豆乳の効果は女性と男性で違う?飲む時間はいつ飲むの効果的?



最近、巷で騒がれている豆乳健康法

ちらほらテレビや雑誌などで見たりしますよね~。

流行に敏感な男性は豆乳で筋肉アップや髪の毛のケアをしているようですし、
一方、女性は豆乳でバストアップを目指している方が多いよう・・・

なぜ豆乳で髪の毛やバスとアップという話になるのでしょうか?

そもそも男性女性で効果が違うというのも、
どういった理由に寄るものなのでしょうか?

何だか謎だらけの豆乳・・・。

null

今回は気になる豆乳効果のアレコレをご紹介。

効果が出やすい飲み方飲む時間帯などもチェックです♪

それではさっそくみていきましょう~。

Sponsored Link





豆乳の効果【男性編】


一昔前は、

豆乳 = 女性の健康

というイメージでしたよね(^^

しかし最近では豆乳の効果を期待して食事に摂り入れている男性も多いのです。


特に取りざたされているのが「筋肉」と「髪の毛」への効能。
一体なぜ豆乳を飲むと筋肉と髪の毛に良い影響が出るのでしょうか~。


実は豆乳は植物性の良性タンパク質
これは、筋肉を付けるのに適しているのです。

null

さらに豆乳に含まれる、

  • アルギニン

  • リジン


  • この2つは成長ホルモンを分泌する効果があります。
    なので、筋トレもプラスすれば筋肉増量に効果大なのですね~。

    また、豆乳には血流を良くし、全身に栄養が届かせる効果や、
    髪や肌の艶を良くする効果があるので育毛効果も期待されています。

    太く丈夫な髪の毛を生やしたいのであれば豆乳は持って来いですね♪

    とはいえ豆乳を飲んですぐに効果が出るわけではありません。
    個人差もありますが大体1ヶ月程度飲み続けると徐々に効果が出てくるそうです。

    豆の芽が出るエネルギーを髪の毛に適用しちゃう感じでしょうか~。
    そんな方法があったんですね~。

    Sponsored Link


    豆乳の効果【女性編】


      豆乳に含まれる「大豆イソフラボン」が女性ホルモンである「エストロゲン」と似た効果がある。

    というのは有名な話です。

    エストロゲンが多く分泌されることで乳腺の発達を促し、
    バストの張りや潤いが保たれ、バストアップにも繋がるとか。

    エストロゲンと構造の似た大豆イソフラボンでも同様の効果がある!
    と期待され、注目を集めているようですね。

    最近、日本人にAカップの女性が減っているという話を聞きましたが、
    ひょっとして豆乳の影響なのでしょうか(笑)

    Sponsored Link


    いつ飲むのが効果的?


    じゃあ豆乳飲んでればOKね!

    ・・・いやいや!

    実はただ飲んでいれば良いというわけではないのです。
    飲み方にもポイントがあるようです。

    豆乳を飲むのに適した時間帯は朝!


    起きてすぐの身体は栄養が吸収されやすくなっているので効果的。
    また、昼や夜の食前も食事前に必要な栄養分が摂取できるので有効ですよ♪

    ちなみに1日に必要な摂取量は70~75mg

    200mlのパックなら2パック弱になります。

    しかし大豆イソフラボンは納豆豆腐にも含まれているので、
    日常的にこれらの食事をとっている場合、
    豆乳は1日に1パックで十分ですよ(^^

    Sponsored Link


    まとめ


    今回は巷で話題となっている豆乳の効果について紹介しました。

    身体に関する悩みって男女でそれぞれ別なので、
    どちらにも効果のある豆乳は嬉しい飲み物ですよね~(^^

    飲み物としてだけじゃなく、料理にも利用したい!

    という方はお鍋に入れて豆乳鍋にしたり、
    牛乳の代わりにシチューに入れたり、
    豆乳ヨーグルトでデザートとして楽しむ。

    というのもおすすめですよ(^^v


    こちらの記事では、豆乳ヨーグルトの作り方をまとめていますので、
    よろしければ併せてチェックしてみてくださいね!

    >> 豆乳ヨーグルトの作り方!失敗しない簡単な作り方も紹介!


    今回は以上です。
    参考になりましたら幸いです(*゚ー゚*)ノ


    Sponsored Link


    この記事が参考になった場合は、こちらのボタンからポチッと応援くださると管理人が喜びます(^^

    こんな記事も読まれています

    コメントを残す

    CAPTCHA


    サブコンテンツ

    このページの先頭へ