キャラウェイとは?ザワークラウトを作るときに他のハーブで代用はできるの?



最近、じわじわと人気のキャラウェイ

ザワークラウトに入っている香辛料として有名ですが、
実はライ麦パンやチーズなどにも入っていたりします。

null

ほのかな甘味と苦味、独特のぷちぷちとした
食感が特徴のキャラウェイ。

ですが、どういったハーブなのでしょうか。

また手に入らない場合に、
他のハーブで代用できるものなのでしょうか。

と、いうことで!

今回はキャラウェイについて紹介します。
さっそく見ていきましょう!

Sponsored Link




キャラウェイについて

キャラウェイというのは西アジアが原産のセリ科のハーブ。

植物自体はニンジンによく似た葉の付く背の高い草ですが、キャラウェイの名でよく出回っているのは葉ではなく種子の部分です。

種子は「キャラウェイシード」として販売されていることもあり、

  • ザワークラウトの材料
  • パン
  • ケーキ
  • オムレツ
  • といった料理のアクセントとしてよく用いられています。

    また、葉の方も刻んでスープに入れたり、
    サラダに材料にすることもあります。

    キャラウェイの栄養素

    キャラウェイはただの料理のアクセントというだけでなく、とても栄養価の高い食べ物なんです。^^

    ビタミンやミネラルが豊富で、
    最近ではその健康効果が注目されているんですよ♪

    糖質の代謝を助け、脚気予防にもなってくれるビタミンB1。

    皮膚や粘膜の成長を促してくれるビタミンB2。

    皮膚炎を予防してくれるビタミンB6。

    それにタラコやカツオなどに多く含まれる、消化分解を助けてくれるナイアシンなども多く含まれています。

    必須ミネラルのカルシウムやリン、鉄などはもちろん、高血圧を予防してくれるカリウムや骨粗しょう症予防になるマグネシウムも含まれています。

    美肌効果の高いビタミンCもたっぷりと含まれているので健康効果も高く、美容効果も高い食べ物なのです。
    (^-^)h

    Sponsored Link

    他のハーブで代用はできる?

    キャラウェイが栄養豊富なのは分かりましたが、
    やはりまだまだ日本では聞き慣れない食材ですよね。

    スーパーなどでも、あまりお目にかかることが無かったりします。

    でも食べた~い!

    という場合に何かで代用はできるのでしょうか。

    ・・・・・・・

    一番キャラウェイに似ていると言われているのが同じセリ科クミン

    クミンはハンバーグに入れることでも有名で、
    クミンやクミンシードの名でスパイス売り場に置いてあることが多いですね。

    見た目はそっくりですし、ぷちぷちとした食感も似ていますよ。

    また、フェンネルも同様にセリ科の植物で、
    種子はキャラウェイシードに似ています。

    こちらも甘味と苦味が特徴の香辛料で、
    肉料理やピクルスの風味付けなどによく用いられています。

    風味はかなりキャラウェイシードに似ていますね。

    しかし、あまりメジャーではないので近くのスーパーにない可能性もあります。
    (^^;

    どうしてもキャラウェイシードを手に入れたい!
    という場合はネット販売に頼るのもおすすめです。

    最近では業務用ではなく、自宅用のキャラウェイシードもたくさん販売していますし、缶詰、小瓶、袋、パウダータイプなど、種類も豊富です。

    また、ザワークラウトなどは、レシピによってはキャラウェイシードを入れないこともあるようです。

    一般のザワークラウトに比べれば少し違った風味になるかもしれませんが、試してみるのもいいかもしれませんね。

    Sponsored Link

    ザワークラウトの作り方

    ここではちょっと、キャラウェイシードを使わないザワークラウトの作り方をみてみましょう。

      材料

    • キャベツ:1玉
    • 粗塩:大さじ5
    • ローリエ:1枚
    • 唐辛子:1本
    作り方

    1.

    キャベツをよく洗ってから千切りしていきます。

    2.

    すべて切ったら大きなタライに入れて粗塩を加えます。

    3.

    手で揉み込んで塩揉みしていきましょう。

    4.

    塩が馴染んでしんなりしてきたら密封ビニールに入れます。

    5.

    ローリエ、唐辛子を入れたら空気が入らないように密封して、上にお皿などの重石をのせておきましょう。

    6.

    そのまま3日~10日程度おいておきます。

    7.

    季節にもよりますが、日にちが経つと、泡が出て、酸味のある香りが漂います。

    8.

    色が黄色く変化したら味見して、塩気が無くなってきたら食べ頃です。

    9.

    そのまま冷蔵庫で冷やしてから食べましょう。

    null

    キャラウェイシードを入れなくてもローリエや唐辛子などの香辛料を入れればザワークラウトっぽい風味が付きますよ。

    キャラウェイシードは風味が苦手という方も多いので、そういう方はぜひこちらのレシピを参考にしてみてくださいね。

    Sponsored Link

    まとめ

    今回はキャラウェイについて紹介しました。

    キャラウェイというのはセリ科のハーブなのでした!

    ザワークラウトなどに入っている黒いぶつぶつはキャラウェイシードといって、キャラウェイの種子です。

    ザワークラウトはキャラウェイシードを入れないでもおいしく作ることができます。

    クセがあるので苦手な方は入れないレシピもおすすめです。

    でも、できればやっぱり入れたですよね。^^
    キャラウェイシードは栄養たっぷりで美容効果も満点なので♪

    今回は以上です。
    ご参考になりましたら幸いです。
    (*゚ー゚*)ノ


    Sponsored Link


    この記事が参考になった場合は、こちらのボタンからポチッと応援くださると管理人が喜びます(^^

    おすすめ記事

    コメントを残す

    CAPTCHA


    サブコンテンツ

    このページの先頭へ