ルイボスティーの効果とは?副作用はあるの?



最近はいろいろな種類のお茶がコンビニやスーパーでお手軽に買えますよね。

中でも、ルイボスティーは健康にいいと評判でいろいろな商品が出ています。

null

でもルイボスティーって健康にいいと言っても、
いったいどのような効果があるのでしょうか。

なんとなく美容に良いという話は聞きますが、
具体的にどんな効果や効能があるのかは、
イマイチ分からないですよね。
(^^;

健康にいいとはいっても、何か落とし穴のような、
副作用があったりはしないのでしょうか。

と、いうことで!

今回はルイボスティーの効果についてまとめました。

Sponsored Link




ルイボスティーはどんなお茶?

ルイボスティーとはそもそもどんなお茶なのでしょうか。

ルイボスティーというのは、

ルイボス

という南アフリカ原産のマメ亜科の葉を抽出して作るお茶のこと。
紅茶のように鮮やかな赤茶の色が特徴で、独特な香りとほのかな甘さがあります。

お茶には珍しくカフェインやタンニンを含まないのでカフェインアレルギーの方や、妊婦さん、乳幼児でも飲むことができると注目されています。

近年ではダイエットやアンチエイジングに効果があると若い女性の間で話題になっていて、茶葉はもちろん、ティーバッグタイプやペットボトルなどのいろいろな形の商品が発売されています。

Sponsored Link

ルイボスティーの効果について

そんなルイボスティーですが、ちまたで話題になるくらいの、どのような効果・効能が期待できるのでしょうか。

ルイボスティーは強い抗酸化作用があることで知られています。

人の身体には活性酸素という細菌やウイルスから身体を守ってくれる物質があります。
しかし、これが過剰に発生してしまうと老化を進行させたり、ガンや心筋梗塞などを引き起こす原因にもなってしまいます。

そこで登場、ルイボスティー!

このお茶に含まれる、

フラボノイド

というポリフェノールの一種には、この活性酸素を除去して身体のサビを取り除き、老化やその他の病気を防いでくれる効果があるのです!

なのでアンチエイジング効果が高いと言われているんですね~。

さらに体の免疫力や新陳代謝もアップしてくれる効果もあり、身体の毒素を排出してくれるデドックス効果もあります。

代謝が上がることで余分な脂肪も落ちやすくなりますし、デドックス効果で老廃物も排出されるので、ダイエットを効果的にすることもできます。

また、美肌に必要不可欠なビタミンCや、美しい骨を作るカルシウム、余分な水分を排出してむくみを予防するカリウムなどがたくさん含まれているので、ルイボスティーはまさに女性にとっても救世主ともいえる美容効果満点の飲み物なのですね~。

Sponsored Link




副作用はあるの?

さて、ルイボスティーが美容・健康に効果があることは分かりましたが、副作用がないかというのも気になるところです。

カフェインやタンニンを含まないので妊婦さんにはおすすめと言われていますが、悪影響などは無いのでしょうか。

・・・・・・・

ルイボスティーには便秘解消効果があり、またデドックス効果もあるので余分なものが排出されやすくなります。

しかし、大量に飲んでしまうとお腹がゆるくなったり、下痢になるという方もいるようです。

しかし、これはあくまで大量に飲んでしまった場合の話なので、通常の量であれば問題ありません。

1日2、3杯程度を目安に飲むのがおすすめです。

    一日の摂取量の目安

    2~3杯程度

また、ルイボスティーには女性ホルモンであるエストロゲンの分泌を促してくれる効果があり、イライラが解消し、リラックスさせる効果があります。

しかし、リラックスの反面、眠くなってしまう効果が若干あるようです。

睡眠薬のような急激な眠気ではありませんが、仕事前などに飲むとつい、うとうとしてしまうこともあるかもしれませんね。

効果的な飲み方

さて、次にそんなルイボスティーの効果的な飲み方についてみていきましょう。

ルイボスティーはアイスでもホットでもおいしいですが、二日酔いの朝や眠れない夜などに飲むのであればホットの方が効果的です。

ルイボスティーには体内に残ったアルコールによって作られる活性酸素を除去する効果や、弱った肝臓の働きをサポートしてくれる効果があります。

なので、二日酔いには持って来い!

胃に負担がかからないように暖かくして飲むのがおすすめです。

また、精神を安定させるリラックス効果があるので眠れない夜にも効果的です。
ストレスを抑制してくれる効果もあるので疲れているときにもイライラを緩和してくれます。

牛乳にも精神をリラックスしてくれる効果があるので、ルイボスティーに牛乳を混ぜてミルクティーにして飲んでいる人も多いようです。

ルイボスティーは独特の風味があって苦手・・・

という人もいるので、飲んでみてそう感じた場合にはミルクでルイボスティーの風味を中和して飲んでみるとよいですよ。

null

実は本場南アフリカではミルクや砂糖をたっぷり混ぜて飲むのが主流だそうです♪

Sponsored Link

まとめ

今回はルイボスティーの効果について紹介しました。

他のお茶に比べればまだ知名度がないルイボスティー。

ですが、カフェインやタンニンを含まないことにプラスして、こんなにもさまざまな健康効果があったのですね~。

綺麗になりたい女性はもちろんですが、二日酔いや貧血症で困っている男性にも活用できますね。

主だった副作用はないようですが、飲みすぎるとお腹を下したり、眠くなってしまうことはあるようですね。

ちょっと香りがそんなには良くないので、たまには紅茶も飲みたくなってしまいますが、健康効果を期待して、しばらくルイボスティーを試してみたいと思います。

今回は以上です。
ご参考になりましたら幸いです。
(*゚ー゚*)ノ


Sponsored Link


この記事が参考になった場合は、こちらのボタンからポチッと応援くださると管理人が喜びます(^^

おすすめ記事

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ