胡椒に塩分って含まれる?塩分控えめで料理を作るコツはコレ!




もっとも手軽に料理のスパイスとして使われる、

胡椒

胡椒はお料理の下ごしらえだけではなく、
出来上がった料理にも追加できます。

なので、

ついついしょっちゅう使ってしまう~

という人も多いのではないでしょうか。

私もそのうちの一人です。^^;

null

しかし、

胡椒は、塩とセットで使われることが多いので、
少し気になってくるのが塩分の含有量。

生活習慣病の予防や健康維持のために、塩分は大敵ですよね!

特に、妊娠中は、塩分を摂取し過ぎると、
むくみや高血圧の原因になるため、
気を付けないといけません。

健康のためにも毎日使う調味料は
出来るだけ減塩したいところ。

と、いうことで!

今回は胡椒に含まれる塩分や、
塩コショウについて調べてみました。

さっそくみていきましょう!



Sponsored Link




胡椒に塩分は含まれるのか

まず、初めに、胡椒に塩分は含まれているのかを見てみましょう。

いくつかの商品をチェックしてみましたが、
胡椒そのものの場合には、ほとんど塩分が含まれていませんでした。

そのため、塩分摂取を控えている人でも、
安心して胡椒は利用できそうです。

しかし!

一般的にスーパーで販売されている味付きの「塩コショウ」は、
塩分が非常に高いため、注意をしないといけません。

ということで、よく使う「塩コショウ」に含まれる
塩分の含有量をチェックしてみましょう。

メーカー名 商品名 塩分
S&B 味付け塩こしょう 100gあたり食塩相当量 81.3g
S&B 味付あらびき塩こしょう 100gあたり食塩相当量 71.1g
ダイショー 味塩こしょう(ひと振り3役) 100gあたり食塩相当量 67.3g
ダイショー お肉屋さんの味・塩こしょう あら挽き黒こしょう 100gあたり食塩相当量 73.7g

このように、味塩コショウになると、メーカーさんによって、
100gあたりの食塩相当量がかなり違ってきます。

そして、粉末タイプか、あらびきタイプか。
これによっても、食塩の量は異なるようです。

例えば、S&Bの場合は、粉末タイプに比べて、
あらびきタイプの方が、食塩の量が少ないのが特徴です。

一方、

ダイショーの場合は、粉末タイプよりも、
あらびきタイプの方が、食塩量が多くなっています。

あらびきタイプは、S&Bもダイショーも、
100gあたり食塩が70g前後で安定しているのに対して、

粉末タイプはダイショーが67.3g
S&Bが81.3gと、

大きな差があることも驚きです!

塩分が気になる人は購入前に、それぞれのメーカーの食塩量を
しっかりチェックした方が良さそうですね。
(^^ゞ



Sponsored Link

胡椒に栄養ってあるの?

あと、ちょっと気になるのが、

胡椒の栄養

ちょこっとしか食べないものですが、
胡椒自体にも栄養ってあるのでしょうか。

・・・・・・・

まず、胡椒には「カリウム」や「」などが多く含まれています。

カリウムは摂取し過ぎた塩分を排出するのに役立ち、鉄は貧血予防に有効です。

そして、胡椒の主成分と言われているのが、
ピぺリン」と呼ばれる辛み成分です。

ピペリンは、新陳代謝の促進に役立つと言われています。

なので、ダイエットをしたい人や、
冷え性が気になる人におすすめです。

また、ピペリンによる新陳代謝のUPで血行不良が改善されると、
血行不良が原因で生じていた腹痛や胃もたれなどに対しても、
改善効果が期待できると言われています。

代謝が落ちて胃もたれなどに悩まされている人は、
胡椒を上手く利用することによって、症状が改善できるかもしれませんね!



Sponsored Link

塩分を抑えて料理を作るコツ

塩分を抑えて料理を作るコツについて。

これには2つあります。

一つは、

胡椒などの「スパイス」を上手く使って風味を生かすこと。

そして、もう一つは、

出汁」をよく取ることです。

null

塩分以外の風味を強くすることによって、
塩分がなくてもしっかりした味付けになります。

特に和食の場合、出汁が薄いと、
ぼやけた味になりやすいので気を付けましょう。

自宅にスパイスがない場合は、
生姜にんにくなどの香辛料を使うのもおすすめです。

生姜やにんにくは、体内を温めてくれるので、
冷え性の改善にもぴったりです!

香辛料が苦手な人は、レモンやお酢などの
酸味を生かしてみるのも良いですね。



Sponsored Link

まとめ

胡椒と塩を別々に使っている場合。

胡椒には塩分がほとんど含まれていないので、
塩分を気にする必要はありません。

胡椒は、新陳代謝や血行不良を改善する効果が期待できるのも魅力です。

しかし!

塩コショウを使っている場合は、知らず知らずのうちに、
大量の塩を同時に使っている可能性があります。

なので、使用する量には注意をする必要があります。

塩コショウを使っている場合は、
出来るだけ追加で塩を加えないようにしましょう。

そして!

塩分を減らすためには、胡椒のように風味が良いスパイス
ハーブなどを上手く使って減塩を心掛けましょう。

良い出汁が取れる「あさり」や「はまぐり」など、
貝類を使うと、良い出汁が取れるのでおすすめです。^^

今回は以上です。
ご参考になりましたら幸いです。
(*゚ー゚*)ノ


Sponsored Link


この記事が参考になった場合は、こちらのボタンからポチッと応援くださると管理人が喜びます(^^

おすすめ記事

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ