唐辛子の効能とは?食べ過ぎると胃痛になるってホント!?



ぴりっと辛い唐辛子

丼物や汁物にアクセントを加えてくれる大切な調味料ですよね!

null

けっこう辛い料理も好きなので、我が家でも、
ぺペロンチーノとか、麻婆豆腐などにばんばん入れています。

ただ、こないだ一緒に激辛麻婆豆腐を食べた友達が、

「アレから超、おなか痛くなってさー」
「こないだ食べた麻婆豆腐の唐辛子のせいかなー」

なんて言ってたので、

  • 唐辛子って食べ過ぎると胃痛なるの?

  • そもそも唐辛子って栄養や効能はあるの?


  • などなど、ちょっと気になってしまいましたので、
    せっかくなのでまとめてみました!

    さっそくみていきましょう~。

    Sponsored Link





    唐辛子の効能


    まずは唐辛子の効能から。

    唐辛子の代表的な成分といえば、なんといってもカプサイシンです。

    カプサイシンは唐辛子に含まれている辛味の成分であり、
    食べることで脳を刺激し、アドレナリンなどのホルモンを分泌してくれます。

    アドレナリンには脂肪を分解し、活性化させ、燃焼してくれる効果があるのでダイエットには効果的となります。


    よく唐辛子を食べるとをかきますよね。

    それは代謝がアップしている証拠であり、一時的に体温が上昇して、発汗が促進されているのです。

    まるで運動をしたようにエネルギーを消費するので、食べるだけで痩せることができるというワケなのですね~。


    また、最近の研究ではカプサイシンは生活習慣病の予防にも効果的だといわれています。

    血行を促進し、代謝をアップしてくれるので、
    身体に溜まってしまった老廃物を流してくれる作用が期待されています。

    その他にも食欲増進や消化機能向上など、
    唐辛子には色々な嬉しい効果がいっぱいあります。


    唐辛子の代表的な成分は今回紹介したカプサイシンですが、

    他にも、

  • ビタミンA

  • ビタミンE

  • ビタミンB2

  • カリウム

  • 鉄分


  • などたくさんの栄養素を含んでいます。

    大量にぼりぼりと摂取できる食べ物ではありませんが、
    小さくても栄養はたっぷりなんですねー!

    なるほど~。

    ただ単に、辛さの調味料としてだけではなく、

    ポイント


  • 痩せる(結果的に)

  • 新陳代謝を高める(発汗作用による)

  • 辛さだけではなくその他の栄養もある


  • というわけなのですね~。
    (^-^)h

    では次に、私の友達が胃痛になったのは、
    やっぱり唐辛子の生だったのか。

    唐辛子を食べ過ぎるととうなるかについてみてみましょう!

    Sponsored Link


    唐辛子を食べ過ぎるとどうなる?


    唐辛子の健康効果を紹介しましたが、唐辛子には食べ過ぎるとよくないという説もあります。

    ではその説をいくつか紹介していきましょう。

    カプサイシンには毒がある?

    カプサイシンには毒があるとされていて、カプサイシンを多く含むキムチは輸入しないと決めている国もあるそうです。

    確かにカプサイシンには致死量というものがあり、それを越えるほどの量を摂取してしまうと死に至ることもあるようです。

    null

    しかし、カプサイシンの毒は唐辛子1gあたりに約3mgしか含まれていないので、致死量分を摂取しようとすると1kg食べる計算になります。

    そもそも食品の中には少なからず致死量というものがあり、摂りすぎると身体を壊すのは当たり前なので、それは唐辛子に限ったことではないようですね。

    唐辛子は脳に悪影響?

    カプサイシンを摂るとアドレナリンが出るというのは先に紹介しましたが、アドレナリンが過剰に分泌してしまうと脳にストレスとあたえ睡眠障害や精神疾患を引き起こしてしまうという説があるようです。

    こういった症状は実際に唐辛子を大量に消費する韓国などでは例のある疾患なのですが、日本ではそこまで唐辛子の入ったキムチ等の消費量は高くありません。

    過剰な摂取は危ないですが、やはり程度問題と考えていいでしょう。

    Sponsored Link


    胃痛になることはある?

    唐辛子をたくさん食べて胃痛になるか、については実験して試してみた人がやっぱり過去にいたようです。

    その結果によると、唐辛子を食べ過ぎると(目安として10gほど)胃酸分泌量が多くなり、胃への刺激も多くなるようです。

    ただし、少量の唐辛子では(目安として0.1g程度)程よく刺激されて逆に胃酸分泌を抑える効果があったようです。

    うーん。あの麻婆豆腐、唐辛子がまるごと7~8個入っていましたからね。
    (^^;

    私は、1つくらいしか食べなかったのですが、友人は全部食べていたので、唐辛子の食べすぎによる胃痛という可能性も、やっぱり否定できないですね。

    何事もほどほどが一番!ということですかネ。
    (;´▽`A“

    Sponsored Link


    まとめ


    今回は唐辛子の効能について紹介しました。

    唐辛子にはカプサイシンよいう辛味成分が含まれていて、

  • ダイエット

  • 食欲増進

  • 消化機能の向上


  • などに効果があるようです。

    また食べ過ぎると良くないといわれていますが少量の摂取であればむしろ健康に良いですが、過剰摂取すると胃を刺激しすぎてよくないようですね~。

    次回からは、自宅で作る料理でも、気持ち唐辛子の分量に気をつけるようにしようかと思います。
    (^^;

    まぁ、私は唐辛子で胃痛になったことはないんですけどね。

    今回は以上です。
    ご参考になりましたら幸いです。
    (*゚ー゚*)ノ


    Sponsored Link


    この記事が参考になった場合は、こちらのボタンからポチッと応援くださると管理人が喜びます(^^

    こんな記事も読まれています

    コメントを残す

    CAPTCHA


    サブコンテンツ

    このページの先頭へ