枝豆の栄養と効能!でもカロリーは?食べ過ぎると・・・



ビールのおつまみといえば、定番はまず枝豆ですよね!
ただの豆なのに、主張の強いビールと合うのがすごいなあと感心します。

ビールのおつまみとして最強の枝豆

枝豆は昨今の健康ブームを受けて海外でも
人気が高まりつつあり、今後さらに注目の野菜です。

そんな枝豆の栄養と効能は、どのようなものがあるのでしょうか。

気になるカロリーと一緒に、調べてみました。
おつまみ選びの参考にしてみてくださいね^^

Sponsored Link






枝豆の栄養価について


緑色の外見なので忘れられがちですが、枝豆は大豆です。
枝豆が熟していくと、大豆になります。

大豆といえばまさに栄養価の宝庫ですから、
枝豆は栄養満点の素晴らしい野菜なんですね。

主な栄養成分はこんな感じです^^
  • タンパク質
  • ビタミンB1B2
  • ビタミンC
  • 鉄分
  • 食物繊維
  • カリウム
  • カルシウム
  • などなど、欲しい栄養がぎゅっと詰まっています。

    たくさんの栄養がぎっしり詰まった枝豆のアップ


    枝豆の効能とは?


    たくさんの栄養がもたらしてくれる効能もすごいのが枝豆です。
    枝豆がビールのおつまみにぴったりな理由もここにあります。

    必須アミノ酸のひとつで、肝臓や腎臓の働きを助ける力をもっている
    「メチオニン」が枝豆のタンパク質にたっぷり含まれています。

    これがビタミンと一緒に、アルコールを分解する手助けをしてくれるんですね。

    また、豊富なカリウムが余分なナトリウムを
    排出してくれるので、まさにお酒好きにはぴったり!

    ビタミンB1B2が豊富なので、疲労回復やむくみ解消にも効果があります。
    美容効果も期待できそうですね!

    せっかくなら美味しく食べたい!枝豆の茹で方もチェックです^^



    1回に食べる枝豆の目安は何粒くらい?


    枝豆は豆類ですので、カロリーはそれなりにあります。
    茹でたもの100gで、およそ130kcal程度です。

    栄養があるからといって食べ過ぎてしまうと、
    カロリーオーバーになりますのでご注意を!

    目安としては、20房前後くらいにしておきましょう。

    そして、プリン体も比較的高く、100gあたり47.9mgです。

    ビールもかなりプリン体が高い飲み物なので、
    尿酸値の高い方や、痛風の方、生活習慣病の方、予備軍の方は
    おつまみで枝豆は避けておいたほうが賢明かもしれませんね。

    Sponsored Link


    まとめ


    枝豆は美味しい上に栄養満点で文句なしの食材です!

    様々な効能も期待できますので、
    普段のお料理にも使っていきたいですね。

    ビールが美味しい季節、ついおつまみに枝豆をチョイスしたくなりますが、
    カロリーは野菜にしては高めですので、量は控えめに・・・。


    Sponsored Link


    この記事が参考になった場合は、こちらのボタンからポチッと応援くださると管理人が喜びます(^^

    こんな記事も読まれています

    コメントを残す

    CAPTCHA


    サブコンテンツ

    このページの先頭へ