白菜を冷凍保存!やり方は?解凍した時のレシピも紹介♪



瑞々しくてしゃきっとした歯ごたえが美味しい、

白菜

みずみずしい白菜

鍋で柔らかくなるまで煮た後のくたっとして味の染みた白菜も美味しいですよね。

ですが、白菜をたくさん買い過ぎて余ってしまった

なんてこと、ありませんか?(^^;

半カットか、1玉か迷って、結局1玉買って余らせてしまう。
なんてこと、私はよくやってしまいます・・・orz


水分をたくさん含んでいる野菜というのは傷むのも早いですし、
効果的な保存方法があったらうれしいですよね(*゜∀゜)=3

と、いうことで!

今回は、

  • 白菜の冷凍保存ってできるの?

  • 冷凍保存した後の美味しい料理レシピとは?



  • など、白菜の冷凍保存方法や、
    おいしい白菜の食べ方について紹介します(^^ゞ

    それではさっそくいってみましょう~。

    Sponsored Link





    白菜の冷凍保存はできるの?


    白菜と言えばお鍋によく使う食材です。

    しかし大きな白菜一玉などを買ってしまうと、
    鍋に入りきらないこともありますよね?

    作った後に余ってしまっても勿体ないので、
    出来れば使い切れない分は上手に保存したいものです。

    最初に思いつくのは冷蔵保存

    ですが、冷蔵保存には限度があります。

    持ったとしても1週間程度なので冷蔵保存の場合は、
    出来るだけ早めに食べましょう~。

    もう少し長持ちさせる方法はないの?

    という場合・・・

    実は白菜は冷凍保存することも可能なのです!

    Sponsored Link


    白菜の冷凍方法


    白菜を冷凍保存したい場合は、

  • 下茹でしてから保存する方法

  • 生のまま保存する方法


  • の2種類があります。

    冷凍庫から出した後、和え物などにすぐに利用したい場合は下茹でを、
    加熱調理する場合は生のままでOKです。

    どちらも食べやすい大きさに切り密封ビニールに入れて保存しましょう~。


    解凍は基本的にはしないで、そのままお料理につかってしまって大丈夫ですが、

    炒め物や和え物など、

    出来るだけ水気を出したくない!

    という場合は、電子レンジで解凍し、
    水気をよく切ってから調理しましょう。

    保存期間はだいたい1ヶ月ですが、新鮮さや味を
    そこまで気にしないのであれば2ヶ月程度は大丈夫です(^-^)h


    ただ、冷凍保存するとちょっと残念なのが食感

    そこで次に、冷凍保存した白菜を使う場合に適した、
    おすすめレシピについて紹介しますね(^^ゞ

    Sponsored Link


    解凍した白菜を使ったおすすめレシピ♪


    白菜と豚肉のミルフィーユ鍋(二人分)

    お肉と白菜のミルフィーユ鍋

    1.

    白菜1/4を食べやすい大きさに切り、生のまま冷凍保存しておきます。

    2.

    豚肉の薄切り150gと、凍ったままの白菜を縦に交互に重ねるようにして鍋に詰めていきます。

    3.

    綺麗に鍋に並べたら

    • 水:100cc

    • 白だし:大さじ1

    • 塩コショウ:適量


    を加えて火にかけます。

    4.

    沸騰してきたら蓋をして、弱火で蒸していきましょう。

    5.

    豚肉に火が通ったら出来上がりです。

    冷凍白菜から水分が出るので最初に入れる水は少なめで大丈夫です。
    小皿に取ってゴマだれで食べても美味しいですよ♪

    Sponsored Link


    白菜を上手に保存して便利に使おう!


    白菜はお味噌汁や炒め物にも使えるので

    今晩はちょっと野菜が足りないかも

    と思ったときに冷凍庫から取り出してすぐに使えるのは便利ですよね。


    そういうときのために、普段からたくさん保存しておくのもおすすめです。

    ただ、冷凍した白菜は水分がたくさん出るので、
    白菜を入れる前にはあらかじめ濃いめの味付けをしておいた方がいいでしょう。

    今回は以上です。

    ご参考になりましたら幸いです(*゚ー゚*)ノ


    Sponsored Link


    この記事が参考になった場合は、こちらのボタンからポチッと応援くださると管理人が喜びます(^^

    こんな記事も読まれています

    コメントを残す

    CAPTCHA


    サブコンテンツ

    このページの先頭へ