いちごの保存方法!常温だとどれだけもつ?冷凍保存はできるの?



甘酸っぱくてみずみずしい、いちご
女の子の好きなものの定番ですよね。

null

そのまま食べたり、ジャムにするのはもちろん、パフェやパンケーキのトッピングにも使える可愛くておいしい人気のフルーツです♪

でもいちごは傷みやすくてすぐカビが生えたり黒ずんでしまうというイメージもありますよね。

なので普段は、今夜食べる分だけを買って、食べるようにしています。

でも、いちごって常温だとどのくらいもつのでしょうか。
あまっちゃったいちごを上手に保存する方法などはあるのでしょうか。

と、いうことで!

今回はいちごの効果的な保存方法についてまとめました。

Sponsored Link





いちごの保存方法について


いちごというのは柔らかくてみずみずしい分、とても傷みやすいフルーツです。

なので常温で保存できる期間はせいぜい1日程度

スーパーや八百屋さんで常温で売られていたとしても、家に帰ったらすぐに冷蔵庫に入れるようにしましょう。

もし、どうしても常温で保存したい場合は市販のパックから出してヘタを下にしてタッパーなどに入れるようにしましょう。

いちご同士が重ならないように入れるのがポイントです。

Sponsored Link


冷蔵庫で保存する場合は?


いちごの基本的な保存方法は冷蔵保存です。

いちごを買って来たら水で洗わずにヘタ部分を下にしてタッパーなどに入れて保存しましょう。

いちご同士が触れたりぶつかったりすると痛みや腐りの原因になるので、いちごが重ならないように気を付けましょう。

タッパーに入れたらそのまま野菜室などで保存しましょう。

冷蔵保存だと一週間ほど持ちます。

null

ポイントは冷蔵庫に入れる前に水洗いしないこと

フルーツは洗った方が長持ちすると思ってしまいがちですが、水分が付着することで腐食しやすくなってしまうので水洗いは厳禁なのです。
(^-^)h

Sponsored Link


冷凍保存はできるの?


さて。冷蔵庫でもがんばれば一週間くらいもついちごですが、事情によりすぐに食べない場合ってありますよね。

そんな時におすすめなのが、いちごの冷凍保存です。

冷凍保存したい場合は水でよく洗ってヘタを取り、密封ビニールなどにいれて冷凍庫で保存しましょう。

ビニールにいちごをごちゃごちゃに入れていたらいちご同士がくっついちゃった!

という場合は、製氷皿などを利用するのがおすすめです。

製氷皿にいちごを一つずつ入れフタをして冷凍するようにしましょう。
そうすれば簡単に一個ずつ取り出せます。
(´▽`v)

冷凍いちごはそのまま食べるとシャーベットのような食感になりますし、つぶしたり削ったりしてデザートにしてもおいしいですよ♪

また、解凍してジャムにしたりピューレにするという手もあります。

冷凍保存の場合は2、3ヶ月ほど保存できますが、長期間冷凍保存していると冷凍焼けし黒くなってしまったり、水分が飛んで乾燥してしまう場合が多くなります。

なので、できるだけ早めに食べるようにしましょう~。

Sponsored Link


まとめ


今回はいちごの効果的な保存方法を紹介しました。

いちごはあまり保存が効かないフルーツなので、上手な保存方法がおいしく食べるポイントになってきます。

なかなか常温保存は難しいですが、冷蔵保存なら一週間程度、冷凍保存なら2ヶ月程度保存できるので、すくに食べないという場合はぜひ試してみてくださいね。

今回は以上です。
ご参考になりましたら幸いです。
(*゚ー゚*)ノ


Sponsored Link


この記事が参考になった場合は、こちらのボタンからポチッと応援くださると管理人が喜びます(^^

こんな記事も読まれています

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ