赤ちゃんの歯!生え始めのケアはどうする?



赤ちゃんは生まれてからの成長が目覚ましく、
日々変化を感じることができます。

歯の生え始めもその一つですね。

それまでなかったものが少しずつ出てくることで、
戸惑うお母さんも多いようです。

歯固めを加えてこちらを向いている赤ちゃん

特に最初のお子さんだと、生え始めのケアが
よくわからないという声も多くあります。

そこで今回は赤ちゃんの歯が生え始める時の
ケアの方法について、紹介します(^^

Sponsored Link





赤ちゃんの歯はいつごろ生えてくるの?


歯が生える時期は、その赤ちゃんによって異なります。

大体平均すると生後6ヶ月くらいに、
下の前歯が生えてきます。

そこから上の前歯が生え、上下4本ずつに増え、
奥や犬歯が生えてくるのは1歳2ヶ月~1歳半ごろです。

新しく歯が生えるということは、
歯ぐきを突き抜けて生えてくるということです。

ですので、歯ぐきがムズムズとかゆく感じる子がほとんどのようです。

ムズムズが嫌なので、物を口に入れようとします。
歯の生え始めのサインです。

赤ちゃんが口に入れても大丈夫な専用の歯固めや、
おもちゃなどを用意しておくといいですよ(^^

赤ちゃんを左腕に抱いてほっぺにチューしているお母さん

生え始めの歯のケアはどうする?


歯が生え始めたら、ケアも始めなければ虫歯になってしまいます。

始めるタイミングはお母さんによってまちまちで、
母乳を与えている間はしないという人もいれば、
生え始めからすぐにという人もいます。

基本的には、歯が生えたら歯磨きの習慣づけも兼ねて
ケアを始めるのがいいでしょう。

最初の内はガーゼなどで歯を拭いてあげるだけで十分です。

それに慣れてきたら、乳児用歯ブラシを使ってのケアを練習しましょう。
前歯から1本ずつ、優しく磨いてあげてください。

こちらの動画は1歳の赤ちゃんの歯磨きの様子です。



やっぱりどこのご家庭も大変そうで、参考になります^^;

まとめ


生後半年くらいから赤ちゃんの歯は生えてきます。

早ければ3ヶ月くらいから、ということもあるので、
準備は早めにしておきたいですね。

最初はこまめに拭いてあげることを意識して、
お母さんも赤ちゃんと一緒に練習していくようにしましょう!

大人になっても健康な歯でいられるように、
スタートからいいケアの習慣をつけたいですね。


Sponsored Link


この記事が参考になった場合は、こちらのボタンからポチッと応援くださると管理人が喜びます(^^

こんな記事も読まれています

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ