子供の鼻血が止まらない!どうする?止める対処法と注意点とは?



子供はよく鼻血を出します。

右手で鼻を押さえている子供

その子にもよると思いますが、鼻が弱くて、ちょっとぶつけただけで
すぐ鼻血を出す子がクラスに1人はいましたね(^^;

鼻血が止まらないとパニックになる前に、
早めに止める対処法を確認しておきましょう。

知っておけば、必ず役に立つと思います!!

Sponsored Link






子供の鼻血が止まらない時はどうすればいい?


子供の鼻血が止まらない場合の処置は、
基本的には大人と同じです。

ティッシュを丸めたものを、
出血している方の鼻の穴に詰めます。

通常ですと10分程度すれば収まりますが、
鼻の粘膜が荒れているなどで敏感な状態に
なっているとなかなか止まらないこともあります。

そんな時は、お子さんの頭を高くして
仰向けか横向きに寝かせてあげてください。

この時、人工呼吸のように顎をあげてしまうと
鼻血が逆流して喉へ流れてしまい、
嘔吐することがありますので注意してください。

仰向けにしたら鼻の穴に詰め物をして、
鼻の付け根を冷やしてあげると早く収まります。

ティッシュが固くて痛がる場合は、
柔らかいガーゼや脱脂綿を詰め物にしてみてくださいね。

鼻血の止め方 お子さんと一緒にどうぞ^^



頻繁に鼻血がでる理由はあるの?


そもそも鼻血が出る原因の多くは、打撲や鼻の粘膜を
傷つけたりすることで出来る外傷によるものです。

鼻の入り口の血管は細いため、
他の部分に比べて出血しやすくなっています。

ですので、お子さんが頻繁に鼻血を出す理由は、
大体が鼻をほじって「粘膜」を傷つけたり、
遊んでいて鼻を打ったりしたときに、出血するためと考えられます。

また、アレルギー性鼻炎であることを知らずに放置してしまい、
鼻を強くかみすぎたり、鼻の奥までいじったりすることで鼻血が出ることもあります。

しばしば、出血の止まりにくい病気であったり、
鼻の中に腫瘍ができていたりする場合もあるので、
たかが鼻血と楽観視せず、長引く場合は専門家に相談しましょう。

Sponsored Link



子供が鼻血を出した時のやってはいけない対処法とは? 


子供が鼻血を出したら、慌てずにまずは止血しなくてはいけません。
その時うっかりやってしまいがちな、NGな対処法をいくつか挙げておきます。
1.上を向かせる

鼻血が逆流して喉に流れてしまいますので、やや下を向かせましょう。

2.後頭部や首を叩く

いまだにやる人がいますが、何の意味もない上に
悪化することもありますのでやらないようにしましょう。

3.ティッシュを奥まで入れる

ティッシュを詰めるのは、流れてくる血液を止めるためです。

奥まで詰めたからといって止まるわけではありません。
逆に傷つけてしまうことがありますので、詰めすぎには注意です。

いつまでたっても鼻血が止まらない、鼻血のほかにも異変があるなど
心配な場合は迷わず耳鼻科を受診するようにしましょう!

困ったお母さんのイラスト

まとめ


子供の鼻血が止まらない時は、まず焦らずに止血しましょう。

座るか頭を高くして寝かせ、ティッシュなどの
詰め物をしていれば10分程度で収まってきます。

間違った対処をしないように、親御さんは改めて
鼻血の止め方をチェックしてみましょう。

止まった後は、また元気よく遊んでもらいましょう!


Sponsored Link


この記事が参考になった場合は、こちらのボタンからポチッと応援くださると管理人が喜びます(^^

こんな記事も読まれています

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ