11月に旬を迎える野菜一覧

1月に旬を迎える野菜を一覧にまとめたページです。

切り干し大根をリメイク!おすすめの方法やレシピはコレ!

151013_s3

ご飯のお供やお弁当のおかずの定番である切り干し大根! 昔ながらのお母さんの味って感じですよね~(´-`) 優しいお出汁の味とシャキシャキとした大根が美味しい人気料理ですが、 「作り過ぎちゃって余って~しまったぁ~ /(^・・・

大根もちとは?カロリーは普通より下がる?おすすめレシピも紹介♪

150815_s2

よく中華料理屋などで見かける、 大根もち。 外はカリカリ! 中はモチモチ! という食感がクセになりますよね~(´▽`)♪ しかし、 「コレ!家でも作ってみたい!」 と思っても、「いったいどうやって作ったら・・・?」 と疑・・・

白菜を冷凍保存!やり方は?解凍した時のレシピも紹介♪

150811_s

瑞々しくてしゃきっとした歯ごたえが美味しい、 白菜。 鍋で柔らかくなるまで煮た後のくたっとして味の染みた白菜も美味しいですよね。 ですが、白菜をたくさん買い過ぎて余ってしまった、 なんてこと、ありませんか?(^^; 半カ・・・

白菜のカロリーは一玉どれくらい?栄養はあるの?鍋のカロリーもチェック!

150810_s4

お鍋やお漬物などで日本人には馴染みの深い野菜、 白菜。 煮ても炒めても美味しいですし、 他の食材ともよく合うので 和食 中華 イタリアン などなど、たくさんの料理で重宝されています。 日頃、白菜を口にする機会は多いですが・・・

くわいのおせち!どんなレシピがあるの?簡単な作り方は?

150805_s2

お正月に好まれる縁起物のおせち料理の材料である、 くわい。 しかしお正月のくわい料理! といわれてぱっと思い浮かぶかというと「?」ですよね(^^; たしかにくわいはお正月料理の定番なのですが、 栗きんとんや黒豆に比べれば・・・

くわいをおせち料理で使う意味と由来は?

150805_s1

にょっきりと突き出した芽が特徴的な、 くわい。 あまりメジャーな野菜ではないので、 ご家庭の食卓に上ることは少ないかもしれません。 でも、お正月のおせち料理などによく 「くわいの含め煮」 が入ってたりするので 「ああ、あ・・・

大根おろしの冷凍保存はアリ?栄養は壊れない?保存方法のポイントは?

150730_s7

お肉や魚の横に添える、 麺類の薬味として使う、 などなど色々な料理に使える便利な、 大根おろし。 でも、 「冷蔵庫に大根があったはず~」 と思って、家に帰って大根をすりおろしたら・・・・ 「う・・・なんか・・・臭う・・・・・・

大根おろしがからいのはなぜ?部位によるの?甘くする方法はある?

150730_s2

うどん 蕎麦の薬味 サンマのお供 などなど、料理の引き立て役としてたびたび登場する 大根おろし。 あのピリッとした爽やかな辛みと 口に広がる独特の風味。 あるとないではゼンゼン違う、なくてはならない名プレイヤーですよね!・・・

大根の栄養と効能!栄養価を高める方法とは?加熱による影響もチェック!

150730_s

煮物 ふろふき大根 サラダ 野菜スティック などなど。 和風でも洋風でも様々な料理に活用できる大根は日本人に人気の野菜、 大根。 調理方法もさまざまですよね(^^ 輪切りにして煮込んだり 刻んで汁物の具にしたり 大根おろ・・・

人参の栄養と効能!加熱するのと生のままとどっちが良いの?

150729_s

きんぴらや筑前煮などでお馴染みの野菜、 人参。 甘い味わいが和食にも合いますし、 サラダ シチュー グラッセ などなど、洋食でも親しまれていますよね(^^ 加熱すれば柔らかい触感が甘みを引き立ててくれますし、 生で食べれ・・・

ターサイ(搨菜)ってどんな野菜?食べ方は?栄養はあるの?

150716_s

最近はスーパーなどで、海外の野菜もけっこう売られていたりしますよね。 中には、 「え?これってどんな野菜なの?」 なんてものも。 ということで、今日は、フロム チャイナの「ターサイ」についてのお話です。 中国からやって来・・・

春菊の栄養と効能!風邪予防に良いとされるその理由とは?

150609_0

我が家のお鍋に入れる定番の材料と言えば「春菊」 独特の苦みがありますが、お鍋には外せない野菜の1つですよね(^^ でも、この「苦味がキライ!」って嫌がる子供も多いですよね~。 というか、大人でも結構、お鍋の春菊がキライな・・・

はちみつ大根の作り方と飲み方!保存はどうする?

150404_s

最近、寒暖差が大きいので体調を崩してしまい、 喉がいたいという方も多のではないでようか。 また、暖かくなってきて花粉で喉がつらい・・・という方も多いはず。 かくいう私もダブルで対象者です(笑) そんな時におすすめなのが・・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ