ゆで卵の作り方!ゆで時間は?むきやすい茹で方はあるの?



つるんっとしてプリプリのゆで卵は、
見ているだけでよだれが出てきます。

さらに半熟だと、割った瞬間幸せが広がりますね~。
ただ、なぜかゆで卵がきれいに剥けない・・・私もその一人です(;;)

半分に割ったおいしく茹で上がった卵

薄皮が残ったり、引っ張られた白身がはがれてしまったり・・・
「なんでこうなるの~っ!!」と思わず叫びたくなります。

どうしたらきれいに剥けるのか、コツがあるんじゃない?

ということで、「ゆで卵の作り方」を調べてみました!

私も剥けない!という方、ぜひ参考にしてみてくださいね^^

Sponsored Link






ゆで卵の茹で時間について


まずは茹で方の基本についておさらいしておきましょう!
~ゆで卵の茹で方~

1.

卵を冷蔵庫から出して、常温に戻しておきます。

2.

お鍋に水をはり、塩を入れて火にかけます。

3.

沸騰したら卵を1つずつ割れないように入れます。

4.

火を弱火から中火にして、6~12分程度茹でます。
  半熟なら6~7分程度、固ゆでなら10分~12分程度が目安です^^

5.

茹であがったら、冷水につけて冷やします。

水から茹でるという方もいると思いますが、
沸騰してからのほうが、殻もむきやすく且つ固さの調節がしやすいですよ~。
少しだけ殻をむいた状態の茹で卵

キレイにゆで卵を剥くコツは?


さてさて。いよいよ本題です。

どうやったらキレイにゆで卵を剥くことができるんでしょう?

意外ですが、新鮮な卵をゆで卵にすると、
白身がパサパサして殻も剥きにくいのだそうです。

買ってから時間の経った卵のほうが、
ゆで卵には向いているんですね!

剥く前に3分ほど冷水で冷やし、
全体に割れ目を入れるのもポイントです。

スプーンの背でまんべんなく叩くか、
まな板の上でゴロゴロと転がしてください。

タッパーに卵の背の半分くらい水を入れて蓋を閉め、
10秒ほど振ると程よくヒビが入って剥きやすいという裏技もありました!

たくさんゆで卵を作る時は、便利ですね!

Sponsored Link



さらに美しく卵を剥く方法はコレ♪


「もっときれいに、早くゆで卵を剥きたい!」
という方のためにもう一つのポイントをご紹介しておきましょう!

茹でる前に、卵のお尻(とがっていない方)に少しだけ穴を開けます。

白身が出てきたりしない?と心配になる必要はありません!

お尻の方には空気が溜まっている所があり、
そこに穴をあけておくことで卵の中の空気が抜けます。

そうすると、あら不思議、殻がむきやすくなるんです!

こんな感じで穴をあけてみてくださいね~。
動画の方は、とってもお上手です^^



まとめ


ゆで卵のきれいな剥き方、いかがでしたか?

私は卵の一部分だけ割って、そこから
ペリペリ剥がしていたのでうまく剥けませんでした。反省・・・。

ご紹介した茹で方、剥き方のポイントを参考に、
ぜひきれいなゆで卵を作ってみてくださいね!


Sponsored Link


この記事が参考になった場合は、こちらのボタンからポチッと応援くださると管理人が喜びます(^^

こんな記事も読まれています

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ