ぶり大根をおいしく作る方法!めんつゆを使った簡単な方法や圧力鍋で時短も!




ぶり大根

和食の定番のおかずですよね。

ただ、これって作り方を間違うと
臭みが残り美味しくありません。

味のしみた美味しいぶり大根を作るには、
ちょっとした「ポイント」があります。

ぶり大根

と、いうことで!

今回は失敗しないぶり大根の作り方や、
作った後に余った時の保存方法についてご紹介します。

ぶり大根がイマイチ上手く作れないで悩んでいる人は、是非参考にしてみてください。^^



Sponsored Link




めんつゆで簡単に!(圧力鍋無し)

まずは圧力鍋を使わずに、
簡単・お手軽に作る方法をみていきましょう。

    材料(2人分)

  • ぶり(切り身):2切れ
  • 大根:200g~300g程度
  • 生姜:1かけ
  • めんつゆ(3倍濃縮タイプ):50cc
  • 水:150cc
作り方

1.

ぶりを水道水で一度洗います。
ぬめりや血合いをしっかり洗い流します。

2.

洗ったぶりをザルに入れて、
上から熱湯をかけて臭みをとります。

3.

大根は半月切りにして、3分程度下茹でするか、
電子レンジ(600W)で5分程度加熱します。

4.

生姜は薄切りにしておきます。

5.

鍋にめんつゆ・薄切りにした生姜大根を入れて沸騰させます。

6.

鍋が沸騰したら、ぶりを加え、落としぶたをして20分程度煮たら完成です。

ぶりは臭みがあるので、最初にしっかりと水道水で洗い流し、
熱湯で霜降り処理をしておくことが重要です。

ぶりの下処理をしないまま煮てしまうと、
臭みのあるぶり大根になってしまうため注意が必要です。

また、大根も下処理をすることによって、柔らかく煮えます。

鍋でぶり大根を作る場合は、

丁寧に下処理をすること

これが、美味しく作るポイントです!

仕上げに柚子の皮の細切りを盛り付けると、
風味が良くなり、より美味しくなります。

ぶり大根を煮ている途中に、
アクをしっかりとるのも重要です。



Sponsored Link

圧力鍋で時短!(めんつゆ無し)

では次に、めんつゆを使わないぶり大根の作り方をみてみましょう!

    材料 (4人分)

  • ぶり:4切れ
  • 大根:1/2本
  • しょうが:1片
  • 水:400cc
  • 砂糖:大さじ4
  • 酒:大さじ4
  • 醤油:大さじ3と1/3
作り方

1.

ぶりのぬめりや血合いを、水道水で綺麗に洗い流します。

2.

洗ったぶりをザルにのせて、熱湯をかけて臭みを取ります。

3.

大根は半月切りにして、生姜は薄切りにしておきます。

4.

圧力鍋に全ての調味料とぶり大根生姜を入れます。

5.

ふたをして加圧します。

6.

加圧が終了したら、自然放置してふたがあくまで待ちます。

7.

最後に煮汁が半分になるまで煮詰めたら完成です。

圧力鍋を使う場合、注意をしないといけないのは、
圧力鍋によって最適な煮込み時間が異なるという点です。

圧力鍋には、

「圧力切り替えがないタイプ」
「高圧と低圧の切り替えタイプ」

の2種類があります。

圧力鍋

一般的に、圧力切り替えがないタイプは、
10~12分煮込んでから自然放置します。

一方、高圧と低圧の切り替えタイプは、

  • 高圧で10分
  • 低圧で10分
  • 合計20分程度煮込んでから自然放置します。

    圧力鍋を使う場合は、大根の下処理をしなくても、
    簡単に柔らかくなるため、時短したい人におすすめです。



    Sponsored Link

    ぶり大根の保存方法について

    ぶり大根は、水分が多いため、夏場など気温が高い時期になると、
    常温保存では腐りやすくなってしまいます。

    冬場は1日程度であれば常温保存でも可能です。

    安全にぶり大根を食べたい場合は、
    やはり冷蔵庫に保存するのが安心です。

    冷蔵庫に保存する時には、粗熱が取れてから清潔なタッパーに入れて保存します。

    冷蔵保存であれば、2日~3日程度もちます。
    また、冷凍保存をすると、2週間程度もちます。

    冷蔵庫

    しかし、冷凍保存すると、温め直した時に劣化しやすいため、
    冷凍保存はあまりお勧めできません。

    保存したぶり大根は、食べる時にしっかり再加熱することをおすすめします。



    Sponsored Link

    まとめ

    ぶり大根は、圧力鍋を使わなくても、
    20分もあれば簡単に作ることができます。

    ただし、圧力鍋を使わない場合は、
    大根の下処理をしっかりしましょう!

    味のしみた柔らかい大根にするためには、
    鍋で煮る前に電子レンジでの加熱や下茹でをすることが重要です。

    ぶり大根は、美味しく食べるのであれば、
    冷蔵保存で2、3日以内に食べきるのがおすすめです♪

    今回は以上です。
    ご参考になりましたら幸いです。
    (*゚ー゚*)ノ


    Sponsored Link


    この記事が参考になった場合は、こちらのボタンからポチッと応援くださると管理人が喜びます(^^

    おすすめ記事

    コメントを残す

    CAPTCHA


    サブコンテンツ

    このページの先頭へ