春菊の栄養と効能!風邪予防に良いとされるその理由とは?



我が家のお鍋に入れる定番の材料と言えば「春菊

独特の苦みがありますが、お鍋には外せない野菜の1つですよね(^^


でも、この「苦味がキライ!」って嫌がる子供も多いですよね~。
というか、大人でも結構、お鍋の春菊がキライな人は多いようです(^^;

ざるに盛ってある新鮮な春菊

でも、ウチは必ず入れてますよ!

え?なぜかって?

それは、春菊は栄養があるからですよー。
風邪予防にもいいと言われてますしね。


だから、子供に「ちゃんと食べなさい」っていったらー

「うそだー、こんな苦いものに栄養なんてないよー」

・・・・・・

そんなことないもんっ

栄養あるもんっ


と、思ったのですが、実際のところは、
ちゃんと知っているわけではありませんでした(^^;


ということで!

今回は、

  • 春菊には本当に栄養があるのか!?

  • 実際にどんな栄養を含んでいるの?

  • 風邪予防に良いと言われている理由とは?


  • について調べてみましたよっ

    べ、別にちゃんと答えられなかったのが
    悔しかったわけじゃないんですからねっ


    それではさっそくいってみましょう~。

    どうぞっ(*゚ー゚*)ノ

    Sponsored Link






    春菊の栄養価について


    春菊はいわゆる「緑黄色野菜」の仲間になります。

    緑黄色野菜といえば、注目したい栄養素は何といってもβカロチンです。
    細胞の酸化を防ぎ、ガン予防や美容にも効果があるといわれています。

    ほうれん草や小松菜など、他の葉物野菜と比べて
    春菊はβカロチンがさらに豊富に含まれています。

    他には、ビタミンC・B群、カリウム、カルシウム鉄分
    マグネシウムなどミネラルもたっぷり。食物繊維も豊富です。

    春菊について、選び方や旬の時期など、とても参考になります!



    ということで、春菊にはβカロチンが豊富で栄養があることは
    わかりましたが、実際にどのような健康効果があるのでしょうか?

    それでは次に、春菊の効能についてチェックしてみましょう~。

    Sponsored Link


    春菊の栄養がもたらす効能


    春菊が持つ栄養素は、体を健康に保つ
    様々な効能をもたらしてくれます。

    高血圧や高脂血症などの成人病予防
    ガン予防、動脈硬化予防などが期待できます!

    独特の苦みが、食欲を増進させるとも言われていますね。
    また、昔から風邪予防のためにも食べられてきたそうです。

    実は春菊の香りの成分である「αビネン」「ベンツアルデイド」には、
    自律神経を安定させ、咳やタンを鎮める効果があると言われています。

    さらに、「漢方薬」として珍重されてきた歴史があります。

    体が本来持っている抵抗力や自然治癒力を高めてくれる働きがあるそうです。
    春菊が風邪予防に効果があると言われているのは、こういう理由なんですね!

    Sponsored Link



    栄養を逃がさず調理する方法は?


    栄養満点の春菊ですが、栄養を逃がさずに
    摂る方法はどうすればいいでしょうか?

    春菊はあくが強いので、生食にはあまり適しませんね。

    調理したほうが美味しいのですが、栄養が逃げないようにするには、
    「しっかり沸騰したお湯」「少量を短時間で一気に」茹でるといいです!!

    春菊の栄養は茹でている間にどんどん逃げていってしまうので、
    さっと茹でて冷水にさらせば、逃げる栄養を最低限にできます。

    もしくは天ぷらにしたり、油で炒めたり、
    お味噌汁の具にすれば汁ごと食べられてGOODです!

    春菊をふんだんに使った冬のお鍋

    まとめ


    春菊の素晴らしい効能について、ご紹介しました!

    春菊の旬は10月頃からということで、
    少しずつ寒くなって風邪をひきやすくなる季節になるころ。

    春菊を食べるように心がけておけば、風邪予防につながりますね!

    食べる時は栄養を出来るだけ取り込めるような調理方法がおすすめですよ^^


    ま、栄養がしっかりあることが確認できても、
    子供がちゃんと食べてくれるかは別問題なんですけどね(^^;

    今回は以上です。

    参考になりましたら幸いです(*゚ー゚*)ノシ


    Sponsored Link


    この記事が参考になった場合は、こちらのボタンからポチッと応援くださると管理人が喜びます(^^

    こんな記事も読まれています

    コメントを残す

    CAPTCHA


    サブコンテンツ

    このページの先頭へ