赤ちゃんの鼻水の吸い方!赤ちゃんが嫌がらずに吸える方法とは?



赤ちゃんの頃は免疫機能が未熟なため、
ちょっとしたことで体調を崩しますよね。

上を向いている赤ちゃん

風邪をひくと小さな鼻の穴が、
鼻水でいっぱいになってしまいます。

気づけば鼻の周りはカピカピ…お母さんもお世話で大変です。

今回は赤ちゃんの鼻水を上手に吸う方法をご紹介したいと思います。

新米ママさんは要チェックです^^

Sponsored Link






お母さんが口で吸引する方法


年代にもよりますが、ご自分が赤ちゃんだった頃、
多くの方が「お母さんが口で吸っていた」という経験をお持ちかと思います。

お母さんが直接赤ちゃんの鼻の穴に口を当てて、
片方ずつ吸ってあげる方法です。

昔から行われてきましたが、鼻水を経由して
お母さんに風邪が移ってしまうということで、
あまりおすすめできる吸い方ではありません。

左から鼻水を出している鼻のイラスト


おすすめの方法はコレ!


お母さんに風邪が移らないように、
専用の器具を使う吸い方がおすすめです。

中でもロングセラーのおすすめが「ママ鼻水とって」です。

お母さんがくわえる吸い口と、赤ちゃんの鼻の穴に差し込む口が
チューブで繋がっていて、使い方がとてもシンプルで簡単です。

使った後は分解して隅々まで洗えるので、衛生的でもあります。

Amazonにリンクします。



耳鼻科の先生が考案し、お値段も手ごろなため、
多くのお母さんに愛用されています。

足でしっかり固定して、とても上手に吸引されています。

参考になりますよ(^^



それでもうまく吸えない場合は?


吸引器を使ってもうまく吸えない、
という場合はまず綿棒を試しましょう。

あまり深く入れずぎないように気を付けてください。

赤ちゃんの鼻腔はとても細いので、
綿棒で手入れしてあげるだけでも楽になることがあります。

高い高いをしてもらって喜んでいる赤ちゃん

鼻水がどろっとしている場合、化膿している場合は、
自宅では吸いきれないこともあるかもしれません。

赤ちゃんが苦しがっている場合は、
耳鼻科を受診して処置してもらうのもおすすめです。

素早く確実ですので、赤ちゃんが嫌がってもきちんと処置できます。

Sponsored Link


まとめ


赤ちゃんは自分で鼻がかめませんので、
こまめにとってあげてください。

ぐずっている時に無理矢理やったり、
吸引機を押し込みすぎたりすると、赤ちゃんは嫌がります。

遊びの延長のような感覚でできるように、
お母さんは笑顔で声をかけながら吸引して
あげるようにするといいですね(^^


Sponsored Link


この記事が参考になった場合は、こちらのボタンからポチッと応援くださると管理人が喜びます(^^

こんな記事も読まれています

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ