スパゲティとパスタの違いは?2つの言い方があるのはなぜ?パスタの種類も紹介!



日本で人気のイタリアンメニューは?
と言われて、ぱっと思いつくのは、

スパゲティ

ですよね。

null

しかしコレ、お店によっては「パスタ」という呼ばれ方もしています。
なんとなくパスタという方がオシャレな印象はあるものの・・・・

スパゲティパスタ


・・・この2つはいったい何が違うのでしょう?

形状の違いなのか?
はたまた味付けによって名称が異なるのでしょうか?

今回はスパゲティとパスタの違い
また、2つの言い方が存在する理由について紹介します。

Sponsored Link





スパゲティとパスタの違いとは?


スパゲティというのはイタリア語で「ヒモ」という意味であり、
ヒモのように細長いロングパスタのことを指します。

スパゲティ、スパゲッティと呼ばれていて、
太さが2mm弱のものをこう呼ぶそうです。

ちなみにもう少し細いものは「スパゲッティーニ」と呼ばれます。

うーむ。
いかにも巻き舌でイタリアーノなイメージですね。



一方、パスタというのは日本で言う、
麺類」と同様の意味を持つイタリア語であり、
デュラム小麦を水や塩で練って作った食品の総称です。

つまり、パスタというのはイタリア発祥の麺類全体を指し、
その麺類の種類としてスパゲティがあるということなのです。

null

日本ではスパゲティが一番有名ですが、パスタにはスパゲティ以外にもたくさんの種類があるんです。
(^-^)h

では実際にどのような種類のパスタが存在するのでしょうか。
次は、パスタの種類をみていきましょう。

Sponsored Link


パスタの種類


ロングパスタ

スパゲティでお馴染みのロングパスタは、
細長い麺を巻き付けたり、すすったりして食べる、
ヌードルのような要素があります。

スパゲティより細めの「スパゲッティーニ」や、
それよりさらに細い「フェデリーニ」や「カペッリーニ」。

また、楕円形の断面を持つ「リングイネ」や、
平打ち麺の「フェットゥチーネ」などは、最近、日本国内でも耳にしますよね。

変わったところでは麺の中央に穴が空いている「ブカティーニ」などがあります。

ショートパスタ

ショートパスタは、その名の通り短い形状のパスタを指します。

グラタンでお馴染みのマカロニや、
斜めにカットしてあるペンネは有名ですよね。

その他にも蝶の形をした「ファルファッレ」や、
小さく巻いて貝殻に見立てた「コンキリエ」、
らせん状の「フジッリ」などがあります。

遊び心のある可愛らしいパスタが多いですね♪

null
具入りのパスタ

あらかじめパスタの中にひき肉や野菜が入っている、
具入りのパスタも多くあります。

四角形のパスタを2枚で閉じる「ラビオリ」や、
端を合わせて三角形に折る「トルテッリーニ」は、
煮たり炒めたりして食べます。

また、「パンツェロッティ」のように具を入れてから、
油でカラッと揚げるパスタもあります。

その他のパスタ

パスタというイメージからは遠いかもしれませんが、

板状をした「ラザニア」や、
潰したジャガイモと混ぜて作るだんご状の「ニョッキ」も、

実はパスタの仲間なのです。

モロッコ料理で有名な「クスクス」もパスタの仲間なのです~。



ということで、ひとくちに「パスタ」といっても、
実はさまざまな種類が存在するのです!

一部ではありますが、今回紹介したパスタを
表にまとめましたのでご参考ください。

ロングパスタ スパゲッティーニ
フェデリーニ
カペッリーニ
フェットゥチーネ
ブカティーニ
ショートパスタ マカロニ
ペンネ
ファルファッレ
コンキリエ
フジッリ
具入りパスタ ラビオリ
トルテッリーニ
パンツェロッティ
その他のパスタ ラザニア
ニョッキ
クスクス

Sponsored Link


なぜ2つの言い方が登場したの?


なぜスパゲティという呼び方とパスタという、
2つの呼び方が存在するのでしょうか。

それは日本に入ってきた順番に関係しています。

日本に初めてパスタが入ってきたのは明治16年ごろ。

その頃はまだ一般化されていなかったので、
高級ホテル高級レストランでしか食べることはできませんでした。

そして当時日本で食べられていたのは、ロングパスタであるスパゲティでした。

なので、「パスタ」という言葉より、「スパゲティ」という言葉の方が先行して日本に根付いていったのです。

その後、本場イタリアの様々な形状のパスタが日本にも入ってきたので、スパゲティという呼び方と、パスタという呼び方の2通りが存在してしまったんですね!

Sponsored Link


まとめ


今回はスパゲティとパスタの違いについて紹介しました。

2つは違うものではなく、

パスタというくくりの中にスパゲティが存在する


ということだったんですね!

よくよく調べてみると実にたくさんの種類のパスタがありましたね~。

普段は「スパゲティ」の名称がなじみ深いですが、今度イタリアン料理屋さんに行った時に、注文した「パスタ」がどんな形をしているかをチェックしてみるのも面白いですね。

今回は以上です。
ご参考になりましたら幸いです。
(*゚ー゚*)ノ


Sponsored Link


この記事が参考になった場合は、こちらのボタンからポチッと応援くださると管理人が喜びます(^^

こんな記事も読まれています

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ