バナナの保存方法!長持ちさせるコツは?冷凍と冷蔵も紹介!



バナナは大人にも子供にも人気の果物。

剥いてそのまま「パクッ!」っといってヨシ!
ヨーグルトに入れて朝食に食べてもヨシ!

おやつにもデザートにも食事にもぴったりです。

null

でも・・・

バナナって常温で置いておくとすぐに黒く変色しちゃいますよね。

やべっ!傷んでる!

っと、あわてて剥いて食べようとしても、
大部分が黒くなってしまっていて食べられる部分が、
極端に少なくなってしまっていたり。

どうにかして、バナナを長持ちさせる方法なないものかと。

と、いうことで!

今回はバナナの保存方法についてまとめました。

Sponsored Link





常温でバナナを長持ちさせるコツ


ほうっておくとスグに黒くなってしまうバナナ。
ここでは、そんなバナナを常温で長持ちさせるコツを4つ紹介します。
(^^ゞ

1 バナナスタンドを利用する

バナナをテーブルや台所に置いておくと、どこから黒くなってしまうのか。

実は、バナナは接触した部分から黒く変色していきます。
また、どこかが触れていることでそこから傷も付きやすくなります。

つまり長持ちさせるためにはそれを避け、
接触面を少なくする必要があります。

そこで便利なアイテムが「バナナスタンド」。

このスタンドを使うとバナナの房の根元をひっかけておけるので、
バナナが傷みにくくなります。

ちなみに、バナナスタンドは風通しの良い場所に置いておきましょう。
窓際などがおすすめですよ!

雨のふきこみにはご注意ください。。

2 房のてっぺんをラップで包む

お次はラップを使う方法。

バナナの房のてっぺんって黒くなっていますよね。
その部分にラップを巻くと酸化を防ぐことができます。

というのも、ラップを巻くことで、バナナに含まれる酵素によって酸化がうながされる現象が起きにくくなるのです。

バナナを長くフレッシュに味わいたい場合はラップで保存しましょう~。

3 房から全部バナナを外す

バナナってだいたい買ってから食べるとき、房からちぎって食べますよね。

実は、買ってすぐに房から全部バナナを外すことでちょっと長持ちさせられます。


バナナは熟してくると、皮を黒くし果肉を柔らかくする「エチレン」という物質が発生します。

房の場合、1本でもエチレンが発生してしまうと、他のバナナまで保存性が悪くなってしまいます。

それを避けるためにバナナは房から外して一本一本に分けると、変色がうつることもなく長く保存できる。

というワケです。
(^-^)h

4 40度~50度のお湯につける

最後は意外&こだわりの保存方法。

バナナをお湯につけるという方法です。

バナナにとって熱いお湯につけるというのはかなりのストレス。

逆に劣化しちゃうんじゃ?

と思いますよね。

しかし短時間のストレスを与えると、それをはねかえそうとしてバナナの中に特別なタンパク質が生まれます。

すると、バナナの抵抗力が増すため、エチレンが出たとしても日持ちするようになるのです。

Sponsored Link


冷蔵庫で保存する場合は?


ちなみに、バナナは冷蔵庫で保存することもできます。

バナナを冷蔵庫に入れたらすぐに真っ黒になった!

という経験があるという人も多いのではないでしょうか。

あれはなぜかというと、実はバナナを冷蔵庫で冷やし過ぎてしまうと低温障害を起こしてしまうのです。

なので、冷蔵庫で保存する際は冷え過ぎないように新聞紙で包んでから、酸化防止のために密封ビニールに入れて冷蔵庫に入れることで、通常よりも長く保存することが可能です。。

Sponsored Link


長く保存するなら冷凍庫へGO!


きましたよー。
長期保存の最終手段、冷凍庫

いやいや、そこまでする前に早めにたべましょうよ。

という話もありますケド、
しばらく食べないなー、ということもあったりします。

なので、

しばらく食べないのでもっと長く保存したい!

という場合は冷凍庫での保存もアリです。

保存はとっても簡単で、ラップに包んで冷凍庫に入れるだけ。

ポイントとしてはバナナの皮をむいておくこと。


null

バナナの皮をむいたほうが、皮のまま保存するよりも長く保存できます
また、皮付きで凍らせてしまうと皮がむきにくいというデメリットがあります。

冷凍庫保存の際は、皮を綺麗にむいてから酸化しないようにラップで包んで保存しましょう。


ちなみに私が子供のころ、よく夏にバナナを半分だけ剥いて、
冷凍庫に保存しておやつにしていました。

後で、むき出しになっているところをスプーンで削りながら、
ちびちび食べるんですよ。(^^

冷たくて気持ちいいので、よろしければ一度、お試しあれ!

Sponsored Link


まとめ


今回はバナナの保存方法について紹介しました。

バナナをひっかけるバナナスタンドは有名ですよね。

でも、それ以外にも

  • 房のてっぺんにラップを巻く

  • お湯につける

  • 買ってすぐに房から分離させておく


  • まど、ちょっとしたひとてまで、バナナの保存期間は長くすることが可能です。

    お、これならちょっとやってみようかな。

    という方法が見つかりましたら、ぜひ一度ためしてみてくださいね!

    今回は以上です。
    ご参考になりましたら幸いです。
    (*゚ー゚*)ノ


    Sponsored Link


    この記事が参考になった場合は、こちらのボタンからポチッと応援くださると管理人が喜びます(^^

    こんな記事も読まれています

    コメントを残す

    CAPTCHA


    サブコンテンツ

    このページの先頭へ