ゴールデンウィーク旅行の相場は?国内と海外でどっちが安い?



今年のゴールデンウイークはどこ行く?
なんて悩んでいたら、1週間後にはゴールデンウィークが・・・

手の甲をほほにあてて考えにふけっている女の子

ホテルも、飛行機のチケットも予約いっぱいで
泣く泣く近場で過ごしたなんて事ありませんか?

長期休みには、普段行けない所にリフレッシュに行きたいですよね。
悩んで後回しにして後悔しないようにお助け記事を書いてみました。

参考にしてみてください(*´▽`*)

Sponsored Link






ゴールデンウィークで旅行に行くときの旅費はどれくらいかかる?


やはりこれが一番大切な所になってくるのではないでしょうか。

自分の行きたい場所は譲れない!
でも、財布とも相談しないと・・・

そんな方へ例として簡単に旅費をまとめてみました。


―国内―
*結縄*

やっぱり人気の沖縄!
暖かくなってくると行きたくなりますよね♪

<旅行会社を通す場合>

約4万円~約15万(フリープランの場合)。

往復航空券+宿泊施設(選べるようになっています)+沖縄でのレンタカー代が入っています。

<通さない場合>

ホテル約2万+飛行機代約4万となりました。

もちろん、ホテル、飛行機はもっと
グレードを下げれば安くおさえることはできます。
*九州*

どうやら今年人気があるのは九州みたいです!

<旅行会社を通す場合>

約5万~約15万(フリープランの場合)。

往復航空券+宿泊施設(選べるようになっています)+レンタカー代が入ってます。

<通さない場合>

ホテル約3万+飛行機代約4万。

こちらも、ホテル、飛行機共に格安のものを選べば旅費は抑えられます。

※例としての金額なので、おおよそこのくらい
必要なのかと思うくらいの目安にしてくださいね^^;


Sponsored Link


―海外―
*韓国*

近場で海外気分を味わえるのはやっぱり韓国☆

<旅行会社ツアー>

3日間ツアー約11万(往復航空券入り)。

以前、私が韓国へ行った時に、ホテルのトイレの水が溢れてくるという
ハプニングがあったため、少し良いホテルで見積もってみました。
*ヨーロッパ圏*

溜まっている有給を使って、思い切ってヨーロッパになんてどうでしょう(*^-^*)

<旅行会社ツアー※フランスの場合>

5日間約30万円(往復航空券入り)

やはり、ヨーロッパはなかなかしますね。

※こちらも、例としての金額なのでおおよそこのくらい
必要なのかと思うくらいの目安にしてください。

枕を2つセットしたベッドが設置してあるホテルの一室

年間で旅費が安い時期


上記で分かるように、旅費は結構かかるもの。
しかも、出発する日にちによっても金額は変わってきます。

では、旅費があまり高くない時期なんてあるのでしょうか?

行く場所のシーズンによって変わってくると思います。
なのでシーズン真っ盛りに行くと高くなってしまいます。

例えば、上記でも挙げている沖縄は、
12月~2月が最も安いと言えます。

沖縄のイメージって夏ですよね。眩しい太陽、
綺麗な砂浜を求めて観光客も多く、旅費も高いです。

なので沖縄のシーズンは夏。

しかし、この12月の時期は海水浴は出来ません。
オフシーズンなので、旅費は安くなります。

この時期は、自然を楽しむというより、買物を楽しむ方向けです。

また、海外の場合では単純に「暑いか、寒いか」だけではなく、
ビーチリゾートでは「雨季、乾季」「海の透明度」も料金に関係してきます。

白い砂浜と青い空が広がる沖縄のきれいな海

そのためには、旅行に行く先の
年間の気候を知っておくことが必要です。

参考にこちらをどうぞ(^^


気候の他に、“出発日”も関係してきます。
曜日にこだわらないなら、平日出発・平日帰国が一番安いです。

しかし、お仕事の関係でそんな事無理!という方が殆どだと思います。
ツアーによっては、細かく曜日別で金額を提示してある物もあります。

その中から選ぶのも良いかもしれません。

Sponsored Link



旅行に安くいく方法とは?


旅行に安く行くには、骨が折れそうですね(*_*;
そこで、何点か安く旅行に行くコツをまとめました。


    ●日程や、飛行機の便をずらす

    ピークの旅行代金の差が大きいのはやはり、北海道や沖縄。

    どーしても行きたい!のなら仕方ないですが、
    融通が効くようなら別の所を検討しても良いかもしれません。

    魅力的な所は沢山ありますよ(*^-^*)

    ●飛行機以外の交通機関を使う

    飛行機はどうしても高くなってしまいます。

    そんな時は、飛行機以外の交通機関を
    利用したプランを考えてみましょう。

    バスや、電車、フェリーなんかもありますね!

    普段と少し違った交通機関で行く旅行も違った楽しみがあるかもしれません。

    ●国内線LCCを使ったパックツアーの旅行にする

    これは、行きたい旅行先にLCC(格安航空会社)
    が就航している場合になります。

    LCCとテルがパックになったツアーにする事で、
    旅行代金を抑えることが出来ます。

    ●6か月前から国内旅行の計画を立てる

    長期の休みが分かっている場合早めに計画を立てましょう。
    早く予約する事で、早割りが適用されます。

    ガランとした印象の空港の受付

    仕事などがある場合は、かなり早めに有給を取っておくとよいですね。

Sponsored Link



まとめ


少し自分で工夫すれば、旅費は抑えられるんですね(*^-^*)

今は旅行会社もたくさんあって、どの会社が良いのか、
どのプランが安いのか比べているだけで疲れてしまいます。

しっかりとした、プランに巡り合えるように
旅行へ行きたいと思ったら早めに準備をしていってください(*´▽`*)


Sponsored Link


この記事が参考になった場合は、こちらのボタンからポチッと応援くださると管理人が喜びます(^^

こんな記事も読まれています

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ