アスパラガスの茹で方と保存方法!下処理も大事だよ♪



アスパラガスって、結構料理に使ったりします?

肉巻き、バター炒め、サラダにバスタ、
お弁当のおかずとしても大活躍のアスパラガス。

大人にも子供にも人気の野菜ですよね(^^

つぼみが付いている茹でる前のアスパラガス

量の割に安くはないので、特売だと
個人的にはテンションが上がります♪


ただ、そんなアスパラガスの茹で方保存方法には、
ちょっと気を付けてほしい野菜のひとつなんです。

栄養と食感を逃がさないためにも、
いい状態で保存したいですよね。

と、いくことで今回は、アスパラガスの茹で方と
保存方法をまとめてみました!

よろしければご参考くださね(^^

それではさっそくいってみましょう~。

Sponsored Link





アスパラガスの旬はいつ?下処理の方法は?


アスパラガスは春に収穫できるものと、夏のものとがあります。

近年はハウス栽培で通年食べられるようになっていますが、
一般的にアスパラガスの旬は4~6月と言われています。

アスパラガスは根元にいくほど固く筋っぽくなるので、
下処理として根元から数センチ程度、ピーラーで皮をむいておきます。

太く筋っぽいものは、カットしてしまってもいいでしょう。

茎から三角に生えているハカマも、
きれいに取っておきましょうね(^-^)h

アスパラガスの茹で方


では次に、アスパラガスの茹で方をチェックしておきましょう!

アスパラガスの茹で方

1.

お鍋にお湯を沸かし、沸騰してから塩を適量入れます。
(目安は1リットルの湯に対して小さじ1.5~2程度ですが、お好みで)

2.

根元から茹でます。数センチ程度固い部分を先につけて、10秒程度待ちます。

3.

残りの部分をお鍋に入れて、40秒~1分程度茹でましょう。

4.

茹であがって色止めしたい場合は、冷水につけましょう。

アスパラガスの太さや好みで、塩加減やゆで時間は変わってきます
茹ですぎると食感も風味も落ちますので、ご注意を!

アスパラガスの茹で方、茹で加減や時間などについては、
こちらの動画で細かいところまで紹介されています。

よろしければご参考くださいね(^^



アスパラガスの保存方法は?


アスパラガスはとても生命力が強い植物なので、
買ってきた後もどんどん成長してしまいます。

冷蔵庫の中で横向きに置いてしまうと、
上に伸びようとして曲がってしまいます。

そうすると、栄養分を使ってしまうので、
保存する時は「縦置き」が鉄則です!

ラップに包むか、ストック用の袋などに入れて、
縦に置いて保存しましょう。

私は、500ミリのペットボトルを半分に切って
アスパラガス入れにしています^^

すぐに使わない時は、冷凍して保存するのがいいですね。

冷凍の際は食べやすい大きさにカットし、固めにゆでます。
フリーザーバックなどに重ならないように入れて、
なるべく早く冷凍しましょう~。


アスパラガスは割と足がはやく、
買ってきて2~4日程度でかなり鮮度が落ちます。

一度茹でたアスパラガスは、3日以内に食べるようにしましょう。

冷凍すると、1ヶ月程度は保存できますので、おすすめですよ(^^

Sponsored Link


まとめ


今回はアスパラガスの茹で方と保存方法をご紹介しました!

アスパラガスを食べるには、下処理と茹で方が肝心です。

ひと手間かかりますが、
それだけで全然おいしさが違ってきます。

アスパラガスは常温保存には向かない野菜ですので、
買ってきたらまず保存。使うものは冷蔵庫で、

すぐに使わない時は茹でて冷凍してしまいましょう~(´▽`v)


Sponsored Link


この記事が参考になった場合は、こちらのボタンからポチッと応援くださると管理人が喜びます(^^

こんな記事も読まれています

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ