口内炎の原因って何?効果的な治し方はあるの?



なにかを食べている時に「ガリッ!」と響く鈍い音。

しまった!と思ったときにはすでに遅く口内炎になってしまったり、
いつの間にか口内炎が出来ていたりという覚えはありませんか?

ガリッという音と共に唇をかんでしまった状態

口内炎ってとっても痛くてつらいから、
時には食事もままならない事態になることも・・・

しかも一度かかるとなかなか治ってくれない曲者。
どうしたら早く治ってくれるのでしょうか?

いやそもそもそれ以前に、なぜ出来てしまうの?!
それではさっそくチェックしていきましょう~。

Sponsored Link






口内炎の種類について


口内炎の種類はいくつかの種類があります。

<アフタ性口内炎>

円形または楕円形の白っぽい潰瘍で、一般的にはこれらしいです。

朝起きたらいつの間にか出来ていて、「やっと治った〜!」
と思う矢先にまた出来ちゃうという、超やっかいなものは
「再発性アフタ性口内炎」と呼ばれてます。
<カタル性口内炎>

口の中が赤く腫れて痛く、よくあるのはご飯を食べている時に
「ガリッ!」とやって出来る口内炎・・・覚えありますよね?
<ウィルス性口内炎>

よく「ヘルペス」とか「ねつのはな」とか呼ばれています。

口内炎ができて口の中が痛い

中には高熱が出たあとにできるものもあって、それがまたすごい激痛だとか!
私は出来たことがないので痛みはわからないのですが、子どもがよく感染します。

ウィルス性なので感染でもらうことも・・・。
子どもがいる家庭は特に注意しましょう!
<口腔カンジダ症>

特徴的なのは「白いカビ」と「赤いただれ」ができ、
舌がピリピリするなどの自覚症状があるのが特徴です。

Sponsored Link


口内炎ができる原因


よく巷では「ストレスのせいだ」とか「栄養不足だ」とか耳にしますが、
あながちハズレでもないようです。

栄養不足からの発症が大きな要因のようで、
ストレスは栄養状態に影響を与える為、それが所以でしょうか。


あとは噛み跡などの傷から発症するもあります。
口腔内の粘膜が傷つき炎症を起こす、怪我みたいなものでしょう。

最後はウィルスや細菌の繁殖、ウィルス性口内炎ですね。

Sponsored Link



口内炎を効果的に治す方法はあるの?


口内炎の大半は栄養不足により免疫力が
低下しているときに付け込んできます。

    ストレス解消、質の良い睡眠、規則正しくバランス良い食事

どの病気にもいけることかもしれませんが、
これら3つを守ることが健康の秘訣ということですね(^-^)h

口の中を噛んでしまったとか、ウィルス性で起こるものは防ぎようがないですが、
免疫力が低下さえしていなければ酷くなることはなく、口内炎なんて吹き飛ばせます!

チョコラBBなど、健康補助食品で早めに治す!

というのもひとつのテですが、それでもなかなか良くならないという場合は、
ココはひとつ、東洋の神秘「ツボ」で口内炎改善を試みてみてはいかがでしょうか。

詳しくはこちらの動画をチェックしてみてください(^^



お金がかからずできる治療方なので、
ぜひ試してみてくださいね!

Sponsored Link


まとめ


口内炎が悪化すると本当に辛いですよね。
痛いし違和感で気持ち悪いしで、食事もろくに出来ません。

しかし口内炎が出来るということは体がSOSを出している証拠。

普段から口内炎が出来ないように自分の健康を思いやって、
体がSOSをださないよう大切にしてケアしてあげましょう~。


Sponsored Link


この記事が参考になった場合は、こちらのボタンからポチッと応援くださると管理人が喜びます(^^

こんな記事も読まれています

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ