ドライトマトの作り方!オーブンやレンジを使って家でもできる!



甘酸っぱくて栄養たっぷりのトマト

色々な料理に使えるので安いとついつい買いこんでしまいますよね~。
(^^;

null

ですが、トマトは水分量が多いので傷みやすいという困った性質があります。

使うのを忘れていたらいつの間にか腐ってた・・・
な~んて経験ありませんか?
(^^;

そんなときに便利なのがドライトマト

乾燥させることで保存が効くようになりますし、
旨味が凝縮されてとっても美味しいのです~。
(^^v

ということで、
今回はドライトマトの作り方をご紹介!

乾燥させるなんて大変なんじゃない?

と不安に思うかもしれませんが、意外と簡単です。

そんな時は文明の利器をフル活用しましょう♪
それではさっそくみていきましょう~。

Sponsored Link




ドライトマトの作り方(オーブン編)

ではさっそく作り方のご紹介!

まずはオーブンを使ってドライトマトを作ってみましょう!

1.

お好みのトマトを用意し、ヘタを取ります。

2.

トマトをよく洗い2、3cmにスライスします。

プチトマトの場合は半分に切りましょう。

3.

オーブンの天板にクッキングペーパーを敷きます。

4.

切ったトマトが重ならないように並べ、塩を適量振ります。

5.

オーブンを150度に温め、15分加熱します。

6.

表面に水分が浮いてくるのでこれを拭き取り、さらに15分加熱しましょう。

7.

「水分を拭き取り、加熱」を何回か繰り返すと完全に水分が飛ぶので乾燥し切ったら完成です。

密封容器に入れて保存しても良いですし、オリーブオイルに漬けて瓶で保存するのもおすすめですよ♪

Sponsored Link

ドライトマトの作り方(レンジ編)

オーブンがない!

という場合でもご安心下さい。
電子レンジでも作成可能です(´▽`v)

1.

オーブン同様にヘタを切り、スライスします。

2.

キッチンペーパーを敷いた耐熱容器に並べて塩を振りましょう。

水分がたくさん出るのでキッチンペーパーの下に新聞紙を敷いておくと良いですよ♪

3.

5分間加熱し、水分を拭き取ります。

4.

キッチンペーパーもふやけるので取り替えましょう。

5.

この工程を4、5回繰り返すと完全に水分が飛びます。
完全に乾燥し、カラカラの状態になったら完成です。

Sponsored Link

ドライトマトの作り方(天日干し編)

オーブンと電子レンジでの作り方を紹介しましたが、
干し梅や干し柿のように天日干しで作る方法もあります。

自然な状態で作りたい~

という方はこちらの方が良いかもしれませんね。
(^^

1.

ヘタを取りスライスしたトマトをザルに並べます。

2.

太陽に当たるようにベランダや縁側に置いていきましょう。

風や鳥の被害を受けないよいう、ザルの上に網を張っておくと良いですよ!

3.

日中外に出し、夜に室内にしまいます。

4.

これを数日繰り返し完全に乾燥すれば出来上がりです。

1週間程度掛かることもあれば、夏場などは3日程度で完成することもあります。

null

天日干しは天候や気温などで完成までの時間に差が生まれます。
湿気の多い時期は時間が掛かっちゃうことも・・・。

雨に濡らさないようにお日様の出ている日だけ外に出すようにしましょう~。

Sponsored Link

まとめ

「野菜を乾燥させる」

と聞くと、

「作るまでに数日掛かる」

というイメージがありますが、オーブン電子レンジを使えば数十分で簡単に出来ちゃうんです♪

作ったドライトマトはパスタピザなどを作るときに便利ですし、
最近のフルーツトマトは糖度が高いので、
そのままドライフルーツとしておやつにしても美味しいですよ!

食べ方についてはおすすめの方法をこちらの記事で紹介していますので、
よろしければ併せてチェックしてみてくださいね(^^ゞ

>> ドライトマトの使い方!オイル漬け、パスタなどのレシピもチェック!

今回は以上です。
参考になりましたら幸いです。
(*゚ー゚*)ノ


Sponsored Link


この記事が参考になった場合は、こちらのボタンからポチッと応援くださると管理人が喜びます(^^

おすすめ記事

“ドライトマトの作り方!オーブンやレンジを使って家でもできる!” への2件のフィードバック

  1. あお より:

    こんにちは‼ドライトマト美味しそうで、素敵ですね‼レシピを探してたどりついたのですが、クッキングペーパーはオーブンにいれて焼いても大丈夫なのでしょうか?心配になったので(>_<)お答え頂けると有難いです‼

    • 管理人 より:

      >あおさん

      こんにちは!

      我が家のオーブンでは大丈夫だったのですが、
      調べてみたら250℃で20分以上過熱すると
      燃える可能性もあるようですね。(>_<)

      今回ご紹介したレシピではそれより低い温度&時間ではありますが、
      ご不安なようでしたら、レンジの方でトライしてみてください。m(_ _)m

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ