納豆のカロリーは1パックどれくらい?ダイエットにも使える?



健康食品としても名の高い納豆

ほかほかご飯のお供にもぴったりですし、
イカ納豆などのおつまみとしても重宝しますよね~

おかずが少し足りないかな

って時は納豆があると便利~。
ご飯がぐんぐん進んじゃいます。

null

困ったときのもう1品として大活躍の納豆ですが、
そんな納豆の1パックあたりのカロリーってどれくらいなのでしょうか。

大豆が美容に良いのは有名な話ですし、
カロリーも低いのであればダイエットにも使えちゃうかもしれませんよね!

と、いうことで!

今回は納豆のカロリー成分ダイエットに効果的かどうかという点を検証していきましょう!

Sponsored Link





納豆のカロリー量について


ではまずは、肝心のカロリー量をチェック!

    納豆のカロリー

    100Gあたり200Kcal

おおっ!?ちょっと高いかな?と思いますよね。

ちょっとまってください。これはあくまで”100gあたり”のカロリー。
1パック計算となるとだいたい50gなので、約100kcalということになります。

ちなみに付属のたれは6kcal、からしは3kcalだそうです。


100kcalというとジュース1杯分や、チョコレート5カケ分に相当します。

まあ、野菜類と比べたらカロリーは高く思えますが、2、3個食べるとすぐに200kcalを越えてしまう揚げ物や、300kcal近い脂の乗ったお肉と比較すれば、ずっと低カロリーとなります。

null

ただし、カロリーだけでは計れない納豆の底力

お次は、納豆に含まれる成分についてチェックしてみましょう。
ダイエットに関連するような効果や効能はふくまれるのでしょうか。

お次は納豆の驚くべき成分についてみていきましょう。

Sponsored Link


納豆に含まれる成分について


納豆は優良なタンパク質

肉や魚もタンパク質ですが、納豆の場合は植物性タンパク質となり脂質も少ないのです。
そして、基礎代謝を高め、脂肪を燃えやすくしてくれる効果があります。
また、ビタミンミネラルも豊富なので栄養バランスもばっちり!

そして納豆の代表的な成分である、

ナットウキナーゼ。」

これは納豆のネバネバの元になっている成分でもあります。

このナットウキナーゼは血栓を溶かし、血液をサラサラにしてくれる効果があるので、
高血圧防止や、悪玉コレステロールの抑制、メタボリック対策にも効果的なのです。

Sponsored Link


納豆はダイエットにも使える?


納豆には脂肪を燃えやすくする効果や、血液サラサラ効果があることが分かりました!

それだけではなく、大豆に含まれている「サポニン」という成分。

これには、糖質が身体に過剰に吸収されるのを防いでくれる効果もあり、
腹持ちが良くて満腹感があるという特徴があります。

納豆を食べていれば痩せる、というよりダイエットの強い味方
頼れるサポート役として上手く納豆を活用することが重要みたいですね。


ダイエット効果を高めたいという場合は、

  • お肉の代わりに納豆を使った納豆オムレツ

  • 納豆をトッピングして満足感をアップした納豆うどん


  • など、意識してお肉を減らして納豆を食べるようにするとより効果が期待できですよ!

    Sponsored Link


    まとめ


    今回は納豆のカロリー量や、ダイエット効果があるのかどうかについて紹介しました。

    凄く低カロリーというわけではありませんが、
    上手く利用すればおなかのお肉を効果的に減らしていくことができそうですね(^^

    もう1品のおかずになるというだけでなく、
    良質なタンパク質脂肪燃焼効果を兼ね備えた納豆。

    このようなビタミンとミネラルの豊富な食材を上手に食事に摂り入れていきたいものですね~♪

    ただし、定期的に食べるからといってたくさん買いだめしてしまうと、
    ちょっと気になってしまうのが賞味期限切れになった納豆。
    (^^;

    「どれくらい賞味期限が切れても大丈夫かな~」

    ということについては、こちらの記事でまとめていますので、
    よろしければご参考くださいね!

    >> 納豆の賞味期限切れは食べても大丈夫?2週間や1ヶ月経ってる場合は?

    今回は以上です。
    参考になりましたら幸いです(*゚ー゚*)ノ


    Sponsored Link


    この記事が参考になった場合は、こちらのボタンからポチッと応援くださると管理人が喜びます(^^

    こんな記事も読まれています

    コメントを残す

    CAPTCHA


    サブコンテンツ

    このページの先頭へ