茄子は栄養がないって本当?皮に含まれるアントシアニンの効能とは?



和食にも洋食にも使われ、
日本人によく好まれる野菜、

茄子

つややかなてかりを持つ茄子

淡白な味わいで使い勝手も良く、
皆さんの食卓に上ることも多いでしょう。

紫色が色鮮やかで料理のバリエーションも豊富な茄子ですが

茄子は栄養がない

と疑問に思っている方もいるそうです。


また、日本には、

秋茄子は嫁に食わすな

という教訓が言い伝えられていることもあり、

  • 体が冷えやすい

  • 下痢になりやすい


  • といったイメージも強いようです。

    今回はそんな茄子に焦点を当て、

    • 本当に栄養がない食べ物なのか、

    • 隠された効能は無いのだろうか、


    という部分を検証していきましょう。


    それではさっそくいってみましょう!

    Sponsored Link





    茄子に含まれる栄養成分について


    茄子の主成分の約90%は水分と糖質です。

    他の野菜と比べると確かに栄養価はそう高い方ではありません。

    また、茄子は夏場が旬の野菜なので寒涼性の食べ物であり、
    食べると身体を冷やすという説も間違ってはいないでしょう。


    しかし、便秘解消効果のある食物繊維は比較的豊富であり、鉄分カルシウムカリウムなども多く含まれているので一概に栄養がないとはいえません。

    茄子に含まれる栄養

  • 食物繊維

  • 鉄分

  • カルシウム

  • カリウム



  • また、茄子には細胞を傷つけて身体を酸化させてしまう
    活性酸素の発生を抑制する効果もあります。

    なので、ガン予防に適した現代人に嬉しい食材ともいえるでしょう。

    茄子の効能

  • 活性酸素発生の抑制

  • 抗酸化作用

  • ガン予防


  • この抗酸化力と深い関係があるのが、
    茄子の皮の鮮やかな紫色の元となっているアントシアニンなのです。



    Sponsored Link


    アントシアニンってどんな成分?


    アントシアニンとは茄子やブルーベリーなどに多く含まれるポリフェノールの一種です。

    紫外線やウィルスなどの外敵から、
    自身を守るために植物が作り出した成分であり、
    これが含まれていることにより茄子の皮は鮮やかな青紫色になるのです。

    日光をいっぱい浴びてつやつや光る茄子


    アントシアニンは有害物質からの攻撃を防ぐために存在しています。

    そのため強い抗酸化力があり、その他にも、

  • 視覚機能を改善する効果

  • 眼病予防効果

  • メタボリックシンドロームを予防する効果


  • など嬉しい効能がたくさんあります。

    紫外線に当たり過ぎた日や、食生活のバランスが崩れてきたときは、
    茄子を皮ごと料理し、アントシアニンを積極的に取り入れましょう。


    茄子とあう食材とは?


    さて、茄子には様々な栄養と、身体に嬉しい効能があるというのはわかりましたが、
    やはり身体を冷やしやすい食材という点が気になる方は多いのではないでしょうか。

    特に冷え性の女性や妊娠中のお母さんにとって身体の冷えは死活問題であり

    本当は茄子が好きだけど、身体の健康ために我慢している

    という方もhとっとしたらいるかもしれません。


    ですが無理に避けて食べないでいる必要はありませんよ(^^

    茄子が身体を冷やすのであれば、

  • 身体を温める食材と一緒に料理したり

  • 温かい料理に混ぜることで、


  • 身体を冷やさずにアントシアニンなどの成分を摂取することができるます♪


    ここでは、そんな茄子を体を冷やさず上手にいただくヒントとして、
    おすすめのレシピを紹介していきましょう~(^^ゞ

    Sponsored Link


    茄子の生姜和え

    茄子の生姜和え。

    茄子のピリ辛かんかけ

    温めた茄子を生姜醤油で和えて、最後にネギをかけるだけの簡単な一品です。

    生姜は身体を温める効果があるので、たっぷり生姜を加えれば食べた後は
    ずっと身体はポカポカ温かいこと間違いなしです。

    茄子は電子レンジで蒸してもいいので、

    「あと一品なんか欲しいな~」

    というときにぱっと作れる、おすすめお手軽料理です。

    茄子のピリ辛あんかけ

    茄子を立て四つに切り、10分間鍋で茹でます。

    その間にフライパンで炒めた

  • ひき肉

  • 輪切り唐辛子


  • 醤油

  • 出し汁

  • 片栗粉

  • みりん


  • であんを作ります。

    茄子が茹であがったらフライパンに加えて和えれば出来上がりです。

    唐辛子は身体を温める効果がありますし、
    最初に茄子を茹でることで、身体を冷やすカリウムが減少するという効果もあります。

    その他にも、ニンニクや大根おろし、シナモンなどにも
    保温効果がるので冷え性の方は是非試してみて下さいね(^^ゞ。

    Sponsored Link


    栄養がないなんてとんでもない!茄子で美味しく健康になろう!


    今回は、茄子の栄養について紹介しました。

    茄子には身体に嬉しい栄養がたくさん含まれていますし、
    調理方法さえ工夫すれば身体を冷やす心配もありません。

    そもそも夏野菜が身体を冷やすという性質は、
    暑い夏に合理的に熱を放出できるように、という自然の意図があるので、
    健康な人が食べる分には問題はありません。


    そのうえ茄子には抗酸化力のある

  • アントシアニン

  • 鉄分

  • カルシウム


  • などが豊富なので、むしろ普段から積極的に取り入れたい食材と言っていいでしょう。
    また、水分が多くカロリーが低いのでダイエットにも持って来いの食材です。

    今回は茄子の偉大さを改めて再発見しました!

    茄子をたくさん食べて、栄養を補給しなすってくださいね♪


    Sponsored Link


    この記事が参考になった場合は、こちらのボタンからポチッと応援くださると管理人が喜びます(^^

    こんな記事も読まれています

    コメントを残す

    CAPTCHA


    サブコンテンツ

    このページの先頭へ