赤ちゃんのゲップ!上手な出し方のコツとは?  



赤ちゃんに授乳した後、ゲップをさせないで寝かせてしまって
ミルクがうわーー!!というのはよくあることです。

ゲップの出し方は、ちょっとしたコツがいるんですよね。

お母さんも赤ちゃんもストレスなく出来るように、
赤ちゃんのゲップについて調べてみました^^

Sponsored Link







ゲップをさせる理由とは?


赤ちゃんはミルクを飲むとき、
一緒に空気も飲み込んでいます。

一般的に母乳より哺乳瓶の方が、
空気をたくさん飲み込んでしまうようです。

赤ちゃんの胃の形は大人のように
食道から胃にかけてカーブがついていません。

ストン、と一直線に近い筒状の形なので、
ゲップをすると一緒にミルクも出てきてしまうのです。

これが寝ている間だと、せき込んでしまい、
ひどい場合窒息の原因になります。

また、飲んだミルクの栄養をしっかり吸収できません。

赤ちゃんのために、授乳後は
できるだけゲップさせてあげてくださいね^^

手にティッシュを持って上を見上げている小さい子供


上手にゲップをさせるコツとは?


ゲップの方法で一番ポピュラーなのが、
赤ちゃんを担ぐ方法でしょう。

赤ちゃんの首をお母さんの肩に乗せる感じです。

コツは怖がらず思い切ってやること、ですね!
私は和太鼓を持つイメージでやっています^^;

担げたら、赤ちゃんの背中を軽くトントンと叩いてあげるか、
下から上に撫でるようにしてあげてください。

担ぐのが怖いという人は、太ももの上に乗せて
沐浴時に背中を洗うような姿勢にしてあげて、
背中を優しく撫でてみてくださいね。


背中をトントンしない方法もあります。
参考になります!



ゲップが出ないときはどうする?


まず、赤ちゃんがゲップをしないから
といって焦らなくても大丈夫です!

赤ちゃんのゲップは出にくいもので、
2回に1回出れば良いほうです。

ゲップが出なくても、その分オナラが出ていればOKです!



赤ちゃんによってゲップを出しやすい角度があります。

担ぎ方や背中の角度を色々と試している内に、
コツをつかめるようになりますよ^^

どうしても出ない時は、そのまま寝かせてしまいましょう!

口が上に向かないように、
体を横向きに固定してあげるといいですね。

赤ちゃんの右側が下になるように、
布団などで角度を調節してあげてください。


Sponsored Link




ゲップはいつまでさせたらいい?


首がすわる3~4か月ごろまでが目安だと言われています。
自分で首を動かせるようになれば、ゲップする力もついてきます。

ゲップをさせなくてもミルクを戻さなくなれば、
ゲップをやめても大丈夫な時期、というサインです。

それまで大変ですが頑張りましょう^^

頭がつるつるのはいはいしている赤ちゃん

まとめ


赤ちゃんのゲップ、出し方のコツは、
怖がらないで思い切って肩に乗せること!

出来ない人は、太ももに座らせる形でもOKです。

赤ちゃんがやりやすい方法や角度を、一緒に探していきましょう。

ゲップが出なくても心配する必要はありませんし、
首がすわる頃になれば、自分でゲップできるようになります。

お母さんと赤ちゃんが穏やかな授乳の時間を過ごせるように、
ストレスを感じないようにしたいですね^^


Sponsored Link


この記事が参考になった場合は、こちらのボタンからポチッと応援くださると管理人が喜びます(^^

こんな記事も読まれています

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ