チョコレートの効能とは?脳にいいって本当?



甘い物を代表するチョコレート。

半分よりも右側に大目に割れた板チョコレート

今は、女性だけでなくスイーツ男子や、
甘党男子なんて言葉もあるように、
男女問わず好まれている食べ物です。

もちろん私も大好きです^^!

そんなチョコレートですが、
体や脳に良いという話を耳にした事ありませんか?

今回は、スイーツの視点からではなく、
効能・効果の視点からチョコレートを見ていきたいと思います。

Sponsored Link






チョコレートってどんな効能があるの?


何となく体に良いとは聞いた事あるけど、
あまり詳しくは知らないという方!

結構チョコレートって凄いんです!

チョコレートの原料のカカオ・ポリフェノール

このカカオ・ポリフェノールには、
がんや動脈硬化などを抑える働きがあります。


この、カカオ・ポリフェノールは赤ワインにも含まれていますが、
チョコレートには赤ワインより多く含まれている事が分かっています。

また、アレルギー、ストレス緩和などにも効果があります。


アレルギーやストレスの原因は活性酸素の過剰な働きによるものです。
この過剰な働きをカカオ・ポリフェノールで抑える事が出来ます。


花粉症にチョコレートが効くという事は
この効能によるものだったのですね^^

重なり合っておいてある花粉症用のマスク

ここで注意が必要なのは、“食べ過ぎない事”

花粉症対策には効果が無くなってしまいます。
少しずつを毎日がベストです。

そんなチョコレートに含まれる成分をチェック!


では、チョコレートにはカカオ・ポリフェノール以外に
どんな物が含まれているのでしょうか。


デオブロミン

この成分は集中力や記憶力、思考力を高め、
リラックス効果も期待できます。

疲れている時に私もよく食べます(*^-^*)


ブドウ糖
脳のエネルギーになる成分です。

このため、脳に栄養が補給され、
脳の活性化疲労回復といった効果があります。

オレイン酸。善玉コレステロールは減らさないですが、
悪玉コレステロールは減らす効果があります。

また、便秘予防、肌の健康維持にも効果を発揮します。


GABA(ギャバ)

気にぶら下がって実っているオレンジ色の木の実

これはCMなどでも目にした事がありますね^^

リラックス効果があるとされる、アミノ酸の一種です。
他にも、ビタミン、ミネラル類が含まれ脳の代謝を助けてくれます。

こんなにもたくさんの物が含まれていたのは驚きました。
今すぐにでもチョコレートを食べたくなりますね(笑)

Sponsored Link



脳を活性化するチョコレートの食べ方とは?


頭を働かせたい1時間前に食べるのがベストと言われています。

ペンの下半分をほほにあてて空中を眺める女性


チョコレートを食べると、約1時間で血糖値や抗酸化作用の
ピークを迎え2時間後には徐々に下がっていくからです。

また、食べる種類としてはブドウ糖が多く含まれている
「ビターチョコレート」が良いかと思います。


タイミングと種類を分けて食べるとより効果的なんですね^^

Sponsored Link


まとめ


普段何気なく食べているチョコレート。

実は色々な効能・効果があり驚きました!

脳を活性化させてお仕事に臨みたいなら
朝に食べて行くと良いかもしれませんね^^


Sponsored Link


この記事が参考になった場合は、こちらのボタンからポチッと応援くださると管理人が喜びます(^^

こんな記事も読まれています

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ