土用の丑の日になぜうなぎ?その由来とは?



世間一般では、うなぎと言えば
“土用の丑の日”ですよね。

お吸い物と一緒に膳に載っているうな重定食

でも、土用の丑の日ってなに?
って思う方も多いはず。

私もうなぎは大好きですがどうして
土用の丑の日にうなぎなのか知りませんでした。

そこで今回は土用の丑の日について
一緒に学んでいきましょう(*^-^*)

Sponsored Link






そもそも土用ってどういう意味?


私が幼い頃“どよう”と聞いて土曜を想像して
実際の漢字を見て驚いた事がありまし(笑)

少なからず、このような経験があるのは
私だけではないと思っています^^;

ではこの土用とは一体どうゆう意味なのでしょうか。

土用とは古代中国の暦法にある“五行説”からきています。

この五行説とは、この世のすべての事象は
「木・火・土・金・水」の5つに分類されます。

それを季節に当てはめると、
木は春、火は夏、金は秋、水は冬となります。

しかし、土が残ってしまいこの土は
それぞれの季節の終盤約18日間に当てはめられました。

これが土用になります。

右手を軽く顎に添えて空中を見つめている女の子

もう少し詳しく見てみましょう。

季節の終盤約18日間と上記で書きましたが、
この季節の終盤約18日間を四立(しりゅう)といいます。

四立とは「立春、立夏、立秋、立冬」を意味し、
この4つの「立」を総称してこう呼んでいます。

要するに、土用とは立春、立夏、立秋、立冬の
終盤約18日間の事なのですね^^

Sponsored Link


丑の日ってどんな日?


次に「丑の日」についてです。

この丑とは、十二千支の事です。

これは年だけでなく、
月にも、日にも時間にも当てはまります。

つまり、約18日間の土用の期間のうち、
12周期で割り当てられている十二干支の丑の日が当てはまります。

上記でも書きましたが、土用は
立春、立夏、立秋、立冬の終盤約18日間の事。

今では一般的に夏が土用の丑の日と言われますが、
実は年に4回ある事になります。

左手の人差し指を上に向けて立てている女性

ちなみに2015年の土用の丑の日を紹介しますと、
(冬は終わってしまったので)

春:4/19 夏:7/24、8/25 秋:10/28

となります。

春の土用の丑の日がもうじきです!

Sponsored Link


夏の土用の丑の日にうなぎが登場する由来とは?


夏バテに効果があるから・・・

もそうですが時代は江戸時代までさかのぼります。

一般的に言われているのが、「平賀源内説」です。

はまきをふかしている江戸時代風の男性の絵

暑い時にうなぎの蒲焼が売れなくて困っていると、
うなぎやから相談を受けた源内。

それでは、「う」から始まる字の付く食べ物を
食べると夏負けしないで元気に過ごせるという事で、
うなぎ屋に「本日 丑の日」と書いた貼り紙を提案したそうです。

それをみた庶民はうなぎを買い求める様になり、
土用の丑の日はうなぎを食べるという事が一般的になりました。

しかし、夏バテにも効果があるのは確かです。

うなぎには、疲労回復に効くビタミン類や、
エネルギー源が豊富に含まれています。

夏バテ以外にも、風邪予防や滋養強壮にも
効果があるので夏以外にもおすすめです^^

Sponsored Link


まとめ


土用の丑の日について学べましたでしょうか?

古代中国にいったり、江戸時代にいったり、
結構奥が深かったですね。

もっと深い所までいくと、
風水なども絡んでくるようです^^;

これでお子さんに「土用の丑の日ってなに?」と
聞かれてもバッチリ答えられますね!(^^)!


Sponsored Link


この記事が参考になった場合は、こちらのボタンからポチッと応援くださると管理人が喜びます(^^

こんな記事も読まれています

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ