りんご酢の飲み方!いつ、どれくらいの量を飲むのが健康に良い?



りんご酢

ただのお酢よりも、
りんごの香りがしておいしいですよね♪

りんご酢はおいしいだけでなく、
健康効果ダイエット効果があると言われています。

健康や美容の意識が高い人はりんご酢を食事に摂り入れていたり、
リンゴ酢ダイエットなどしている人も多いですよね。^^

null

しかし、ただ飲めば効果は出るものなのでしょうか。
効果的な飲み方飲む量タイミングなどはあるのでしょうか。

せっかく飲むのであれば一番効果の出るやり方を知っておきたいものです。

と、いうことで!

今回はりんご酢の飲み方についてまとめました。

「リンゴ酢が気になっている!」
「リンゴ酢の健康を始めようと思っている!」
「実際にやっているのにあまり効果が無いような・・・」

という人は必見ですよ!

それではさっそくみていきましょう~。

Sponsored Link




リンゴ酢の健康効果について

リンゴ酢というのはりんごの果汁をアルコール発酵させた後、酢酸発酵させたもの。

たくさんの健康効果が期待できると話題になっています。
ここではいったいどのような効果があるのかをチェックしていきましょう。

クエン酸

リンゴ酢に含まれているクエン酸は疲労回復効果があることで知られています。

疲労物質である乳酸を分解してくれる効果があるので、
疲れているときや筋肉痛が辛いときになどにおすすめです。

また、代謝アップにも効果があります。

有機酸

リンゴ酢には、

  • リンゴ酸
  • アミノ酸
  • 酢酸
  • コハク酸
  • などが含まれています。

    これらの有機酸は血行を促進し、新陳代謝をアップしてくれる効果があります。

    また、免疫力アップ便秘解消
    血糖値上昇を予防してくれる効果があるのでダイエットにも向いています。

    リンゴポリフェノール

    リンゴ酢に含まれるリンゴポリフェノール

    これは中性脂肪を低下させ、
    脂肪の蓄積を抑えてくれる効果があります。

    ダイエットに効果的なのはもちろんですが、
    過剰な脂肪の蓄積は動脈硬化や高血圧、脂肪肝の原因にもなります。

    なので、そういった生活習慣病を予防する効果も期待できます。

    ペクチン

    リンゴに含まれる水溶性食物繊維であるペクチン

    これには身体の老廃物を絡めとって排出してくれる働きがあります。

    また、善玉菌の養分になるので、
    善玉菌を増やして腸内環境を整えてくれます。

    null

    さて。

    リンゴ酢に健康効果があることは分かりましたが、
    いったいどのタイミングでどれくらいの量を飲むのが良いのでしょうか。

    Sponsored Link

    いつ飲むべき?

    リンゴ酢は確かに健康効果が高いのですが、効果が高い分酸の力は強烈です。

    胃が空っぽのときにリンゴ酢を飲んでしまうと、
    酸の刺激が胃に負担をかけてしまいます。

    そのためリンゴ酢を飲むときは食後がおすすめです。

    時間が無い場合は牛乳のような胃に膜を作ってくれるものを事前に飲んでおきましょう。

    どれくらい飲むのがおすすめ?

    1回に飲む量は大さじ1杯前後がおすすめ

    です。

    リンゴ酢は刺激が強いので一気に摂りすぎると胃や食道を傷めてしまいます。
    1日に摂る量は大さじ2杯以内にしておきましょう。

    そしてリンゴ酢を原液で飲んでしまうと、
    これもまた食道や肺に負担をかけることになります。

    ときには酸による痛みが生じることもあります。

    水やお湯などで割って薄めてから飲んだ方が身体に優しいです。

    水やお湯では味気ないという人は、
    炭酸水やジュースで割ると飲みやすくなるのでおすすめです。

    Sponsored Link

    リンゴ酢の飲み方

    リンゴ酢には健康効果があり身体に良い飲み物ですが、

    あのツンとくる感じが苦手・・・

    という人も多いのではないでしょうか。

    そういった人のためにおすすめのリンゴ酢の飲み方を紹介していきましょう。

    リンゴジャムと炭酸割りリンゴ酢

    リンゴ酢大さじ1を炭酸水200mlで割り、そこに小さじ2のリンゴジャムを加えます。

    炭酸水の爽やかさとリンゴジャムの甘みで、
    リンゴ酢の酸味が中和されるのでぐっと飲みやすくなります。

    リンゴ酢の豆乳割り

    リンゴ酢大さじ1を豆乳200mlで割ると甘い調整豆乳のような味になります。

    豆乳のまろやかな風味が加わるので、
    酢のツンとくる感じも中和されます。

    カルシウムを摂りたい人は牛乳割りもおすすめです。

    リンゴ酢のスムージー
  • リンゴ酢大さじ1
  • リンゴ1/4
  • バナナ1本
  • 氷4、5個
  • これらをミキサーに入れて撹拌するとリンゴ酢のスムージーになります。

    フルーティーになるので飲みやすくなりますし、
    バナナが入っているので腹持ちも良くおやつとしてもおすすめです。

    Sponsored Link

    まとめ

    今回はリンゴ酢の健康効果飲み方について紹介しました。

    リンゴ酢には疲労回復、新陳代謝アップなどの健康効果があり、
    また脂肪の蓄積予防や便秘解消などダイエット効果も高いです。

    スタイルを気にしている女性のサポートには最適です。

    炭酸水や豆乳で割ると飲みやすくなりますし、
    ヨーグルトやサラダドレッシングに混ぜて食べるのもおすすめです。

    今回は以上です。
    ご参考になりましたら幸いです。
    (*゚ー゚*)ノ


    Sponsored Link


    この記事が参考になった場合は、こちらのボタンからポチッと応援くださると管理人が喜びます(^^

    おすすめ記事

    コメントを残す

    CAPTCHA


    サブコンテンツ

    このページの先頭へ