大根おろしがからいのはなぜ?部位によるの?甘くする方法はある?



うどん
蕎麦の薬味
サンマのお供

などなど、料理の引き立て役としてたびたび登場する

大根おろし

秋のさんまといっしょに大根おろし

あのピリッとした爽やかな辛み
口に広がる独特の風味

あるとないではゼンゼン違う、なくてはならない名プレイヤーですよね!

でも、

なんか、今日の大根おろしはやたら辛くない!?

などと疑問に思ったことはありませんか?(^^;


辛いのが苦手だったりすると、
せっかくの料理がじょぼーんな感じになっちゃったり・・・。

でも、この辛さを調整できるとしたら嬉しくないですか!?


と、いうことで、今回は、

  • 大根おろしがからい理由

  • 大根おろしを甘くする方法


  • この2点について紹介していければと思います(^^ゞ

    それではさっそくみていきましょう~。

    Sponsored Link





    大根おろしがからいのはなぜ?


    大根おろしが辛い理由。それは、大根には、

    イソチオシアネート

    という成分を含んでいるからなんです(^-^)h

    イソチオシアネートというのはアブラナ科の野菜に含まれている成分で、
    ワサビカイワレ大根などにも含まれています。


    大根はすりおろすことによって細胞が壊れます。

    その際に、このイソチオシアネートの辛みが増大するのです~。


    チェック


    イソチオシアネートの持つ効能!

    実はイソチオシアネートには

    • 抗酸化作用

    • 老化防止作用

    • 発ガン抑制

    • 血液サラサラ効果


    など、とても体に良い効能がたくさんがあるのです。
    成人病などが気になる場合は積極的に取り入れたいですよね!

    Sponsored Link


    部位によって辛さは違う?


    先に答えを言ってしまうと、

    大根は部位によって辛さが違ってきます


    というのも、先ほど紹介した辛み成分である

    イソチオシアネート。

    これが大根の部位によって含まれる量が異なるためなのです。

    なので多く含む部位をおろせば辛く、
    少ない部位をおろせば甘くなるわけです。


    で、それはどこよ??

    ってお話なのですが、一般的に

    ポイント


    大根の葉に近い部分はイソチオシアネートが少なく、
    根に近い部分はイソチオシアネートが多い

    とされています。

    もう一つは収穫される時期

    若い大根ほどイソチオシアネートの有含量が多くなります。

    なので辛い大根おろしにしないための回避策としては・・・

  • 大きく育ち切った大根を買う

  • 葉に近い方の部位を大根おろしにする


  • という方法があります(。・∀・)b

    Sponsored Link


    大根おろしを甘くする方法はある?


    さらに、辛い大根おろしを甘くする方法について、
    突っ込んでみてみましょう~。

    全部でさらに3っつあります(^^

    ゆっくりと時間をかけてすりおろす

    大根おろしが辛くなる原因は、イソチオシアネートが壊れるから。

    ならば、大根おろしを「ゆっくり」おしてあげればよいのです(^-^)h

    これにより、イソチオシアネートの破壊がへり、
    「うおりゃーっ」とおろすよりは辛くない大根おろしになります。

    レンジで温める

    使える料理は限定されてきますが、

    電子レンジで温める

    という裏ワザもあります。

    この方法でも大根おろしを甘くすることが可能です。

    レモン汁を数滴たらす

    最後の方法は、舌をごまかす方法です。

    辛い~

    というのは、感覚的なものもありますので、

  • 酢を混ぜる

  • レモン汁を数滴たらす


  • という方法で、辛みが和らぎまろやかな味わいにすることが可能です(*゚ー゚*)ノ

    Sponsored Link


    頼れる健康の味方・大根おろし!


    大根おろしは医者いらずと呼ばれるほど、
    古くから身体に良いと親しまれてきた食べ物です。

    ビタミンCを多く含んでいるので風邪の特効薬としても期待されていまね(^^


    辛み成分を和らげるには火を通して温めるのも効果的ですが、
    栄養面を考えたら

    できたら生で食べるのが一番!

    大根おろしに含まれる消化酵素やビタミンCは加熱すると
    減少してしまうので栄養をたっぷり吸収したい場合は、
    は生のまま、おろしたてで食べるのが良いですね♪

    今回は以上です。

    ご参考になりましたら幸いです(*゚ー゚*)ノシ


    Sponsored Link


    この記事が参考になった場合は、こちらのボタンからポチッと応援くださると管理人が喜びます(^^

    こんな記事も読まれています

    コメントを残す

    CAPTCHA


    サブコンテンツ

    このページの先頭へ