パン粉のカロリーは1カップや大さじ1でどれくらい?小麦粉と比べると?



コロッケやトンカツなどの揚げ物をする際に欠かせない材料といえば!

パン粉

ですよね。^^

表面についたパン粉がきつね色にカラッと揚がることで、
歯ごたえも見た目も断然に良くなります。

null

でもこのパン粉

いったいどのくらいのカロリーがあるのでしょうか。

揚げ物のカロリーは高いと言われたりしますが、
揚げる前のパン粉自体のカロリーについては、
意外と盲点だったりしますよね。

パン粉自体を食べることはないのであまり考えがおよびにくいです。

料理によってはけっこうな量を使うので、
そういわれてみるとちょっと気になりますよね。
(^^;

と、いうことで!

今回はパン粉のカロリーについてまとめました。

1カップ大さじ1でどのくらいになるのか。
また小麦粉と比べるとどちらが高カロリーなのか。
含まれる糖質の量をほかの食材と比較すると??

さっそくチェックしていきましょう!

Sponsored Link




パン粉のカロリーについて

パン粉のカロリーは100gあたり373 kcalです。

    パン粉のカロリー

    100gあたり373 kcal

この数字を見ると高カロリーに感じますよね。
(^^;

しかし、1回にパン粉を100g使うことはまずありません。

大さじ1杯1カップなど分かりやすい単位で、
カロリータンパク質脂質炭水化物を表にして見ていきましょう。

分量 カロリー タンパク質 脂質 炭水化物
小さじ1杯(1g) 4 kcal 0.15g 0.07g 0.63g
大さじ1杯(3g) 11 kcal 0.44g 0.2g 1.9g
1カップ(40g) 149 kcal 5.84g 2.72g 25.36g

小さじ1や大さじ1程度であればそこまでのカロリーはないようですね。

しかし、1カップ使うとなると、
149kcalになり、けっこうなインパクトがあります。

ちなみにパン粉の形状によってカロリー量が変化します。

373 kcalというのは乾燥パン粉のカロリー。
半生パン粉は318 kcal。
生パン粉だと280 kcalとなります。

乾燥するほどカロリー数は上がっていきます。

Sponsored Link

パン粉と小麦粉のカロリー比較

さて、パン粉のカロリーだけみても、
イマイチ高いのか低いのかイメージがしにくいですよね。

そこで、ここでは小麦粉のカロリーと比較してみましょう。

小麦粉のカロリーは100gあたりで368 kcalです。
パン粉のカロリーは100gあたり373 kcal

なので、パン粉の方がカロリー高いように感じます。

null

でも、ちょっとまってください。

それぞれの計量器具で計った場合のカロリー比較を表にしてみてみましょう。

パン粉 小麦粉
100gあたり 373 kcal 368 kcal
小さじ1のカロリー 4 kcal 11 kcal
大さじ1のカロリー 11 kcal 33 kcal
1カップのカロリー 149 kcal 405 kcal

んんっ!?

なんだか、先ほどのグラム換算で見た時のカロリーと、
ずいぶん印象が違ってきますね。

こうして、表にして比較してみると小さじ1や大さじ1の、
同じ量で計った場合はパン粉の方がカロリーが低くなります。

これは小麦粉の方が粒子が細かいので、
量で計った場合にはグラム数に違いが出るせいです。

その結果小麦粉の方がカロリーが高くなります。

Sponsored Link

パン粉の糖質について

さて、ここではついでに、
パン粉に含まれる糖質についてもみてみましょう。

糖質というのは炭水化物量から食物繊維量を引くと出てきます。

100gあたりのパン粉の炭水化物量は63.4gで、食物繊維量は4g。
なので、パン粉の糖質は59.4gになります。

    63.4g(炭水化物量) - 4g(食物繊維量) = 59.4g(糖質)

しかし、糖質59.4gといわれてもあまりピンときませんよね。
(^^;

分かりやすく身近な食べ物100あたりの糖質と比較してみましょう。

材料 糖質
パン粉 59.4g
白米 36.8g
食パン 44.4g
お餅 50.3g
うどん 25.1g
そば 20.6g
パスタ 30.3g
ショートケーキ 51.1g
アイスクリーム 22.2g
大福 39.2g

糖質の多い主食類や甘味と比較してみても、
パン粉の糖質は群を抜いて高いことが分かりました。

しかし、先にも記した通りパン粉を一度に
100g使うということはまずありません。

コロッケやトンカツの周りに付ける程度であれば、
多くても10g~20g程度しか使用しません。

糖質が低いわけではないので糖質を気にしている場合は、
大量の使用は避けた方が良いですが、
健康体の人であればそこまでパン粉の使用を気にする必要はなさそうですね。^^

Sponsored Link

まとめ

今回はパン粉のカロリーや含まれる糖質量について紹介しました。

パン粉は揚げ物だけでなくグラタンやラザニアの上に散らしたり、
オーブン焼きに使うこともあります。

100g換算で見てしまうとカロリーや糖質が高いと感じますが、
小さじ1杯など少量使う分には健康に害はありません。

ただし、カロリーや糖質が高いということは事実なので、
カロリー量や糖質を気にしている場合は、
あまりふんだんに使うのは控えるようにしましょう~。

今回は以上です。
ご参考になりましたら幸いです。
(*゚ー゚*)ノ


Sponsored Link


この記事が参考になった場合は、こちらのボタンからポチッと応援くださると管理人が喜びます(^^

おすすめ記事

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ