オートミールの食べ方!そのまま?それとも牛乳は入れるの?



海外の子供向け映画などで登場するオートミール
日本だとあまり馴染みのない食べ物ですよね。

ただ、最近では輸入品専門店やオーガニックストアなどで、
ちょいちょい目にするようになってきました。

普段みかけないので、なんだかレアな食べ物な気がしてしまいますが、
実は海外では結構ポピュラーな食べ物。

子供から大人まで親しまれている食べ物なのです。

null

ただ、ひょんなことでオートミールをゲットした場合に、

「あれ、これってどうやって食べればいいの?」
「コーンフレークみたいに牛乳をかけてたべればおK?」

なんて、食べ方がイマイチわからなかったりしますよね。
(^^;

今回はそんなオートミールの種類食べ方についてご紹介します。

まずは、「そもそもオートミールってどんな食べ物なの?」
というところからお話いたしますね。
(^^ゞ

オートミールとは?


まず「オートミールって何?」という疑問。

オートミールとはオート麦と呼ばれる穀物を脱穀して、
食用に加工した食べ物のことです。

海外では、

  • 主食や朝食代わり

  • 具合が悪いときのお粥(ポリッジ)


  • として食べられてきました。

    一見すると「鶏のエサっぽいような・・・?」という印象ですが、
    全粒穀物なので食物繊維ビタミンミネラルが豊富で、
    とっても栄養価が高いんです!

    最近ではその栄養素が評価されて、
    健康食品やダイエット食品にも多く利用されるようになりました。
    (*゚ー゚*)

    Sponsored Link


    オートミールの種類について


    お次はオートミールの種類について紹介していきましょう。

    実はオートミールというのは精製状態によって名前や商品が異なります。

    そのあたりをきちんと把握しておかないと

    「なにこれっ?私の食べたかったオートミールじゃない!」

    な~んてことになりかねません(笑)。

    ということで、どんな種類があるのか。
    さっそくチェックしていきましょう~。

    インスタントオーツ

    はじめてオートミールを買うのであればこれが一番おすすめ。

    加熱加工されており、すでに調理済みなのでそのまま食べられますし、
    牛乳や豆乳をかけてシリアルにしたいのであればこれがぴったり。

    なにもかけずにぽりぽり食べても美味しいですよ!

    クイックオーツ

    オーガニックストアなどでよく見かけるのがこのタイプ。

    すでに細かく砕かれているのでそのまま加熱調理できます。

    熱を加えるともちもちとした食感になるので、
    鍋で煮て、味付けすればお粥のように食べることが可能です。

    ロールドオーツ

    オーツ麦を蒸して平たく潰したもののこと。

    蒸してはいますが硬くて食べ辛いので調理した方が良いでしょう。

    クイックオーツよりも粒は粗めなので歯ごたえがあります。
    もちもちとした食感に加え麦特有のプチプチとした食感が楽しめます。

    海外ではお粥にする以外にスープに入れたり、
    煮込み料理として食べることが多いです。

    歯ごたえを楽しみたい場合におすすめですね。

    その他の種類

    その他にも

  • スティールカットオーツ

  • オーツブラン


  • などの商品も売っていますが、こちらは完全に調理用
    そのまま食べるのには向きません。

    null

    オートミール試してみようかな

    という場合はインスタントオーツや
    クイックオーツから始めるのがおすすめです。

    Sponsored Link


    オートミールの食べ方


    では次に気になるオートミールの食べ方をご紹介します。

    ヨーロッパ圏でお粥として食べる場合は、
    牛乳や豆乳で煮てミルク粥っぽくして食べるのが主流です。

    ただこれは結構クセがあるようなので、
    海外でも好き嫌いが分かれるみたいです。



    オート麦独特の風味を消したい場合は加熱後に、

    • バター

    • 砂糖

    • ジャム


    などを入れて甘くして食べる方法もあります。

    日本の感覚からすると、

    お粥が甘いの!?

    とビックリしちゃいますが、
    海外ではオートミールに、

    • はちみつ

    • 果物

    • ナッツ


    などを入れて朝食として食べることも多いのです。
    (^-^)h

    日本だと、おかゆには塩や梅干しなど塩分を入れることが多いので、
    このへんはやっぱり文化の違いを感じますよね~。
    (^^;



    また、オートミールはお菓子の材料として、
    パンやクッキー、ケーキに入れることもあります。

      「オートミール・クッキー」
      「オートミール・マフィン」

    などはアメリカの片田舎などではよく親しまれていて、
    各家庭の「おふくろの味」の原点でもあるのです。

    Sponsored Link


    まとめ


    今回はオートミールの種類や食べ方を紹介しました。

    日本では米がメジャーですが、ヨーロッパなどは麦が主体。
    フランスパンなんかも有名ですよね。

    なので、

  • 日本でのおかゆ

  • ヨーロッパでのオートミール


  • みたいに、風邪を引いた時に食べる料理なども変わってくるのです。
    (^-^)h

    オートミールは歯ごたえもお米とはちょっと異なっていて、
    面白い食感が味わえます。

    シリアルとして朝食に食べても良いですし、
    ヨーグルトに混ぜておやつにしても美味しいのです。

    気になった方は是非食べてみてくださいね!

    今回は以上です。
    参考になりましたら幸いです。
    (*゚ー゚*)ノ


    Sponsored Link


    この記事が参考になった場合は、こちらのボタンからポチッと応援くださると管理人が喜びます(^^

    こんな記事も読まれています

    コメントを残す

    CAPTCHA


    サブコンテンツ

    このページの先頭へ