沖縄旅行の持ち物は?8月に行く場合の必須アイテムはコレ!



今年の夏休みは、家族で沖縄に行く!

なんて人も多いと思います。

沖縄に来た旅行者を歓迎するシーサー

でも、沖縄の夏はあなどってはいけません。

本州での旅行は、この持ち物で大丈夫だったのに
トラブルになってしまった・・なんて事も(>_<)

そうならないためにも、行く土地に合った物を用意していきましょう(*^-^*)

Sponsored Link





沖縄旅行で持っていくべき持ち物リスト


日焼け止め

沖縄に持って行くなら・・・まず日焼け止めを思い浮かべる人が多いと思います。

でも、今は沢山の日焼け止めがあってどれを選んで良いか分からないですよね^^;

ここで一つ経験者として言っておきたのが、

どんなに良い日焼け止めを塗っただけでは日焼けはします

要するに、それ程紫外線は強いのです。

本題の日焼け止めですが、紫外線カットだけを考えて購入するなら、
SPFが高い物を購入すればいいと思います。

( `―´)ノ<ちょっと待って!

SPFってよく聞くけど実際のところ何?

という方ために少し説明します(^^

SPFは、サン・プロテクション・ファクターの略です。

このSPFはシミ、そばかす、皮膚がんの原因となる
紫外線をカットする効果があります。

なので、単純に紫外線をしっかりカットしたい!

と思っている方はSPFが高い物を選べばOKです。
しかしながら、その分肌の負担は大きくなります。

洗い落とす時には、ちゃんと落せているか注意が必要なんですよ~。

肌の負担と聞くと少し不安になってきますよね。
しかも、SPFが高いからといって1度塗れば1日中効いている分けではありません。

水に濡れたり、時間が経つと塗りなおす必要があります。
では、肌にあまり負担をかけずに紫外線をカットする方法はないのでしょうか?


いえいえ、ちゃんと方法はります。

それは、効果が弱い物を重ねて付ける事

下地、日焼け止め、ファンデーションなど、
1つずつの効果が低い物でも相乗効果を得られます。

また、体には日焼け止めとラッシュガードは必要です。

ラッシュガードは体にフィットし、乾きが良い方物を選ぶのがコツです。

さらに、鉄壁の日焼け対策をしたいなら、日傘+サングラクですかね。
しかし、そこまでしている人は私が見た中ではいなかったです(^^;

ビーチサンダル

次に結構忘れがちな、ビーチサンダル

私の周りでは、忘れて現地調達したという話をよく聞きます(笑)

リゾート地なので売って無い事は無いですが、ここでポイント。

普通のビーチサンダルより「脱げにくい物」を選ぶのがコツです(^-^)h

泳いでいると脱げてしまうんですよね(^^;

貝やヒトデと一緒に置いてある砂浜の上のビーチサンダル

防水スマホケース

あとは、水中でも使える防水の
スマホケースなんてのも良いですね(*´▽`*)

せっかくキレイなビーチに行くなら写真は必須!

スマートフォンが壊れてしまったなんて事無いように、
しっかりした物を選んでくださいね。

Sponsored Link


延長コード

また、延長コードは沖縄だけでなくホテルを利用する時に、
結構必要だなと思った物です。

コンセントが遠かったとか、
コンセント数が少なかったなど経験ありませんか?

そんな時に持っていると結構役に立ちます(*^-^*)

あとは、挙げていけばきりがないですが・・・

  • パレオ

  • 虫よけスプレー

  • 日焼け後のクールダウンジェル

  • ドライヤー(離島の場合確認が必要)

  • Tシャツ(現地の人はあまり水着だけでは泳ぎません)

  • 薄手のカーディガン(お店の中は寒いくらいクーラーが効いています)


などなど・・・

ただ、わたしはあえて持って行かないで、
現地調達、現地使用にする事で使った思い出があります(๑¯◡¯๑)

Sponsored Link


ココだけは押さえておきたい沖縄の名所


観光地だけあって、沖縄にはたくさんの名所があります。

どこが良いの?とおすすめしようとしたとき、
メジャーな所から、少しマニアックな所まで色々あります。

そこで!

どこに行きたいか探しているのであれば、
迷ったらおすすめしたいイイ所があるので、
ぜひとも参考にしてみてくださいね(*^-^*)

それではどうぞっ

国際通り

レジャーもいいけど、買い物もはずせないですよね!

自分や近しい友人へのお土産は、こじんまりしたオシャレなショップや、
もしくは離島のお店なんかもとても良い物が売っています。

しかし、職場やご近所さん、
渡す数が多いお土産はこうゆう所で買った方が無難です(笑)

また、沖縄らしい食事処もあり1日ゆっくり買い物も良いですね。

沖縄のタコライス屋さん

首里城

これも超有名どころですが、見る価値はあると思います。

本州のお城とは違った雰囲気に圧倒されるはずです。
また、お城の上から見る沖縄の景色は見ごたえありです。

ハテの浜

少し沖縄本島から離れました。

沖縄本島から1時間ほどの久米島からボートで行くハテの浜。

海に浮いた真っ白なビーチと言ったらいいでしょうか。

本当にそれだけなのです。
ここでのレジャーは格別に思い出になります。

ここは、日焼け対策バッチリで行ってください!

由布島

次も沖縄本島から出ました。

こちらの由布島では、
浅瀬の海を水牛車でのんびりと渡って行きます。

ただ水牛に引かれるのではなく、現地のじいじが三親で
引き語りをしてくれそれを聞きながら渡る事が出来ます。

沖縄らしいッゆっくりとした時間の流れが味わえます。

蚊が多いので虫よけがあると良いかもしれません。

Sponsored Link


まとめ


どうでしょうか?

あ~早く沖縄行きたい!

と思ってきたんじゃないでしょうか!(^^)!

持って行った方が良い物や準備する物はありますが、
国内ですし気楽に旅行を楽しんできてくれればと思います。

ちなみち・・・由布島の水牛さん達は完全週休2日制らしいです(*´▽`*)

可愛いですね♪


Sponsored Link


この記事が参考になった場合は、こちらのボタンからポチッと応援くださると管理人が喜びます(^^

こんな記事も読まれています

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ