生姜醤油の作り方!作ったタレは何に使う?おすすめレシピも紹介!



よく居酒屋さんや小料理屋にいくと、
でてくる生姜醤油

生姜の独特な香りがふわっと広がって、
料理の味わいを引き立ててくれます。
(*^ ^*)

null

あの生姜醤油。
いったいどうやって作っているのでしょうか。

自宅で簡単に作れるのなら作ってみたいですよね。
(*゜∀゜)=3

と、いうことで!

今回は、我が家の生姜醤油の作り方について紹介します。

ついでに、作った生姜醤油のタレをつかった
おすすめの有効活用方法も紹介しますよ!
(。・∀・)ノ

それではさっそくみていきましょう!

Sponsored Link




生姜醤油の作り方

生姜醤油とひとことに言ってもその作り方は
お店やご家庭によってさまざま。

今回はその中でも特におすすめの
我が家での生姜醤油の作り方を紹介します。

生姜醤油の作り方

    材料

  • 醤油:100cc
  • 料理酒:50cc
  • みりん:50cc
  • 砂糖:小さじ1
  • 生姜:2個
作り方

1.

  • 醤油
  • 料理酒
  • みりん
  • 砂糖

を小鍋に入れて火にかけます。

2.

アルコールが飛ぶまでしっかり煮詰めましょう。

3.

アルコールが飛んだら火を止めて冷まします。

4.

生姜はよく洗って皮を剥き、薄切りにします。

5.

熱湯消毒した瓶に生姜を入れて、その上から冷ました醤油を注ぎます。

6.

フタをして3~8日漬けておきましょう。

7.

季節にもよりますが醤油に生姜の風味が付いたらできあがりです。

Sponsored Link

生姜醤油が合う料理といえば?

おいしい生姜醤油を作ったのだから、
せっかくなら有効に料理に利用したいところ!

今回は、生姜醤油が合うおすすめの料理を紹介します。

豚肉の生姜焼き
    材料(二人分)

  • 豚肉の薄切り:250g
  • 玉ねぎ:2個
  • キャベツ:1/2個
  • 生姜:1片
  • 生姜醤油:大さじ3

null

作り方

1.

生姜は皮をむいてすりおろし、玉ねぎは細切りにします。

2.

生姜醤油にすりおろした生姜を混ぜます。

3.

そこに豚肉と玉ねぎを浸して30分漬けておきましょう。

4.

フライパンにサラダ油をひいて、豚肉を焼いていきます。

5.

豚肉をひっくり返したら玉ねぎを加えましょう。

6.

豚肉と玉ねぎに火が通ったら火を止めます。

7.

キャベツを千切りにしてお皿に盛り、生姜焼きを盛り付ければできあがりです。

Sponsored Link

茄子のさっぱり生姜醤油焼き
    材料(二人分)

  • 茄子:3本
  • 生姜醤油:大さじ2
  • 大根:1/3本
  • ごま油:大さじ1
作り方

1.

茄子はヘタを切って横に三等分に切ります。

2.

フライパンにごま油をひいて茄子を並べて焼いていきましょう。

3.

焼き色が付いたらひっくり返します。

4.

生姜醤油を回しかけたら少し煮詰め、味が付いたら火を止めます。

5.

お皿に盛り付けます。

6.

大根をおろして茄子の上にのせればできあがりです。

生姜醤油の手羽先煮
    材料(二人分)

  • 手羽先:6本
  • 卵:2個
  • 生姜醤油:大さじ3
  • 水:100cc
  • お酒:大さじ1
  • はちみつ:小さじ1
作り方

1.

小鍋に卵を入れてゆで卵を作ります。

2.

殻をむいておきましょう。

3.

他の鍋に、

  • 生姜醤油
  • お酒
  • はちみつ

を入れて、その中に手羽先を入れましょう。

4.

沸騰してきたら火を弱め、落し蓋をして10分煮詰めましょう。

5.

色が付いたら火を止めてゆで卵を入れます。

6.

そのまま味が染み込むまで30分置いていきましょう。

7.

温め直したら卵を半分に切って手羽先と一緒に盛り付ければできあがりです。

Sponsored Link

まとめ

今回は生姜醤油の作り方について紹介しました。

生姜醤油はいろいろな料理に使える、
とっても便利な調味料♪

作り方もけっこう簡単ですよね。

生姜焼きなどの炒め焼き料理のイメージがあるかもしれませんが、煮物や漬けダレにも使えますよ。
(。・∀・)ノ

一度作ってストックしておき、いざという時の
晩御飯のネタにしてみてはいかがでしょうか。

今回は以上です。
ご参考になりましたら幸いです。
(*゚ー゚*)ノ


Sponsored Link


この記事が参考になった場合は、こちらのボタンからポチッと応援くださると管理人が喜びます(^^

おすすめ記事

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ