片栗粉の保存はやっぱり冷蔵庫?粉ダニが出ず、長期保存ができる方法とは?



中華丼やかに玉、餡かけ料理などに欠かせない、

片栗粉

null

片栗粉をいれると、トロっとした贅沢な口当たりが増すので、
よく中華や汁物に使ったりしますよね(^^

しかしちょっと考えものなのが保存方法

よく使うので、コンロの奥のあたりにペロっと置いとけば、
使いたい時にぱっと取れて便利ではあるのですが・・・。

みたことあります?
あまり口にも出したくない、アイツ。

粉ダ○・・・

ヤツが発生してしまったりしたら完全にアウトですが、
しばらく使わない場合など、悪くなってしまわないかちょっと心配ですよね。

  • やはり片栗粉は冷蔵庫で保存すべき?

  • 長持ちさせるGOODな方法とは?


  • 今回は、そんな片栗粉の保存方法についてまとめました。

    Sponsored Link





    片栗粉に発生する粉ダニについて


    いったい、ヤツら、粉の何がおいしいのか・・・。

    粉類を保存するにあたって気にしておきたいのが、

    虫がわかない保存方法

    ですよね~。

    やっぱり「口に入るものに虫が付いてほしくない!」と思いますし、
    衛生面もやっぱりちょっと気になります。

    粉類に発生するダニは、

    粉ダニ

    と呼ばれていて0、2mmほどの大きさしかありません。

    なので、フタ付きプラスチックケースや、
    密封ビニールでも小さな隙間から侵入し、中に入り込んでしまうのです。

    こちら閲覧注意の粉ダニの動画です。



    奴ら、小さすぎてぱっと見わかりませんが、
    賞味期限が切れた片栗粉をよぉ~くみると・・・・いますよ・・・。


    ヒィー(( ;゜Д゜))

    そして、一度入り込んでしまったらもう大変!!

    粉ダニには加熱に強い種類もいるので、気が付かずに口に入ってしまうと、
    アレルギー症状が出て、病院に運ばれるケースも!

    ・・・こここ、怖い~。。


    ということで、粉ダニを防ぐ!という点については、まず、

    常温保存しないこと!


    粉ダニは気温の低い場所や乾燥した場所では活動できないので、
    開封後には必ず密封し、冷蔵庫に入れるようにしたいですね(^^;

    Sponsored Link


    片栗粉を冷蔵庫に保存するメリットデメリット


    粉ダニのことを考えると、片栗粉は是非冷蔵庫で保存したいですよね。
    しかし冷蔵保存にもメリットとデメリットがあります。

    メリットは何といっても虫がわかず、直射日光や湿気から守れるという点ですよね!

    ですが、冷蔵庫の臭いが付いてしまうというデメリットもあります。
    冷蔵庫には色々な食品が入っていて、臭いがこもりやすい。

    そして粉類には臭いが付きやすいという性質があります。

    なので、片栗粉に他の食品の臭いを付けたくない!

    という場合は、きちんと密封し、さらにフタ付きの容器などに入れ、
    臭いが移らないようにすることがポイントです(^-^)h

    null

    片栗粉の保存期間を延ばすための方法について


    さてさて。

    冷蔵庫で保管することでで、粉○ニ発生の危険性は回避できる訳ですが、

    「冷蔵庫はパンパンで片栗粉を保存しておく場所がございません~」

    なんて場合もあったりしますよね(^^;

    そこで、最後に片栗粉を長期保存する方法を紹介しますね(^^ゞ

    片栗粉を冷凍保存!

    大型のパックで片栗粉を買ってしまった場合や、
    すぐに使うアテがないという場合。

    片栗粉を冷凍庫で保存するという方法があります(^-^)h

    賞味期限は記載されているものの、
    一旦開封してしまうと一気に足が速くなります…。

    そんな時は、片栗粉を小分けにして密封ビニールにいれ、冷凍庫で保存しましょう。

    凍っちゃったら駄目なんじゃない?

    と思うかもしれませんが、片栗粉などの粉類が凍るということありません(^^

    母はこの方法で保存していましたが、

    こうやって保存すると天ぷらがおいしくなるのよ~♪

    なんて言ってました。

    確かに、冷やしておくと、粘りの性質を持つグルテンが出にくくなって、
    カリッと仕上がり易くなるようですね~。

    Sponsored Link


    タッパーを使う

    ちなみに、我が家では片栗粉の保存にタッパーを使ってます。

    円い形をしていて、フタ回すと「キュッ」っと完全に密封できるヤツ。

    片栗粉の保存に一番よくないのが湿気

    このタッパーを使うことで、湿気の混入を最大限抑えることが可能なのです~。

    片栗粉を長期保存するポイント


  • 密封した容器に入れる

  • 冷蔵庫で保管する


  • この2つを守れば、かなり長く保存しておけますよ(´▽`v)

    Sponsored Link


    まとめ


    身体に害をあたえる、とっても怖い、こ○ダニ。

    色が白っぽいので発見しにくいのもまた危険な特徴ですよね~。

    しかし、怖いのはダニだけではなく、片栗粉を水気のある場所に保存すると
    カビが生えたり、傷んでしまうこともあります。

    ついつい、買った袋のまま使って、
    輪ゴムで縛っておけばOK~♪

    なんて横着してしまいがちですよね(^^;

    保存にひと工夫するだけでずいぶん持ちが違ってきますし、
    安全に食べれるようになります。

    「けっこう使ったまま放置してた~」

    という場合は、よろしければ今回紹介した内容をご参考くださいね(*゚ー゚*)ノシ


    Sponsored Link


    この記事が参考になった場合は、こちらのボタンからポチッと応援くださると管理人が喜びます(^^

    こんな記事も読まれています

    コメントを残す

    CAPTCHA


    サブコンテンツ

    このページの先頭へ