タコのカロリーは高い?低い?100gに含まれるタンパク質や炭水化物の量は?



お寿司のネタとしてもメジャーな、

タコ

洋風のマリネや中華風の炒め物などにも使われる合わせやすい食材ですよね。

null

何となく低カロリーなイメージがあります。

しかし!

実際にはどのくらいのカロリーなのでしょうか。

また、カロリーだけでなくタンパク質炭水化物の量なども
いわれてみればちょっと気になるところ。

と、いうことで!

今回はタコのカロリーについてまとめました。
タコを使ったいろいろな料理のカロリーをチェックしてみましょう!

Sponsored Link




100gあたりのタコのカロリー

タコのカロリーは100gあたり76kcalです。

    タコのカロリー

    100gあたり、76kcal

これは生の状態のカロリーなので、
茹でた場合は100gあたり99kcalとなります。

なんと。

茹でた方がカロリーが高いんですね~。
(ノ゚ο゚)ノ

ちなみに、

  • イカ100gは88kcal
  • エビは87kcal
  • という感じなので、魚介類の中では、
    タコは低カロリーな方だといえます。

    Sponsored Link

    タンパク質や炭水化物の量について

    カロリーだけでなく、
    ついでに中身についても見てみましょう。

    タコ100gあたりの、

    タンパク質は16.4g(65.6kcal)
    炭水化物は0.1g(0.4kcal)

    となります。

    ちなみに脂質は0.1g(0.4kcal)。
    なのでタコは炭水化物と脂質が低い割に高タンパクな食べ物といえます。

    Sponsored Link

    刺身とおでんでカロリーは違う?

    同じ100gでも生タコと茹でタコではカロリーが異なります。

    生タコ100gは76kcalで、茹でタコ100gが99kcalなので、
    タコの刺身とタコのおでんでは火が通っているおでんの方がカロリーが高くなります。

    null

    じゃあタコは生で食べれば低カロリーなんだ!

    と思うかもしれませんが、調理方法や料理によっては、
    生でもカロリーが高くなります。

    例えばタコのカルパッチョなどは生のタコを使いますが、
    大量のオイルに漬けるので自然とカロリーは高くなります。

    タコのマリネなども同様ですね。
    (^^;

    ダイエット中に食べても大丈夫?

    タコは低カロリーで高タンパクな食べ物。

    ということはダイエット向き!?

    という感じがしますが、
    実際のところはどうなのでしょうか。

    低カロリーだけど食べ過ぎ注意!

    タコは低カロリーなので太りにくい食べ物です。

    しかし、タコ単体はあまり味もなく、
    調味料を何もつけないと味気ないと感じますよね。

    そのためついつい醤油味噌ドレッシングなどの
    調味料を多く摂ってしまったりします。

    いくら低カロリーでも多く食べれば、
    その分カロリーも高くなるので食べ過ぎには注意が必要です。

    歯ごたえがあるのはタコはダイエット向き!?

    タコは強い弾力と歯ごたえが特徴です。
    実はこの特徴はダイエットに向いています。

    人の脳には満腹中枢摂食中枢があります。

    空腹時は摂食中枢が働き食事を促し、
    満腹になると満腹中枢が働きます。

    そして満腹中枢が働が働くと、

    もう食べなくてもいいよ!

    という命令を脳に出します。

    歯ごたえのあるものをよく噛むという行為は
    満腹中枢を刺激させるもの。

    なので、低カロリーでも脳が

    もう満足した

    と感じてドカ食いを防いでくれる効果があります。

    コレステロールやプリン体に注意!

    確かにタコはカロリーや脂質が低い食べ物ですが、
    コレステロールプリン体を多く含んでいます。

    適度な量のコレステロールは身体に必要なものなので問題ありませんが、
    過剰に摂取してしまうと中性脂肪内臓脂肪が増えてしまいます。

    それにプリン体の大量摂取は痛風の原因にもなります。

    また、タコはあまり消化が良くないので、
    食べ過ぎると胃腸に負担がかかります。

    低カロリーだからといって食べ過ぎてしまうと、
    体調不良の原因になるので注意しましょう。

    ・・・・・・・

    ダイエット中にタコを食べる際には、
    気を付けるポイントがいろいろとあります。

    確かに低カロリーなので太りにくい食べ物といえますが、
    コレステロールやプリン体を多く含むので

    いくら食べても大丈夫!

    という考えは危険です。

    また、消化が悪いという面もあるので、
    胃腸が弱っているときには控えるようにしましょう。

    ただしダイエット中には不向きな食べ物というわけではありません。

    タコにはタウリンという栄養素が含まれていて、
    コレステロールを抑えてくれる効果があります。

    つまり食べ過ぎには注意が必要ですが、
    一般的な量であればダイエット中に食べても問題ありません。

    Sponsored Link

    まとめ

    今回はタコのカロリーについて紹介しました。

    タコは100gあたり76kcalなので魚介類の中でも低カロリーな食べ物です。

    ただし、茹でるとちょっとカロリーは上がり、
    99kcalとなります。

    生タコ 100g 76kcal
    茹でタコ 100g 99kcal

    タコ自体にカロリーはそんなにないのですが、
    問題は味付け調理方法ですね。

    タコ焼きやタコ飯まどタコを含む料理は高カロリーなものが多いので、
    食べる際には調理方法に気を付けたいところです。

    また、カロリー以外でもタコはコレステロールやプリン体を多く含むため、
    食べ過ぎには注意が必要です。

    今回は以上です。
    ご参考になりましたら幸いです。
    (*゚ー゚*)ノ


    Sponsored Link


    この記事が参考になった場合は、こちらのボタンからポチッと応援くださると管理人が喜びます(^^

    おすすめ記事

    コメントを残す

    CAPTCHA


    サブコンテンツ

    このページの先頭へ