カシューナッツの栄養!その健康効果とは?おいしい食べ方も紹介♪



くるんと曲がった形をしていて、香ばしい風味とカリッとした食感が特徴の、

カシューナッツ

null

ケーキやクッキーなどのお菓子にアクセントとしてよく入っていますし、ビールやワインのおつまみとしても最高ですよね♪
でも、料理やバター炒めなど、既製品として出回ることが多く、単体の栄養についてはあまり注目されていなかったりします。

そこで今回は、そんなカシューナッツの栄養と健康効果をチェック!
美味しい食べ方などもご紹介するので、参考下さいね♪

Sponsored Link





カシューナッツに含まれる栄養成分


ナッツ類は小粒だけど栄養がたくさん詰まっている!

というイメージありますよね(^^

カシューナッツはそのイメージ通り、

  • 亜鉛

  • マグネシウム


  • ビタミンB1


などがたっぷり含まれています。

普段、なかなかとりにくい栄養成分がたくさん取れてしまうので、なんだかお得なカシューナッツ。

でも、

ナッツってカロリー高いんでしょ?

とか、ちょっと心配になっちゃいますよね(^^;


確かにカシューナッツの食べ過ぎは肥満の元ですが、カシューナッツに含まれるオレイン酸は悪玉コレステロールを排出してくれるという効果があるのです!

適切な量を心掛ければ肥満症やメタボリックシンドロームの予防にもなるのです~♪

でも、やっぱり食べすぎるとちょっとマズイことも・・・。

どんな人がカシューナッツの食べすぎによろしくないかは、こちらの記事にまとめてありますので、「キニナル!」という人はチェックしてみてくださいね(^^ゞ

>> カシューナッツを食べ過ぎるとどうなる?こんな人は要注意!

カシューナッツの健康効果について


さてさて、カシューナッツには亜鉛や鉄分、マグネシウムがたっぷりだということがわかりましたが、気になる健康効果をご紹介☆

まず、亜鉛には、カルシウムの吸収率を高める効能があります。

なので、カシューナッツを食べながら牛乳や魚を摂ると、カルシウムの吸収率もググッとアップ
身長にお悩みのある方はお試しあれ~。

また、亜鉛には育毛効果もあるという話も。

次に鉄分

鉄分が貧血に効果的ということは広く知られていますが、実はマグネシウムにも血液の循環を促す効果があるので、貧血症に悩んでいる女性は積極的にカシューナッツを取り入れるとGOOD

マグネシウムと鉄のコンボで貧血撃退です(´▽`v)

カシューナッツをおいしく食べよう♪


お待ちかねっ

毎日ちょっとずつ、ぽりぽりやっても良いですが、やっぱり料理に使うと栄養の吸収もおいしさもあっぷ↑あっぷ↑

お次はカシューナッツの美味しいレシピをご紹介します♪

鶏肉とカシューナッツの炒め物(二人分)

1.

カシューナッツ15~20粒は乾煎りして香ばしくしておきましょう。

2.

鶏肉200gを食べやすい大きさに切り、ピーマン2個と玉ねぎ1/2を細切りにしておきます。

3.

フライパンに油をひいて、鶏肉を炒めていきましょう。

4.

次に玉ねぎ、ピーマン、カシューナッツを入れて、鶏肉に焼き色が付いたら、

  • 酒:大さじ1

  • オイスターソース:大さじ1

  • 醤油:大さじ1

  • 砂糖:小さじ1


を入れて味が馴染んだら出来上がりです。

null


カシューナッツのバターケーキ(二人分)

1.

カシューナッツ100gをミキサーに掛けて砕きます。

2.

砕いたナッツと小麦粉50gを合わせます。

3.

  • 溶き卵:1個

  • 砂糖:100g

  • 溶かしバター:10g


を加えて、さっくり混ぜ合わせお好みの方に流しましょう。

4.

空気を抜いてから180度に余熱を入れたオーブンで15分~20分焼きましょう。

5.

美味しそうな焼き色が付いたら出来上がりです。

Sponsored Link


まとめ


カシューナッツはおつまみミックスなどによく入っているので、そのままつまむというイメージが強いかもしれませんし、そのまま食べたって勿論美味しいです。

が!

炒め物やサラダに入れても美味しく、十分に料理のアクセントになってくれるのでカシューナッツ料理をご自宅で試してみるのもおすすめですよ♪

今回は以上です。
参考になりましたら幸いです(*゚ー゚*)ノ


Sponsored Link


この記事が参考になった場合は、こちらのボタンからポチッと応援くださると管理人が喜びます(^^

こんな記事も読まれています

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ