ごぼうの冷凍保存方法!栄養や食感は落ちる?期間はどれくらいもつの?



日本にはごぼうを使った料理がたくさんありますよね(^^
なので、八百屋さんやスーパーでごぼうを購入する機会は多いでしょう。

しかし、

ついつい買い過ぎてしまい余ってしまったー!!

なんてことはありませんか?(^^;


せっかく買ったごぼう。

ダメにしちゃうのは、あまりにモッタイナイ

ということで、今回ご紹介するのは、
こぼうの冷凍保存方法についてです(^^ゞ

買い過ぎてしまったたくさんのごぼう

ただ、実際に保存しようとした時に、

  • 冷凍保存する時はどうやってやればいいの?

  • 栄養や食感は大丈夫?落ちまくりなの?


  • など、心配になる部分もありますよね(^^;

    今回はその辺をいっきに「ズバッ!」っと解決しちゃいましょう~(´▽`v)

    それではさっそくいきましょう!

    まずは冷凍保存のやり方からっ

    Sponsored Link





    ごぼうの冷凍保存方法について


    ごぼうは乾燥に弱い野菜なので、
    外に出しておくとすぐに萎びてしまいます

    そして、冷蔵でも長くは持たないので、
    冷凍庫で保存するのがおすすめです(*゚ー゚*)ノ

    ごぼうの冷凍保存方法

    1.

    まず泥を包丁の背でこそぎ落とします。

    2.

    そして5cm幅に切ってから、水にさらしアクを抜きます。

    3.

    よく水気を切り密封ビニールに入れましょう~。

    とまぁ、こんな感じでOKです(^^ゞ

    サラダや炒め物に使いたい場合は、ささがきなどにしてから保存すると、
    欲しいときにすぐに使えて便利ですよ~♪

    ささがきのやり方については、こちらの記事でも紹介しています♪

     ⇒ ごぼうのささがきのコツ!簡単なやり方は?ピーラーは使う?

    ただし、切り方については用途を決めてから、

  • 乱切り

  • ささがき


  • など使い分けると良いでしょう~。

    Sponsored Link


    冷凍した場合に味や食感は落ちる?


    さて、お次に気になってくるのが、栄養食感ですよね。

    ごぼうの場合は冷凍保存した後、電子レンジなどで解凍しようとすると、
    ぐにゃぐにゃした嫌な食感になってしまいます。

    なので、凍ったまま解凍せず加熱調理するのがおすすめです。

    また、冷凍することにより味や栄養が損なわれる場合もあります。

    風味や栄養というのは

    長時間水やお湯にさらす


    という部分で流れていってしまうものなのです・・・。


    なので、冷凍保存する際に

    水にさらし過ぎない


    というのも味や栄養を逃がさないポイントですよ!

    Sponsored Link


    冷凍したごぼうはどれくらいの期間もつ?


    さて、最後に、

    冷凍した場合にどれくらいもつの?

    という疑問にお答えしましょう!

    冷凍パックしたささがきごぼう

    ごぼうの冷凍保存期間は長く、1ヶ月程度は問題なく食べることが出来ます。

    長く保存したい場合はしっかりと水気を切り、
    密封ビニールに空気を含まない真空状態で保存するように心掛けましょう~。

    ですが、保存状態というものは季節や室温によって変わるので、
    臭いや味に違和感があれば処分するようにして下さい。

    最終的には「クンクン嗅いでみて」主婦のカンで判断です!

    なるべく早めの方が良いのはいわずもがな。ですね!

    Sponsored Link


    ごぼうは便利に使える常備菜!


    ごぼうは豊かな風味とシャキシャキとした歯ごたえが美味しく、
    どんな料理にも合わせることが出来ます。

    炊き込み御飯やチャーハンに混ぜてもいいですし、
    煮物や炒め物、スープに入れても美味しいです。

    冷凍パックで簡単ごぼう料理

    便利につかえるものだからこそ、いつでも使えるようにきちんと下処理をし、
    たくさん冷凍保存しておいて、常備するのも一つのテですよ♪

    今回は以上です。

    ご参考になりましたら幸いです(*゚ー゚*)ノシ


    Sponsored Link


    この記事が参考になった場合は、こちらのボタンからポチッと応援くださると管理人が喜びます(^^

    こんな記事も読まれています

    コメントを残す

    CAPTCHA


    サブコンテンツ

    このページの先頭へ