カルピスに含まれる乳酸菌!どんな効果があるの?生きてるの?



身体にいい乳酸菌飲料として有名なカルピス

すっきりしてて飲みやすく、お風呂あがりに飲むと、

クゥ~ッ!

っと、しみわたる感じですよね。^^

null

カルピスはおいしい以外に乳酸菌が含まれています。

てことは…、

「お腹にやさしいってコト?」
「生きて腸まで届く乳酸菌が含まれてるの?」

など、効果はイマイチよくわからないですよね。

と、いうことで!

今回はカルピスに含まれる乳酸菌についてまとめました。

Sponsored Link





カルピスに含まれる乳酸菌について


カルピスは牛乳から生まれた乳酸菌飲料。

お腹の調子を整えて免疫力をアップしてくれる身体に優しい飲み物だと言われています。
その理由は、というとやっぱり乳酸菌ですよね。

乳酸菌といえば、よく「生きたまま腸まで届く」と言われたりしますけど、カルピスに含まれる乳酸菌も同じなのでしょうか。

・・・・と、調べてみると~。

カルピスのパッケージの成分表示のところに乳酸菌飲料(殺菌)と書いてあります。

そう。
カルピスに含まれている乳酸菌は殺菌処理されることにより、乳酸菌自体は死んでしまっているんです。

ええッ、死んじゃってたらダメじゃん!

と、ちょっと思っちゃいますよね。

しかしこちらがカルピス公式サイトのQ&A

    「カルピス」は、できたてのおいしさを保つために最後に加熱処理をし密封しています。

    このとき、乳酸菌自体は死んでしまいますが、乳酸菌がつくりだした乳酸の作用により、おなかの環境を整えたり、発酵によってつくられたカラダによい成分や牛乳の成分が、より消化吸収しやすいカタチになっているという特性には、変わりがありません。

な、なんと!
乳酸菌は死んでいても問題ないとな!?

実際には、生きたまま腸に届けられた方がお腹には良い効果を生みそうですが、
死んでいたとしても、お腹に優しいことは変わりが無いようです。

なんだか難しいですね。(^^;

Sponsored Link


どんな効能があるの


さて、そんなカルピスに含まれる乳酸菌ですが、
いったいどのような効果があるのでしょうか。

・・・・・・・

一般的に乳酸菌は腸内環境を整えてくれる効果があるといわれています。

具体的な働きとしては、体内の善玉菌を増やすことにより、

体内にサビを作り機能を老化させる悪玉菌を減少

→ 免疫力アップ!

といった効果が期待できます。

他にも善玉菌には嬉しい健康効果があり、

  • ビタミンやホルモンの産生

  • 消化吸収力をアップ

  • 脂質代謝を促進


  • などにも役立ってくれます。

    がんばれ、乳酸菌!

    Sponsored Link


    健康的にはどうなの?


    乳酸菌はお腹に良いことはわかりましたが、
    カルピス自体は健康に良いものなのでしょうか。

    だって、カルピスって原液で飲むと、すごい甘いですよね。

    これって、

    すごい量のお砂糖が入っているからなんじゃない?

    とちょっと心配になってしまいます。

    ということで、500mlの量でお砂糖の含有量を比較してみました。

    カルピスウォーター 66g
    ファンタ 60g
    オレンジジュース 55g
    コカ・コーラ 54g

    むむ!
    コーラよりも砂糖の含有量が多いではないですか!

    ちなみにお砂糖66gは角砂糖計算だと18個分に当たります。
    ・・・これは・・・・結構お砂糖はいっていますね~。

    null

    ただし、他の食べ物のお砂糖量を調べてみたところ、

    カステラ2切れ:角砂糖20個分
    マックシェイク1杯:角砂糖30個分

    などなど。
    飲み物に限らず、砂糖は食べ物にもたくさん入っています。
    逆を言うと、普段の食べ物で、どれだけ砂糖を食べてるんだって話ですよね。
    (^^;

    そう考えると、確かにお砂糖量は多いですが、そんなにガブガブ飲まなければ問題さそうです。


    ちなみに、カルピスを規定通りに薄めた場合のカロリーは46kcal。
    低カロリーではないですが、そう高カロリーというわけでもありません。

    カロリーが気になる場合はカロリーオフのカルピスも出ています。
    カロリーも糖質も60%カット。

    これはいいですね。

    カルピスバターとは?


    ちなみに、カルピスのホームページを見ていたら、

    カルピスバター

    なるものを発見しました。

    えっ、カルピスのバターってことは、甘いの!?

    と、一瞬思ってしまいましたが、そんなことはありませんでした。
    (^^;

    カルピスバターはカルピス社が製造しているバターで、真っ白い見た目が特徴。
    カルピスを作る工程で、牛乳から乳脂肪を分離するときにできる脂肪分からバターが製造されています。

    なるほど、それは無駄がない。
    まったりと濃厚なのに後味がさっぱりしているとか。

    希少価値が高くてとても貴重なバターで、一流レストランやホテルなどで愛用されている高級バターと言われています。

    ちょっと、気になりますね。
    今度売っているのを見かけたら買ってみようかと思います。^^

    Sponsored Link


    まとめ


    今回はカルピスに含まれる乳酸菌について紹介しました。

    カルピスに入ってる乳酸菌は生きているわけではありませんでした。
    だたし、死んでいても腸内環境を整えてくれる効果や免疫力アップ効果などは残っているとのこと。

    実はこの辺の生きている、死んでいる論は学会でもいろいろと議論が繰り広げられているところ。
    将来的には、また新しい論文などが発表されて、また違った売り込みを見かけるようになるかもしれませんね。

    今回は以上です。
    ご参考になりましたら幸いです。
    (*゚ー゚*)ノ


    Sponsored Link


    この記事が参考になった場合は、こちらのボタンからポチッと応援くださると管理人が喜びます(^^

    こんな記事も読まれています

    コメントを残す

    CAPTCHA


    サブコンテンツ

    このページの先頭へ