ビールのカロリーと糖質を350mlで比較!カロリーオフのビールだとどうなる?



お酒売り場に行くと最近ではたくさんの種類のビールが並んでいます。

年々種類が増えているのでいろいろなパッケージがありますよね。

でもこれらのビール。
銘柄によってカロリーに違いはあるのでしょうか。

null

銘柄やメーカーによってカロリーや糖質が異なるのであれば、
できるだけ太らないヘルシーなものを選びたいもの。

また、最近では、

  • カロリーオフ
  • プリン体糖質ゼロ
  • などと宣伝しているビールもあります。
    他のビールとどんな違いがあるのでしょうか。

    と、いうことで!

    今回はビールのカロリーと糖質を350mlで比較しました。
    人気の銘柄の中で一番身体に良いビールはどれなのか。

    さっそくチェックしていきましょう!

    Sponsored Link




    350ml缶のビールのカロリー比較

    では誰でも一度は見たことがある人気の銘柄のビール。
    これらのカロリーを分かりやすく表にして紹介していきましょう。

    商品名 カロリー
    キリン・一番搾り生ビール 154 kcal
    キリン・ラガービール 147 kcal
    キリン・ブラウンマイスター 168 kcal
    アサヒ・スーパードライ 147 kcal
    アサヒ・スーパードライブラック 157.5 kcal
    アサヒ・ドライプレミアム豊醸 171.5 kcal
    アサヒ・プライムリッチ 178.5 kcal
    サントリー・モルツ 147 kcal
    サントリー・プレミアムモルツ 164.5 kcal
    サントリー・プレミアムモルツエール芳醇 175 kcal
    サッポロ・生ビール黒ラベル 140 kcal
    サッポロ・ラガービール 150.5 kcal
    サッポロ・クラシック 140 kcal
    エビス・ビール 147 kcal
    エビス・プレミアムブラック 161 kcal
    エビス・マイスター 161 kcal

    こうやって比較してみると、それぞれのビールで
    そんなにカロリー量に差はないですね。

    だいたい150kcal前後となっています。

    強いて言うのであれば、

    プレミアム

    と名前がつくビール銘柄については、
    少し他の種類よりもカロリーは高めになっていますね。

    と、いっても20~30kcal程度ですが。

    ただし、毎日飲んでいる場合などは、
    例え数10kcalだとしても、
    地味に差はでてきそうですね。^^;

    さて、ここまでがいわゆる普通のビールなのですが、

    ビールのカロリーが気になる!

    という場合に、最近ではそれ用のビールも発売されています。

    つまり、カロリーオフや、プリン体糖質ゼロビールなどですね。
    これらのビールのカロリーはどう変わってくるのでしょうか。

    Sponsored Link

    プリン体糖質ゼロビールとカロリーオフビールについて

    最近ではプリン体ゼロや糖質ゼロ、
    カロリーオフのビールがたくさん販売されています。

    普通のビールよりも太りづらくて健康にいいというイメージですが、
    実際にどのくらいカロリーの差があるのでしょうか。

    最近人気の糖質ゼロ、プリン体ゼロ、
    カロリーオフのビールをチェックしていきましょう。

    こちらは、プリン体や糖質も見ていきます。

    商品名 カロリー 糖質 プリン体
    アサヒ・ゼロ 77 kcal 0g 0mg
    アサヒ・贅沢ゼロ 136.5 kcal 0g 4.8mg
    アサヒ・スタイルフリー 84 kcal 0g 12.6mg
    アサヒ・アクアゼロ 94.5 kcal 0g 0mg
    キリン・濃い味糖質ゼロ 66.5 kcal 0g 2.1mg
    キリン・淡麗グリーンラベル 101.5 kcal 2.45g 10.1mg
    キリン・淡麗プラチナダブル 108.5 kcal 0g 0mg
    キリン・のどごしオールライト 63 kcal 0g 0mg
    サントリー・セブンプレミアム・ザ・ブリュー 112 kcal 1.75g 5.25mg
    サントリー・金麦 115.5 kcal 1.75 5.25mg
    サッポロ・極ZERO 91 kcal 0g 0mg
    サッポロ・香りの極みZERO 119 kcal 0g 0mg

    先ほどの普通のビールの表と比較してみると、
    圧倒的にカロリーが低いことが分かりますね。

    通常のビールは350mlで平均150kcalはあります。
    対して居、これらのビールは100kcal前後のものがほとんど。

    なかには60kcal代のものもあります。

    このことから、やはりプリン体糖質ゼロやカロリーオフのビールは
    ヘルシーで太りにくいといえそういですね。

    null

    ただし、糖質やプリン体を見てみると、
    すべての商品が0というわけではありません。

    缶に糖質ゼロと書いてあってもプリン体が含まれている場合もありますし、
    カロリーオフと書いていても糖質とプリン体は多少入っていることもあります。

    カロリー、糖質、プリン体を正確に知りたい場合は、
    缶のパッケージを見て決めるのではなく、
    成分表示までチェックしましょう。

    ちなみに糖質0gと表示されていても本当に0gではありません。

    日本食品標準成分表によると飲料100ml当たり糖質量が0.5g未満のもの

    糖質ゼロ飲料

    として扱っていいということになっています。

    つまり多少の糖質は含まれているので

    糖質ゼロだからいくら飲んでも大丈夫!

    と思って油断すると、実はけっこうな糖質を
    とってしまうことにもなりかねません。

    Sponsored Link

    まとめ

    今回はさまざまな銘柄のビールのカロリーや糖質量を紹介しました。

    ビールっ腹
    ビールの飲みすぎで太る

    など、一般的にビールは太るというイメージが先行していますが、
    350ml缶ビールのカロリーを見ると意外と低いです。

    1缶平均150kcalはコーラやジュース350mlのカロリーとそこまで変わりません。

    それでも太ると言われる理由は、
    ビールの場合、ついつい量を飲んでしまうことが多いです。

    飲み会などだと、「350mlでおしまい!
    なんてことはあまり無いですよね。

    また、ビールにはアルコールが含まれるので
    食欲増進してしまうという理由もあります。

    量を摂取してしまうので、
    結果、太りやすくなってしまうワケですね。

    カロリーというと食べ物をイメージしますが、
    ビールにもしっかりカロリーが含まれています。

    飲みすぎてしまうと、ビールだけでも相当なカロリー

    適度にセーブして楽しみたいものですね。

    また、

    晩酌でビールは欠かせない!

    という場合は、プリン体質ゼロビールカロリーオフのビール
    切り替えるというのも一つの手です。

    毎日のことであれば、なおさらですね。

    今回は以上です。
    ご参考になりましたら幸いです。
    (*゚ー゚*)ノ


    Sponsored Link


    この記事が参考になった場合は、こちらのボタンからポチッと応援くださると管理人が喜びます(^^

    おすすめ記事

    コメントを残す

    CAPTCHA


    サブコンテンツ

    このページの先頭へ