青唐辛子の保存方法!冷凍と醤油漬けどっちが良いの?



今回は青唐辛子の保存方法についてのお話です(^^

青唐辛子はししとうと間違えやすいけど、
ししとうとは違って赤くなる前の唐辛子です。

あおあおとしていて艶が良い青唐辛子

青唐辛子が熟して赤くなると、
私たちがよく知っている赤唐辛子になるんですよ。


赤くなった唐辛子が辛いことは当然のことですが、
青唐辛子の場合は辛みがマイルドなものもあり、
種類もよって辛み味わいも違います。

日本ではあまりそのまま料理に使う機会も少なかった青唐辛子。

でもこの頃はオリジナル調味料に、
青唐辛子を利用するレシピも話題になっているんですよ~。

なので、レパートリーを広げるチャンスですよ!

青唐辛子に馴染みのない人でも困らない使い切り方法や、
上手な保存方法などを集めてみました♪

食卓にちょっと変化の欲しい時に使ってみませんか?

それではさっそくいってみましょう~♪

Sponsored Link





青唐辛子の保存方法について


青唐辛子は一度に大量に使用することはあまりないので、
使い切れない場合はそのまま冷凍保存ができます。

冷凍保存以外にも乾燥させれば長期保存もできますし、
塩漬けにして冷蔵庫で保存することもできます。

なので、使い切れない時にもムダにすることはありませんよ!

ただ、保存方法によっては、鮮度が落ちてしまう場合や
用途が限られてしまうこともあります。

なので、使い方に適した保存方法を選ぶようにしましょう~。

青唐辛子を冷凍保存する時のコツは?


そのまま容器に入れて冷凍保存すると、鮮度が落ちてしまいます。

鮮度をできるだけ落とさない状態で冷凍保存するためには、
少々面倒でも1本ずつラップで分けて保存するのがGOOD

真空保存できるパックを利用して冷凍できれば、
空気に触れて霜がつくことも防げるのでベストです。

個別に保存すると、使う分だけを取り出せるので便利ですよ(´▽`v)


真空で冷凍保存しておけば1年以上保存することも可能ですが、
冷凍することで変色してしまったものは味も落ちています。

なので、この場合は残念ですが、
使わないようにしましょう~。

Sponsored Link


青唐辛子の醤油漬け保存時のおすすめレシピはコレ!


1本ずつ冷凍保存するのが手間だと感じる方には、
醤油漬けして保存する方法もおすすめです。

そのまま醤油に漬け込むのもOKですが、
刻んでから漬けると醤油に辛味が広がります。

短期間で辛味醤油を作りたい場合は輪切りにして
漬けこむのが早く完成しますよ!


醤油漬けにすると、漬けた青唐辛子は辛味のある薬味として使えるし、
醤油の方は調味料としても万能です。

ニンニクやネギも一緒に醤油漬けにしておくと、
味に深みも出るので色んな料理の調味料として大活躍します。

null

万能調味料として冷奴にかけたり、そうめんや冷麦の
つけ汁の隠し味にしたり、炒め物にも使えます。

ピリッとした辛さがマイルドになる醤油漬けは、
ご飯にもよく合うので作り置きして保存すれば困った時の一品にも。

Sponsored Link


まとめ


わりと日の目をみることが少ない青唐辛子。

でも実は、冷凍以外にも保存方法も幅広く、
しかも万能な薬味や調味料にもなるなど、
とっても優秀な食材なんですよ~。

家庭菜園でひそかに人気の栽培候補となっている理由にも納得です。

自宅の庭でも簡単に育てられるので、
青唐辛子の栽培から調理までトライしてみるのもイイかもですよ~。

今回は以上です。

ご参考になりましたら幸いです(*゚ー゚*)ノ


Sponsored Link


この記事が参考になった場合は、こちらのボタンからポチッと応援くださると管理人が喜びます(^^

こんな記事も読まれています

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ