もやしって栄養あるの?カロリーは?加熱すると変わるの?



今日の夕飯何にしよう・・

と悩んだ事は誰しも必ずあると思います。

そんな時、冷蔵庫にもやしがあって
助かったという経験ありませんか?

私はよくあります(笑)

炒めても茹でてもおいしく食べられるもやし

小皿に盛り付けてあるもやし

しかし、加熱すると栄養が逃げる
なんて話をよく耳にしませんか?

そもそも、もやしの栄養に注目したことありますか?
ぱっとみ、あまり栄養なさそうですよね(^^;

実際のところ、どうなのでしょう~?

今回は、そんなもやしの本当の姿を見ていきましょう!

Sponsored Link






もやしの栄養価値について


もやしの栄養と聞いてもピンとこない方も多いと思います。

実はもやしには、ビタミンC、
食物繊維が豊富に含まれているんですよ~(´▽`v)

ビタミンC、食物繊維の効果は皆さん知っての通り、
便秘解消、肥満予防、動脈硬化や成人病の予防に効果的です。

また、消化酵素アミラーゼを含んでいます。

このアミラーゼは胃腸の機能を整え、食欲不振を解消してくれます。

夏バテや、胃が疲れている時に食べると良いですね(^^

食欲不振が解消されて快適になったマダム

更に、もやしに含まれるたんぱく質は他の野菜に比べて豊富で、
カルシウム、カリウム、鉄などが含まれています。

豆と芽の部分には、食物繊維と脂肪の代謝を高める
ビタミンB2が含まれているので、ダイエットにも効果的と言われています♪

ダイエットにも効果があるとだけあって、
もやしのカロリーは少な目です。

1袋(243g)で34kcalととってもヘルシー。
栄養価もあり、なおかつヘルシーな食材なのです。

    もやしのカロリー

    1袋(243g)あたり、34kcal

Sponsored Link


もやしを加熱するとどうなるの?


体に良い栄養が多く含まれていることが分かりましたが、
加熱するとその栄養はどうなってしまうのでしょう。

冒頭でも言いましたが、「加熱して栄養が逃げる」という話を聞きますよね。

もやしの栄養も熱には弱いのですが「過度の加熱」さえしなければ、
そんなに栄養を逃がすことなく摂取できるんです☆

調理法としては、もやしは最後に加えて火を通す方法がGOOD。
火を通す時間が短ければ、それだけ栄養を逃がさず調理できます(´▽`v)

調理をするために整えられたキッチングッズ

また、ビタミンは水溶性のため、
しっかり水で洗ってしまうと溶け出してしまいます。

実は、もやしは無菌状態で出荷されるので、
そこまでしっかり洗う必要はないのです。

みそ汁や、お鍋に入れる事も多いと思いますが、
その時も最後に入れればOKですよ(^^

Sponsored Link


もやしとアルファルファの違い


ここで少し脳の休憩。もやしの雑学を少し(*´▽`*)


みなさん、アルファルファって聞いた事ありますか?

日本名を「紫うまごやし」といい、
牧草の種子を発芽させたもやしです。

タンパク質、無機質、ビタミン類を多く含みます。

見た目は細くひょろっとしたもやしです。
何となく、スーパーで並んでいるのを見たことありません?

お庭でも育てられるアルファルファキット

普通のもやしと違って、水洗いして生で食べられます。

また、育てられるキットも売っているので、
気軽に育ててみてはいかがでしょうか(^^

Sponsored Link


おすすめのもやしレシピは・・・やっぱコレ!


もやしは、冷蔵庫の万能食材とですが、
様々な調理法があります。

野菜炒めやナムルは定番なので、
今回はちょっと少し変わったレシピをご紹介します^^

もやしの佃煮

    ―材料―

  • もやし・・・3袋

  • しょうが・・・1かけ

  • 砂糖・・・90g

  • 醤油・・・60ml

  • いりごま・・・適量


1. 生姜を千切りにしておきます。
2. もやしを、鍋にあけ砂糖をまぶし混ぜ合わせます。
3. 5分ほど置いておくともやしから水が出てきます。
4. 2の鍋に火をかけ生姜を加えて、もやしから出た水分で煮つめていきます。
5. 鍋の水分が少なくなってきたら、醤油を加え更に煮つめます。
6. 仕上げにいりごまをまぶします。

もやしの佃煮なんて、ご飯のお供には最適ですよね!


ちなみに、こんな料理もおすすめです。

もやしあんかけ~☆

う~ん。見てるだけでおいしそう~♪



まとめ


あの、白いスレンダーなもやしの中は良い事だらけでしたね。

おいしいうえに安くて、体に不足しがちな食物繊維やビタミンなど、
たっぷり栄養も含まれているめっちゃナイスガイなヤツなんです♪

調理法も今回ご紹介したように、
少し注意すれば、栄養をこわさず摂取できますよ。

ただ、毎回気にして料理しているとレパートリーが
限られてちゃうのもちょっとアレですよね(^^;

上記で紹介した佃煮のような物を作ってみたり、
あまり火を通さないような料理にしてみたりなどなど。

味と栄養のバランスをうまく調節して積極的に使っていきましょう~
(*^-^*)


Sponsored Link


この記事が参考になった場合は、こちらのボタンからポチッと応援くださると管理人が喜びます(^^

こんな記事も読まれています

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ