小さじ1/2
    • 砂糖:小さじ1
    • すりごま:大さじ1
    作り方

    1.

    下処理したオクラを1~2分茹でてから斜めに切る。

    2.

    ボールすべての材料を入れてよく和えたら完成。



    Sponsored Link

    まとめ

    今回はオクラを生で食べられるのかについてや、
    茹でた場合と生の栄養の違い。

    また、オクラのおいしい食べ方について紹介しました。

    オクラは栄養価が高く、お料理も色々と
    アレンジできる万能食材です。

    産毛の下処理をしたほうが口当たりが良くなりますが、
    気にならない人は処理をしなくても大丈夫です。

    生オクラのえぐみや青臭さが気になる人は、
    茹でてから食べる方がおすすめです。

    茹でるか茹でないかは食感や好みによって
    選ぶようにしましょう。

    今回は以上です。
    ご参考になりましたら幸いです。
    (*゚ー゚*)ノ


    Sponsored Link


    この記事が参考になった場合は、こちらのボタンからポチッと応援くださると管理人が喜びます(^^

    おすすめ記事

    コメントを残す

    CAPTCHA


    サブコンテンツ

    このページの先頭へ