生クリームの代用品まとめ!牛乳、豆腐、ヨーグルト、バターなど



ケーキやプリンに大活躍の生クリーム

泡立ててホイップクリームにしても美味しいですよね~♪

null

お菓子を作る時には必須となる生クリームですが、
作っている最中に、時にはうっかり、

ハッΣ(・∀・)生クリームが….足りない

なんてことも。

とはいえ、もう1つ用意したところで、生クリームって
一回で使い切ることを考えると結構お高めですし、
あまり日持ちもしませんよね…orz


「これから買いに行くというのも面倒だし、いますぐ欲しい!

というときに身近な食材で、
生クリームの代用となるものがあったらよいですよね(・∀・)

と、いうことで!

今回は牛乳やヨーグルトなど生クリームの代用品になるものをチェックしていきましょう~。

まずは「牛乳」からっ!

Sponsored Link





牛乳は生クリームの代用品になる?


生クリームと似たものは…

と考えたときに一番最初に思い浮かべるのはやっぱり牛乳じゃないでしょうか。

形状が似てますし、なにより同じ乳製品という共通点があります。

・・・。

しかし、残念なお知らせが…。

牛乳と生クリームは確かに牛のお乳から作られていますが、製造方法が異なるのです。

どういうことかというと、

牛乳は「牛のお乳の中の脂肪粒子を細かくした後に殺菌したもの」であり、
一方、生クリームは「殺菌した牛乳を分離させ乳脂肪分を濃縮したもの」なのです。


つまり、生クリームは牛乳の状態から、さらにひと過程手を加えているものなので、
まったくの別物となってしまっているのです~ヾ(;´▽`A“


作るものにもよりますが、牛乳を使っても生クリームのようなコクを出すことは難しいでしょう。

たとえば、シチューに加える生クリームを牛乳で代用する程度であれば大丈夫だと思いますが、
牛乳をどんなに泡立ててももちろんホイップクリームを作ることは出来ませんね~・・・。

プリンカルボナーラであれば生クリームの代用品に牛乳を使っても少々コクが落ちる程度で済むかもしれません。


なんとか牛乳で代用したい!

という場合は牛乳にバターを混ぜるという裏技もありますよ♪


牛乳よりやや多めのバターを用意し、小鍋に入れて火に掛けます。
沸騰させないようにバターを溶かせば即席生クリームの完成♪


ちなみに生クリームをさらに遠心分離させるとバターになります。

昔、学校で実験しませんでした?
手で振り続けるとバターになるんですよ~。

Sponsored Link


生クリームの代用となる「豆腐クリーム」とは?


さて。お次は豆腐を使った「豆腐クリーム」のご紹介です。

豆腐クリームとはその名の通り豆腐をクリーム状にしたもの

内容は豆腐ですが、形状や使用用途としては、
かなり生クリームに近い使い方が可能です。

null

作り方は実にカンタン。

まず、豆腐を水切りしましょう。
茹でても良いですし、電子レンジでも大丈夫です。

水切りした豆腐をフードプロセッサーに入れてかき混ぜるだけで豆腐クリームの出来上がり!

この時のポイントは、なるべくしっかり混ぜること。


そうすることで豆腐の臭みが少なくなり、より生クリームに近い食感になります。


これであれば、グラタンドリアなどの料理に使う時は生クリームの代わりになりますし、
塩コショウで味付けし、野菜をディップしても美味しいですよ!

生クリームに比べても、とてもヘルシーですし、カロリーも大幅にカットできます。
なんてったって、元は豆ですからね。

乳製品ではないのでアレルギーがある場合でも安心して食べることが出来ます(´▽`v)

Sponsored Link


生クリームの代わりにヨーグルトはアリ?


生クリームは冷たいデザート系に入れることも多いですよね。
そんなときに代用品として使えるのがヨーグルト

布巾で包んで水気を切ると水分であるホエ―ヨーグルトに分かれます。

ホエーとは乳清とも呼ばれる透明な液のこと。
冷蔵庫にヨーグルトを入れておくと液が染み出したりしてることがありますよね。
アレと同じです。

水分がなくなったヨーグルトはねっとりとして、チーズクリームみたいに濃厚になります♪


これを裏ごしすると凄く滑らかなクリームになるのです~。
こちらの代用品であればお菓子作りにも使えますよ(´▽`v)

たとえばチーズケーキなどには最適!
冷たいままレアチーズケーキにしても良いですし、
焼いてベイクドチーズケーキにすれば風味も豊かになります♪

クリーミーな味わいはムースババロアにも似ているので、
生クリームの代用品に使えば一風変わったヘルシーデザートの完成です(・∀・)b

Sponsored Link


まとめ


今回は生クリームを切らしてしまった時に代用できるものについて紹介しました。

作るものによって変わってはくるものの、
けっこう色々な食材が代用品になるものですね~。

やっぱり性質が違うので生クリームそのものに変身させることは出来ませんが、
その食材の特性を活かした使い方をすることで、いつもと違った味わいを出すことも可能です。

うっかり生クリーム切らしてた!

というときは是非試してみてくださいね!

今回は以上です。
参考になりましたら幸いです(*゚ー゚*)ノ


Sponsored Link


この記事が参考になった場合は、こちらのボタンからポチッと応援くださると管理人が喜びます(^^

こんな記事も読まれています

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ